FC2ブログ

    シティ

    イングランドのファンが「ABU(Anyone But United)」と言って、アンチ・マンチェスター・ユナイテッドの旗を掲げていることは有名な話です。これって、要は、ユナイテッドを勝たせないために誰でもいいから応援する、という態度なわけで、いかにもイングランドのファンらしい発想です。

    ただ、今季のシティに関しては、単にABUの域を超えて、イングランド中のファンから尊重されていたことも同様に事実です。

    シティの最近の動きをみると、それは明らかです。ユナイテッドの全盛期(1992年から現在)のうち、1990年代のシティは最悪でした。実質3部まで下がる苦悩を味わいました。

    でも、シティ・ファンは変わらずチームに対して忠誠を注ぎ、チームをトップ・ディビジョン(現在のプレミアリーグ)に復帰させました。

    上がり下がりがなくなったのは、2002年からのことです。

    そんなシティに対して、イングランド中のファンが「シティ・ファンはここ近年、苦渋を味わったのだから、今、栄誉を堪能する資格はある」と、温かい目で見ています。

    いい感じですよね。だからシティが今、新オーナー下でチーム力もイングランド一にのし上がって「グローリー・ハンター」みたいに言われている中でも、実質3部まで落ちながらチームに忠誠をつくし続けたファンにとっては、心の底から幸せを味わうべき状況にあると思います。

    そんなシティを、外国にいる我々も、サポートしたいですよね。

    シティ優勝おめでとうセール

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR