FC2ブログ

    30年間の悲願

    世界がパンデミックに苦しむ中、プレミアリーグも他の人気スポーツと同様に、シーズン中断措置を取ることになった。これに対して、「人々の健康が最優先。中断措置は正しい」という点については誰もが一致している。ただ、事態が正常化した後の方策に関しては、無数にある選択肢のうちどれを取るべきかという意見は様々だった。

    それは、中断期間が恐らくは6月以降まで続くだろうこと、そのため、中断中の2019-20季とその結果を受けて開始するはずの2020-21季の、両シーズンともに全日程を通すことは無理だろうとは、現状を見れば誰の目にも明らかだからだった。

    では、どちらを取るべきか?

    今シーズンをなかったことにし、2018-19季の最終順位から2020-21季をスタートすべきという声が出る中で、プレミアリーグ20クラブは、緊急会議で「2019-20季はいつまでかかっても完了する」という決議を下した。

    それについて意見を問われて、ワトフォード主将のトロイ・ディーニーとウェイン・ルーニーが、「今季が無効となれば、これまで素晴らしいシーズンを送っているLiverpoolに対してあまりにも不条理だから」と、プレミアリーグの決定に対する支持を表明した。

    「30年間待った末にやっと優勝が実現するという時に、このような形でそれを否定されるのはあんまりだ」と、ルーニーが付け加えた言葉を聞いて、長年の末にやっと優勝の喜びを味わった事例として、1993年のマンチェスターユナイテッドの、26年ぶりの優勝シーンが浮かんだ。

    TVカメラがスタンドのファンを映し、実況アナウンサーが「26年間この日を待ち続けたファンです」と言った時、胸が熱くなる思いがした。ライバル・チームの優勝を「嬉しい」と言うのは語弊があるし、長くても在籍10年そこそこの選手やコーチ陣に特別な感情は抱けなかったが、スタンドにいる人々に対しては心から敬意を抱いた。この人たちは、1966年の最後の優勝から、1974-75年の降格時期も含めて、26年間ずっと、雨の日も風の日もチームの応援に駆け付けたのだ、と。

    その時には、Liverpoolは僅か3年前の1990年4月に、比較的余裕を持って優勝を決めたばかりだった。もちろん優勝は嬉しかったが、感涙を浮かべるとか大げさな喜びを感じる必要性など微塵も感じなかった。

    それから27年経った今、逆側にいるルーニーから同じ言葉を聞くことになるとは、その時には夢にも思わなかった。

    そして2019-20季、27試合を消化した時点で26勝1分と、2位のマンチェスターシティの選手やファンを始め、誰もが「Liverpoolの優勝は間違いない」という前提で、「2003-04季のアーセナルのインビンシブルに並ぶか?」、「1998-99季のマンチェスターユナイテッドの3冠(リーグ、FAカップ、CL)に並ぶか?」、「2017–18季のマンチェスターシティのセンチュリアン(※100ポイント)を凌駕するか?」という予測が飛び交い続けた。

    それに対して、30年間待ち続けているLiverpoolファンの思いは一致していた。「30年間の悲願であるリーグ優勝を達成すること(それ以外の記録はボーナス)」。だから、ワトフォードに3-0と破れて「インビンシブル」が無になり、FAカップ敗退にCL敗退が続いて「3冠」も無くなった時にも、Liverpoolファンの「30年間の悲願達成」を目指す誇りと意気込みに、揺らぎはなかった。

    今回のプレミアリーグの決議を受けて、「これまで30年間待ち続けているのだから、あと数か月待つのは全く問題ない」と語ったロイ・エバンスの言葉は、まさにそれらファンの気持ちを代弁していた。

    ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリー時代のブートルームの一員で、1994-98年には監督としてチーム再建の土台を作ったエバンスは、「トップに上り詰めるまでには時間がかかるが、30秒で墜落することもあり得るということを、我々は30年前に経験した。そして、ユルゲン・クロップが築き上げた今のチームは、これからトップに居続けるものを持っている」と続けた。

    「プレミアリーグ優勝を達成することが出来たら、私にとっても、そして30年間待ち続けているファンにとっても、本当の悲願の実現になる」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR