FC2ブログ

    勝者の本能

    5月25日は毎年、Liverpoolのファンや地元紙が「イスタンブールの日」として思い出を語り合う日だ(※2005年のCL決勝戦)。15周年になる今年は、イングランドではまだシーズン中断ということもあり、全国メディアでも大々的に取り上げた。「LiverpoolがACミランに前半3-0とリードされながら3-3、PK戦で優勝に輝いた、CL史上最大の劇的な決勝戦」と、各紙が当時を振り返る記事を掲げた。

    必然的に、通算6回目のCL(ヨーロピアン・カップ)優勝となった昨年は、Liverpoolファンの間で、14年前との比較が話題になった。「イスタンブールとは何もかも対照的」と、誰もが頷いた。「事前予測ではACミランの方が圧倒的に優位で、チーム力の差は大きかった。今回は正反対に、プレッシャーは一方的にLiverpoolにあった。相手トットナムも劇的な大逆転勝利の末に決勝進出を決めていたし、面白い試合になるだろう、と世間は期待していた。ふたを開けると、内容的にはイスタンブールの正反対で、CL史上最悪のたいくつな決勝戦になった」と、Liverpoolファンはジョークを言って笑い合った。

    ファンの気持ちを裏付けるかのように、今年5月のロックダウン中の特別番組で、ユルゲン・クロップが昨季のCL決勝戦について意見を語った。

    昨季のCL全試合を通して、最も感動した場面は?と質問されて、クロップは「決勝戦のディボック・オリジのゴール」と答えた。

    「あれは我がチームにとってもトットナムにとってもベストの試合とは言えない内容だった。ただ、我がチームの方は、決勝戦では、ベストの試合が出来なければどうやって勝つかということを学んでいた。ディボックのゴールが出た時に、私は『使命を果たした』と思った」。

    その時に、スタンドで後輩たちの優勝を見届けたスティーブン・ジェラードは、自らの後任主将であるジョーダン・ヘンダーソンに、「CL優勝チームの主将になると、世間の目が一変するからね」と、アドバイスを与えたという。

    そして、ジェラードの言葉が真相だったことが判明するまでに時間はかからなかった。

    2019-20季の開幕と共に、ヘンダーソンは全国メディアのチーム・オブ・ザ・ウィークの常連となり、対戦相手の監督や選手はもちろん、アナリストも「好調なLiverpoolの中枢」と、称賛を重ねた。ライバル・ファンも、Liverpoolに対するやっかみを込めて、「本来は我がチームのケビン・デ・ブルイネがプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝くべきだが、この賞は例年Liverpool限定なので、ヘンダーソンが取るだろう」などとため息をついた。

    「世間の目が変わった」と、Liverpoolファンは苦笑した。「ハイライト番組を見ているだけのファンにはヘンドの真価は分からないのは仕方ないことだ。ハイライト番組では、得点チャンスしか映さないから、ゴールやアシスト、およびセンターバックの決定的なブロックやGKのスーパーセーブだけが脚光を浴びる。でも、相手からボールを奪って攻撃に繋げる、いわゆる『ダーティー・ワーク』を黙々とこなす選手は目立たない。ヘンドの場合は、それに加えてオーバーラップするフルバックをカバーする守りも果敢にこなしているので、文字通り『Liverpoolの中枢』の役割を果たしている。CL優勝を契機に、世間がやっとその真価に気づいた」。

    世間の反応の変化の中で、2011年夏にヘンダーソンをサンダーランドから獲得した時の移籍担当責任者だったデミアン・コモリが、「FSGから予算は£15mまでと言われていた。しかしサンダーランドからは£16mを要求されて、迷った時に聞いた話が予算オーバーの移籍を決定した」と、当時の逸話を明かした。

    それは、ダービー(対ニューカッスル)の試合で、ヘンダーソンがフリーキックをスタンドに蹴り入れてしまい、ニューカッスル・ファンから一斉に嘲笑を浴びた、というものだった。その翌週のトレーニングで、ヘンダーソンはフリーキックの特訓を続け、300本を超えたところで「これ以上やると怪我をするから」と、コーチが無理やり止めさせた、ということだった。

    「この選手は絶対に大物になる、と確信した。この向上意欲は、勝者の本能だ」。

    かくして、ヘンダーソンをサンダーランドからLiverpoolに引き抜いた勝者の本能は、2019年CL優勝という業績をもたらした。そして、「世間の目が変わった」今も、ヘンダーソンの向上意欲は留まるところを知らなかった。

    「前年のCL決勝戦(対レアルマドリード、試合結果は3-1でLiverpoolは敗戦)と、2018-19季のリーグ(※最終日に1ポイント差でマンチェスターシティを抜けずに2位で終わる)、その前2016年のEL決勝戦(対セビーリャ、試合結果は3-1でLiverpoolは敗戦)とリーグカップ決勝(対マンチェスターシティ、試合結果は1-1、PK戦でLiverpoolは敗戦)と、我々は共に辛い敗戦を味わった。それが機動力となって昨季のCL優勝を達成した」と、ヘンダーソンは、ロックダウン中のBTスポーツのインタビューで語った。

    「我々は常に、失意を跳ね返すべく前向きに進んできたし、これからも向上し続ける」。


    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR