FC2ブログ

    ライバル・ファンが脱帽する時

    チームのことを一番良く知っているのは、そのチームのファンだ。プロのアナリストが自分のチームの選手を批判するのを聞いて、ファンが「彼らに何がわかる?」と却下することは珍しくない。それは、アウェイの試合も含め、来る日も来る日もスタジアムに足を運び、TVカメラに映らない動きも全て見ているファンは、全チームの全選手をまんべんなく見るのが仕事というアナリストには目が届かない場面も、決して見逃さないからだ。

    そして、試合を良く見ているという意味では、ファンの次にそのチームを熟知しているのは、宿敵というチームのファンだ。それは、Liverpoolファンの間で折に付け飛び交うジョークで、「エバトン・ファンは、Liverpoolのことを何でも知っている。我々に対する嫌味のネタを探すために、毎試合、対戦相手を真剣に応援しながら目を凝らして見ているから」とは、ファン心理の真相をついていた。

    そのようなライバル・ファンの習性が伺えるような議論が、マンチェスターユナイテッド・ファンの間で交わされていた。議題は、7月22日のチェルシー戦(試合結果は5-3でLiverpoolの勝利)でフリーキックから先制ゴールを決め、今季通算13アシスト4ゴールでディフェンダーとしてのプレミアリーグ記録を作ったトレント・アレクサンダー・アーノルドについて、中立のアナリストが「アレクサンダー・アーノルドは、イングランド人としてはデビッド・ベッカム以来のキック力」と騒ぎ立てたものだった。

    多くのユナイテッド・ファンは、ユナイテッドのクラブ史上に残る名選手であるベッカムに軍配を上げつつも、「クロスとフリーキックをミッドフィールダーと比べるのは論外だ。ただ、ライトバックとしては、アレクサンダー・アーノルドは現役選手の中で世界のベストだろう」と、頷き合った。

    別のユナイテッド・ファンが、「守りのミスも激減した」と、トレントのディフェンス面に話題を移した。それに対して、「それは、ジョーダン・ヘンダーソンのお蔭だ。ミスをしてもヘンダーソンがボールを奪い返す。試合中に気を抜かないようにと、要所要所で締めているのもヘンダーソンだ」という声が上がり、誰もが同意を示した。

    かくして、ライバル・ファンが当然のごとくそのリーダーシップを評価するようになったヘンダーソンは、プレミアリーグの最終日を控えた7月24日に、イングランドのフットボール界で最も栄誉のある賞の一つである、FWAの最優秀選手賞に輝いた。

    プレミアリーグの各賞としては、BBCなど大手メディアが独自に、シーズン末もしくは年末に選出する賞が多数ある中で、フットボール・ライター協会(FWA)の最優秀選手賞と、プロ選手協会(PFA)の最優秀選手賞は、規模的にも伝統面でも圧倒的に上位を占める賞だった。

    プレミアリーグの全チームの全選手がシーズン終幕の3月から4月にかけて投票し、受賞者を決めるPFAの最優秀選手賞は、今季はロックダウンのために中断したままとなっているが、通常は、選手の目でライバル・チームの選手のパフォーマンスを評価することから、得点王やアシスト王、またはクリーンシートの数など、そのシーズン中に秀でた成績を残した選手が受賞する。

    いっぽう、フットボール・ライター協会に所属する400人超のジャーナリストが選ぶFWAの最優秀選手賞の方は、ピッチ上のパフォーマンスに加えて、ジャーナリストの視点である、ピッチ外の仕事を含めた総合的な業績が評価対象となる。

    「Liverpoolは、ヘンダーソンが出られなかった8試合(5勝1分2敗)で、ヘンダーソンが出た30試合(27勝2分1敗)よりも多くのポイントを落とした」と、その投票者の一人であるBBCのガース・クルックスは、ヘンダーソンのピッチ上の成績を指摘した。

    そして、マンチェスター・イブニング・ニュース紙のジャーナリストは、自らライバル・ファンの一人でもあり、プロのジャーナリストとしての立場から、ヘンダーソンのピッチ内外の仕事を称賛した。

    「ヘンダーソンは、主将としてLiverpoolの選手たちをリードして、チームの優勝を達成した。12月にコップが『我々は優勝する』というチャントを始めたことは、これまで30年間の苦悩を味わってきたファンが、軽々しく『優勝する』とは言わない慎重さを習慣としていたことを考えると、その意味は深かった。そのファンの声を背にして、若いLiverpoolの選手たちが『優勝』を意識して逆に自分たちにプレッシャーをかけるリスクを、ヘンダーソンは主将として防ぎ、チームメートの集中力をキープした」と、同紙は、Liverpoolのチーム全体のピッチ上の業績を、ヘンダーソンのリーダーシップの結果だと結論付けた。

    加えて、同紙はロックダウン中にヘンダーソンがプレミアリーグの全チームの全選手に提唱して、NHSへの基金(#PlayersTogether)を設立したピッチ外のリーダーシップを引用し、「ヘンダーソンはFWAの最優秀選手賞にふさわしい模範的なプロ」と締めくくった。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR