FC2ブログ

    トレーニングと移籍戦略

    1月19日、アンフィールドでLiverpoolは、伝統的なライバルであるマンチェスターユナイテッドを2-0と破り、22試合21勝1分64ポイントと、2位のマンチェスターシティとの差を16ポイントに広げた。必然的に、全国メディアは、「Liverpoolの優勝は時間の問題」という前提で、「唯一の見どころは、アーセナルのインビンシブル(※2003-04季の無敗優勝)を破るか?マン・シティのセンチュリアン(※2017-18季の100ポイント)を凌ぐか?」と掲げた。

    「Liverpoolが100ポイントを取ることはあり得ない」と、ユナイテッド・ファンは悲痛な表情で叫んだ。「早々に優勝を決めてしまって、CLを重視するためにプレミアリーグの残り試合はアンダー21の選手中心で臨んでポイントを落とすだろうから」。昨季のCL優勝以来、「Liverpoolの黄金時代がまた始まる」覚悟を固めた、とユナイテッド・ファンは半泣きでつぶやいた。「そして、CLも連覇するだろう」。

    ユナイテッド・ファンの本音を背に、スカイスポーツが「Liverpoolの強さの理由は移籍戦略」という分析記事を掲げた。「イングランドの二大名門クラブの対決に際して、現在のチーム力ではどちらが上かということに疑問を挟む人はないだろう。それは、マンチェスターユナイテッドがサー・アレックス・ファーガソン引退後の6年間で、移籍の過ちを繰り返す中、Liverpoolは数年後を見据えた移籍戦略で着実にチーム力を上げてきた」。

    「昨季から現在に至るLiverpoolは、体力もあり、強い精神を持ち、テクニックが優れている選手揃いで、弱点が見当たらないパーフェクトなチームになっている。それはもちろん、ユルゲン・クロップのマン・マネジメントの成果であることは誰もが知るところだが、それだけではない。現在のLiverpoolの平均年齢が27歳という、フットボーラーとして絶頂期にある選手が揃っていることが大きな要因」。

    「今季プレミアリーグで通算1000分以上出場している選手の中で、最年長はジョーダン・ヘンダーソンの29歳。アカデミー出身のトレント・アレクサンダー・アーノルドの21歳は例外として、次に若いのが25歳のアンディ・ロバートソン。つまり、25-29歳という、理想的な年齢層の選手で構成されている。それは、クラブの中で育ったアレクサンダー・アーノルドと、前組織の時に20歳で入ってきたヘンダーソンを除くと、全員が加入時に23歳から26歳という、戦力として既に稼働中であり、かつ、まだ成長の余地がある年齢だった。数年後に頂点に達する戦力を獲得してきた成果」と、同記事は、Liverpoolの移籍戦略の成功を強調した。

    ほぼ同時期に、「Liverpoolの強さの秘訣」の分析として、ジェイミー・キャラガーが、「ユルゲン・クロップのトレーニングの成果」を唱えた。特にモー・サラー、サディオ・マネ、アンディ・ロバートソの3人を上げて、「この3人は、クロップのトレーニングで世界的なスーパースターになった。別の監督のクラブにいたならば、おそらく『良い選手』だったろう」。

    その根拠として、クロップの下から去って行ったエムレ・ジャンとフィリペ・コウチーニョを上げた。「クロップのトレーニングがなくなった後で、低迷したこの二人の事例を見ると、Liverpoolの強さの理由はクロップにあることは明らかだ」と、キャラは締めくくった。

    それを受けて、Liverpoolファンの間で、トレーニングと移籍戦略という、スカイスポーツとキャラの各説を巡って議論が交わされた。ほぼ全員が、「両方の相乗効果」と、両者に軍配を上げると同時に、称賛の矛先をクロップに向けた。

    「スカイスポーツの記事でも、クロップのマン・マネジメントを真っ先に指摘した通り、クロップが根源であることは誰もが認めている」と、ファンは頷き合った。

    同時に、「クロップが成功をもたらした張本人」という見解に、反論を唱える人物が一人だけいることも、誰もが知っていた。

    就任時から「失敗は監督である私の責任、成功は選手の手柄」と前提を掲げたクロップは、「良い選手」をスーパースターに育てたのがクロップだ、という指摘を受け入れるはずがなかった。先日も、ロバートソンの母国スコットランドのメディアのインタビューで、ロバートソンを「ペースを持つウィングバック」から「世界のベスト・レフトバック」に育てた過程を問われてクロップは、「本人の努力の成果」と答えた。

    「Liverpoolが30年ぶりのリーグ優勝を達成することは、数週間前から既定の事実だった」と断言する全国メディアの誘導尋問に対して、クロップはにっこり笑って否定した。「あなた方が何を言っても、私の仕事には影響ない。我々は木曜日のウルブス戦に集中しているだけで、それ以外のことは考えていない」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR