FC2ブログ

    休みなしで働き続ける陰のヒーロー

    9月28日、シェフィールドユナイテッドのホーム・スタジアムであるブラモール・レーンで、Liverpoolは苦戦の末に、相手GKの顕著なミスに助けられて1-0と勝った。この試合の後で、アウェイ・チーム監督のユルゲン・クロップが記者会見を終えた後で、しばらく間を置いた後で、やっと、ホーム側の監督であるクリス・ワイルダーが記者の前に現れた。待たせたお詫びの後で、ワイルダーは「遅刻」の理由を明かした。

    「私はシャンペーンを飲まないので良くわからないのだが」と微笑みながらワイルダーは、クロップにFIFA最優秀監督賞のお祝いにシャンペーンを贈呈したことを明かした。それをきっかけに、クロップと2人でビールを囲んで会話をしたとのことだった。「試合のことやら、ざっくばらんに話をした。すごくいい感じの会話で、クロップに対して、他のプレミアリーグの監督にはない新鮮な印象を受けた」。

    かくして、クロップの人柄に魅了される監督がまた一人増えた。

    昨季終了後の6月10日に、ジョエル・マティプが、生まれ故郷であるドイツのメディアで明かした「クロッポマニア」という表現は、まさに的を得ていた。

    「Liverpoolのチーム全員が全力を尽くして成し遂げた栄誉であることは間違いない。でも、決定的な要素がクロップ。彼がチームを一致団結させて、ここまで導いた」と、マティプは笑顔で断言した。

    「クロップは人を引き付ける。リバプール市、いやイングランド中の人々がクロップ・ファンになっている。それは、ドイツでもそうだったような『クロッポマニア』現象」。

    2016年夏に、ドイツのシャルケ04からフリーエージェントとして入ってきたマティプは、負傷などで苦戦を強いられながらも、クロップに支えられて努力を重ねた末に、昨季後半からフィルジル・ファン・ダイクのパートナーとしてセンターバックのポジションを固めていた。

    Liverpoolの多くの選手たちが、母国代表チームの試合でプリシーズン合流が遅れたなど、シーズン開幕後も調子に波がある中で、マティプはほぼ全ての試合で高いレベルのパフォーマンスを維持していた。ファンの間では、「今季これまでのプレイヤー・オブ・ザ・シーズン」という声が圧倒的だった。

    シェフィールドユナイテッド戦の前の記者会見で、クロップはマティプを「最もコストパフォーマンスの高い補強戦力の一人」と表現し、ファンの意見を裏付けた。

    そして、シェフィールドユナイテッド戦でもマン・オブ・ザ・マッチの安定した守りを見せたマティプは、その日のBBCのマッチ・オブ・ザ・デイでクローズアップされるに至った。

    「Liverpoolは、看板の攻撃が不発でも3ポイントをねん出するという、優勝候補らしい試合をした。それは、マティプとファン・ダイクがしっかり守ったから。フロント3は『お休み』を取ることができても、ディフェンスは休みなしで働き続けることが必須」と、同番組のレギュラー解説者の一人で、アーセナルのレジェンドであるイアン・ライトは語った。

    「特にマティプは、しっかり守った上で、パスの隙がない時には自分で前に進んで攻撃に繋げた。リスクを認識した上で思い切ったプレイが出来る選手」と、ライトはマティプを絶賛した。「世間は、ファン・ダイク、トレント・アレクサンダー・アーノルド、アンディ・ロバートソンの3人のことは常に高く評価しているが、今日のマティプは最高の働きをした」。

    これに対して、Liverpoolファンは、「マティプが、陰で尽くしてきた重要な仕事はなかなか日の目を見なかったが、マッチ・オブ・ザ・デイが取り上げてくれた」と、一斉に同意の拍手を送った。

    リバプール・エコー紙が、「言葉は少ないが、ピッチの上で語るマティプ」の、静かな決意表明を引用した。

    「Liverpoolに来て、負傷などでスタートは苦戦したが、今ではすっかり定着したと感じている。自分自身、人間としても選手としても成長できたと思っている」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR