FC2ブログ

    チャンピオンのような戦い方

    10月27日、アンフィールドでLiverpoolは、トットナムに先制されながら2-1と逆転勝利を収めた。相手GKが12セーブを記録するほどの攻撃を見せながらも、最後まで苦戦を強いられた。試合後のレビュー番組で、スカイスポーツの解説者として出演していたロイ・キーンが、「前日にマンチェスターシティが勝って追い上げる中で(※対アストンビラ、3-0)、Liverpoolは自分たちの試合に集中した。リーグ優勝は誰かからプレゼントされるものではなく、自分たちの力で勝ち取るものだ。今日のLiverpoolは、それを確実に遂行した」と、冷静な口調で語った。

    絶対に妥協しないハードな選手だった現役時代のイメージそのもので、チームや選手を厳しく批判することが珍しくないキーンは、この試合では、負けたトットナムの「自滅的なミス」の指摘よりも、勝ったLiverpoolの態度に焦点を当てた。

    「こんなことは言いたくないのだが」と、苦々しい表情でキーンは続けた。「Liverpoolはチャンピオンのような戦い方をした」。

    自分たちのレジェンドが本音で語った言葉に、マンチェスターユナイテッド・ファンは重たい頭で頷いた。「アリソン、フィルジル・ファン・ダイク、ファビーニョ、ロベルト・フィルミーノという4人のワールドクラスの選手がチームの中枢を形成し、2人のフルバックが引き取って得点源の両ウィングにクロスを出す。先週のオールド・トラッフォードのように、たまたま全員揃って不調な時ですらも、負けない強さを持っている(※10月20日、試合結果は1-1)」。

    ライバル・チームの試合は目を皿のようにして見ているユナイテッド・ファンは、Liverpoolの戦力を冷静に評価していた。

    「ファビーニョとアンディ・ロバートソンが、Liverpool入りしてから4か月は殆ど試合に出られなかったのに、出始めた途端に超一流の戦力になっていた真相は、ひとえに驚きだ」。

    ユナイテッド・ファンの指摘はその通りだった。2018年夏にモナコからLiverpoolに入ってきたファビーニョは、プリシーズン9戦では全試合に出場し、世間の期待が高まっただけに、シーズン開幕後はベンチにも入らない試合が続いたことで、「Liverpoolの£43.7mの新戦力はどこにいった?」と、全国メディアが大騒ぎしたものだった。

    Liverpoolファンの間では、ロバートソンの事例もあり、ユルゲン・クロップに対する信頼が強かったため、ファビーニョの順応期間を焦ることなく待っていたが、世間の目は異なっていた。11月には、「1月の移籍ウィンドウでフランス・リーグに帰される」という噂が出回った。

    そんな中で、ファビーニョの奥さんのレベッカが、「偽のニュースが出回っているみたい」と、さりげなくポストしたメッセージが、Liverpoolファンに笑顔をもたらした。

    12月にすい星のごとく現れ、1月からは不可欠な戦力となったファビーニョは、即座にLiverpoolファンの支持を集め、ファンの間で「ファブ」の愛称が定着するに至った。「こんな素晴らしい選手を取ってくれた、クラブのスカウトには感謝の言葉もない」という喜びの声が、試合の度に高まった。

    「外国リーグに移籍した時には、順応するために時間がかかるのは当然のこと。必ず『その時』が来ると確信していたから、何も心配は感じなかった」と、今年9月のリバプール・エコー紙のインタビューで、レベッカは語った。「Liverpoolファミリーは、最初から私たちを温かく受け入れてくれた。ここには何年も住んでいるような気がしている」。

    ブラジルのレジェンドであるロナウジーニョに轢かれて、自らフットボーラーを目指したというレベッカは、モナコの女子チームに所属したこともあった。「私はLiverpoolのファンで、ファビーニョのファン。私はフットボーラーへの道を断念したけど、夫のファビーニョが私の分も夢を実現してくれている」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR