FC2ブログ

    ヨーロッパの財政危機とUEFAの財政フェアプレイ

    スペインの財政危機が経済面を飾る日々ですが、先日のBBCで「失業率25%」というショッキングなニュースが報道されました。数字上で、4人に1人が失業しているという深刻な状況ですが、現地の友人に聞いたところ、失業してない人々も大幅な賃金カットを強いられているのだそうです。要は、仕事を失う人も、かろうじて失っていない人も、財政的に相当な打撃を受けているということで...

    こんな国で、某名門クラブのスター選手たちは、今だに、というか、世の中の経済状況とは全く別に、平均的サラリーマンの年収10年以上の金額を、週給で得ているわけです...

    これって、国民の一人負け?

    お金を払って試合を見に行く人々が、自分の100倍以上の(失業者だったら無限大の、というべきですが)給料をもらってプレイしている選手たちが、「あんなプレイでポイントを落とす」様子を見て、どう思うのだろうか?どう反応するのが正しいのだろうか?

    自分のチームの応援に行って自分のチームにブーイングするファンというのは最低だ、と以前は思っていましたが、

    なんか、最近よくわからなくなってきました。

    一日の生活費の数倍の金額をチケット代金として支払い、それで「あんなプレイ」を見せられて、自分の100倍以上の給料をもらっている選手たちは平気な顔で「ファンならばチームを応援してほしい」とのたまう姿は、正しいとは思えません...

    冒頭の例ではいかにもスペインの話のように書き始めましたが、どの国でも同じだと思います。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR