FC2ブログ

    ホリー・グレイルを目指して

    12月21日のFIFAクラブ・ワールド・カップ決勝で、Liverpoolは、延長の末ブラジルのフラメンゴに1-0と勝って、クラブ史上初の優勝杯を獲得した。

    イングランドの事前の話題では、この大会を低く評価する声は決して少なくなかった。伝統的に南米のチャンピオンとヨーロッパのチャンピオンが対戦する大会(旧インター・コンチネンタル・カップ=トヨタ・カップなど)は、ヨーロッパの裕福なリーグのクラブの目に止まり、プロとしての名誉と大幅昇給を得るチャンスと全力を注ぐ南米のチームに対し、過密日程の渦中にあるイングランドのチームは「負傷を避けることが最優先」という意識が拭えない分、盛り上がりに欠けることが往々にしてあった。

    Liverpoolは典型的で、これまで1981,1984,2005年と3回の出場で、優勝はゼロだった。

    「やっと、クラブ史上一つだけ欠けていた優勝杯が埋まった」と、地元紙リバプール・エコーは掲げた。「ただ、目標達成したのでこれで終わり?というと、それは違う。ビル・シャンクリーが言ったように、『ホリー・グレイル(※)』が残っている」。
    ※ホリー・グレイル:聖書でイエス・キリストが最後の晩さんで掲げたと伝えられている聖杯。シャンクリーの言葉はFAカップを指し、これを取らねば完了しない、最後の優勝杯という意味だった。

    「ユルゲン・クロップのLiverpoolにとって、次のミッションは、30年間に渡ってファンが切望し続けている、19回目のリーグ優勝。今回のFIFAクラブ・ワールド・カップは、Liverpoolがカレンダー年の2019年で勝ち取った、CL、UEFAスーパーカップに続く3つ目の優勝杯で、ジョーダン・ヘンダーソンは、この3つの優勝杯を全て掲揚したイングランド初の主将となった。そのLiverpoolが、誇らしげに披露できるリーグ優勝がないということは不条理」と、同紙は締めくくった。

    そして、ヘンダーソンは、イングランド・フットボール界の記録を作ったと同時に、Liverpoolファンの支持を更に強めた。

    「決勝戦は明らかなマン・オブ・ザ・マッチのプレイだったが、病気で急遽欠場したフィルジル・ファン・ダイクの穴を埋めた準決勝(対モンテレイ、試合結果は2-1)も含めて、ヘンドはピッチの上で主将としてのプレイを見せた」と、誰もが頬を紅潮した。

    「ヘンドは、昨季のCL優勝で、それまで心の中に抱いていた自分に対する疑問をすっかり振り払ったように見える。今では毎試合、自信をもってプレイしている」と、あるファンは指摘した。

    「昨季のある時点では、不調のためベンチに格下げされたこともあった。そんな時に、へそを曲げて移籍を考える選手も少なくない中で、ヘンドは歯を食いしばって頑張ってユルゲン・クロップの信頼を取り戻した。今回で3回目の優勝杯掲揚は、ヘンドが努力で勝ち取った栄誉だ」と、別のファンが言った。

    「ヘンドは、Liverpoolのクラブ史上に残るエムリン・ヒューズ、グレアム・スーネス、スティーブン・ジェラードと比べると、選手としてのレベルは同じではないかもしれない。でも、このペースで向上し続けたら、30年後に振り返った時には、同じレベルで語られる名主将になっても驚きではないと思う」という声もあった。

    アンディ・ロバートソンがファンの意見を裏付けた。「ヘンドはこの試合でマン・オブ・ザ・マッチのプレイを見せた」という称賛に続き、ロバートソンは、典型的なスコットランド人らしく、イングランドに対する皮肉を交えた。

    「イングランドでは、ヘンドを過小評価する人がいるが、我々選手にとってヘンドは、最も敬意を抱いている人物。イングランドの人たちも、自分たちの見解が間違っていることに気づくだろう」

    フィルジル・ファン・ダイクは、チームの一体感と、それを実現させているヘンダーソンの主将としてのリーダーシップを強調した。「多くのクラブは、少数のグループに分かれていることが通常だが、Liverpoolは違う。全員が1つにまとまっている。そして、その選手全員からリーダーとして尊敬されているのがヘンダーソン。ファビーニョの負傷欠場以来、ディフェンシブ・ミッドフィールドとして見事にファビーニョの大きな穴を埋めている。そして、準決勝ではセンターバックを立派に務めた」。

    準決勝の試合後のインタビューで、ヘンダーソンは本音を語った。「これまでライトバックに入ったことはあったが、センターバックは初めてだった。チームが勝てたことが最も重要だが、決勝ではフィルジルが病気から復帰してくれることを祈っている」。

    そして、決勝の対戦相手であるフラメンゴについて、ブラジル人選手から情報を受けているか?との質問に、ヘンダーソンは即答した。

    「アリソンとボビー(フィルミーノ)からまだ何も聞いていない。それは、まずはモンテレイ戦に勝つことに集中していたから」。

    リバプール・エコー紙が指摘する通り、「ホリー・グレイル」は誰もが常に心の底で燃やし続けている。そのためにも、選手たちが徹底して「次の試合に勝つ」ことに全力を注いで進む限り、今後もヘンダーソンが優勝杯を掲げる姿を見られるものと、ファンは確信していた。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR