FC2ブログ

    ファンがいない試合は面白い?

    2年前、2016-17季の各クラブのTV収入の金額が公表されたのを受けて、「プレミアリーグの20中11のクラブが入場料収入ゼロでも黒字になる」実態を元に、BBCが特別番組を放映した。これは、多額のTV収入のため、スタジアムの収容人数が少ないクラブは、シーズン通算全試合の入場料収入が占める比率が4%そこそこという計算になり、財政的にはクラブにとって、チケット代を払って試合に行くファンのありがたみが減ってきている。極論を言うと、ファンが入らなくてもクラブは困らない、ということだった。

    その統計の2018-19季版が発表となり、ヨーロッパの全クラブのTV収入ランキングで、首位のLiverpoolは£152m、2位がマンチェスターシティで£151m、上位6までがプレミアリーグの「トップ6」が占めた。イタリアのチャンピオンであるユベントスと、ドイツのバイエルンは、昨季プレミアリーグから降格した3クラブ(カーディフ、フラム、ハダースフィールド、合計£301.2m)よりも少なかった。

    「チケット代を払い、自分の時間を捧げて試合に行く忠誠なファンよりも、自宅でソファに座ってTVを見るファンの方が大きな収入源という実態の中で、『試合に行くファン』は不要になった?」と、BBCは疑問を投げかけた。

    「ファンがいない試合は面白いのか?」

    折しも、昇格チームで上記の統計には含まれていないが、11クラブの方に入ることが想定されるノリッジで、ファン・グループがクラブの協力を得て、インターナショナル・ウィーク明けのホームの試合でビッグ・イベントを企画していた。17:30キックオフのマンチェスターシティ戦に際して、スタジアムの一角で「アロング・カム・ノリッジ・ライブ」の第一回目を開催するというものだった。

    「Liverpoolの事例を見て、インスピレーションが沸いた」と、ファン・グループの代表が語った。「Liverpoolファンのミュージシャンであるジェイミー・ウェブスターが発起人となって、CLのアウェイの試合で『ボス・ナイト』というファンのライブを開催するようになった。それが成功して、どんどん多くのファンが集まり、定例化した。同期を取るようにLiverpoolのチームはCLで勝ち続けた。それを見ていて、わがチームでも同じようなことをやりたいと構想を練り始めた」。

    クラブに話を持ち掛けたところ、クラブは大賛成で、スタジアムの一角を提供して貰う話がまとまった。「ファンが試合の日に、街中のパブに集合してからギリギリにスタジアムに来るより、早々にスタジアムに来てくれて、試合前まで現地でファン同士の交流を楽しめる場が出来ればみんなにとって良いこと」と、経営者が語った。

    かくして、「アロング・カム・ノリッジ・ライブ」は、14:00から16:30という時間帯で、カロウ・ロードのラウンジで、地元出身のミュージシャンのライブ演奏を含むファン・イベントとして開催されることになった。スポンサーも乗り気で、無料ビールが提供されるという。

    「何より、ファンが試合前から盛り上がっていい気持になってスタンドに入ってくれれば、応援もさらに強力になり、ピッチの上の選手たちに気合を注入してくれるだろうから」と、経営者は目を輝かせた。

    ノリッジ・ファンのインスピレーションとなったLiverpoolは、CLで勝ち続けて決勝に到達した。その試合の実況放送の解説者として出演していたアーセン・ベンゲルとジョゼ・モウリーニョは、試合前に、スタンドのLiverpoolファンが歌う'You'll Never Walk Alone'を、目を細めて聞き入っていた。

    「言葉では表せない程に美しい」と、モウリーニョがつぶやいたのを受けて、ベンゲルが頷いた。「本当にユニークだ」。

    トットナムを2-0と破ってCL優勝を達成したLiverpoolのチーム一行は、クラブのスタッフと一緒に全員でスタンドの前で肩を組み、ファンと向かい合って、ファンと一緒に'You'll Never Walk Alone'を合唱した。その姿は、「ファンと一緒に戦って勝ち取ったCL優勝」という選手たちの言葉が本心であることの表明であり、「ファンがいない試合は面白いのか?」という疑問に対する回答でもあった。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR