FC2ブログ

    メディアの標的からプレミアリーグを代表する模範的なプロへ

    昨2018-19季の、伝統的に2大栄誉と言われている最優秀選手賞のうちの一つ、ライターが選ぶプレミアリーグ最優秀選手賞に、マンチェスターシティのラヒーム・スターリングが輝いた。一足先に決定したもう一つの方(選手が選ぶ最優秀選手賞)は、フィルジル・ファン・ダイクが受賞し、結果的には、最も高い評価を受けた2チームの、特に顕著な活躍をした選手が2つの賞を分かち合った形となった。

    Liverpoolファンの間では、スターリングの受賞に際して、複雑な感情が飛び交った中で、「ファン・ダイクに取って欲しかったことは当然だが、スターリングの受賞は納得せざるを得ない」という意見が大多数を占めた。そして、「そもそも投票したライター連中は、ほんの1年前までさんざん批判の標的にしてきたスターリングに対して、その償いという気持ちが働いたのではないか」という言葉に、誰もが同意した。

    2015年に、スターリングが大騒動の末に£49mの移籍金でシティに入った時の、クラブに泥を塗る言動の数々は、Liverpoolファンの総すかんを食らっただけでなく、第三者の目にも「やり過ぎ」と映ったことは確かだった。そして、2018年W杯の前に、銃のタトゥーを付けたことで、イングランド中のメディアが猛批判を飛ばした。

    その頃にはスターリングは、何をやっても批判を受ける「メディアの標的」となった。

    同時に、ファンの間では、「メディアが不当につるし上げている」という疑問が上がり始めた。特に、2016年にスターリングがお母さんに家を買って上げたことを、多くのメディアが「21歳の若手が億万長者になったことをひけらかしている」的な、ネガティブな記事を掲げた時には、ライバル・ファンの間でもメディアに対する批判が起こった。

    Liverpoolファンも例外ではなかった。「移籍をごり押しするためにエージェントを使ってクラブに圧力をかけたことは論外だし、銃のタトゥーも『愚かな若者』と言われて仕方ない行動。だからと言って、お母さんに親孝行することを非難するのはお門違い。スターリング(=標的)だから書いているとしか思えない」。

    2018-19季になって、スターリングがイングランド代表チームやシティでの試合中に受けた人種差別的ヤジに対して、毅然とした態度を取り、イングランドのフットボール界や、反・人種差別団体から広く称賛を受ける事件が続いた時に、メディアのスターリングに対する処遇が変化し始めた。

    そして2018年12月初旬に、スターリングが「マンチェスターシティの2人の若手がお母さんに家を買って上げたことに対して、某メディアは対極の記事を書いた。白人選手は『親孝行息子』で、黒人選手は『21歳のくせに』だった(※)」と、メディアの人種差別的意識を紛糾した時には、チームを問わず、選手やファンからスターリングの「勇気ある行動」に対する賞賛と拍手が渦巻いた。
    ※フィル・フォーデン(18歳)と、トシン・アダラビオヨ(21歳)のこと。

    かくして、メディアのスターリングに対する態度は反転した。2019年4月に、FAカップ準決勝でシティがブライトンと対戦した時に、ウェンブリー・スタジアムの隣にある母校の小学生550人を招待した話は、全国メディアから一斉に美談として取り上げられた(試合結果は1-0でシティの勝利)。

    Liverpoolファンの間で、スターリングに対する感情がやや変わったのは、プレイヤーズ・トリビューン誌で、スターリングが自らの過去の過ちについて語った2018年夏のことだった。シティがプレミアリーグ史上記録の100ポイントで優勝に花を添えた2018年5月13日に、スターリングが帰宅した時のこと。最愛の娘が、「シティのことなどどうでも良いとばかりに、僕の目の前で走り回った」と、スターリングは苦笑した。

    「3歳の時にLiverpoolファンになった娘は、父親よりもLiverpoolの方が大切だと思っている。父親の僕そっくりの走り方で、『モー・サラーがウィングを走る』と歌う娘を見て、心の中で泣きたくなった」と、スターリングは自分が6歳の頃を思い出し、お母さんが「お前も親になったらわかるよ」と言った言葉を痛い程感じたという。

    スターリングが生まれた頃のジャマイカは、政情不安で混沌としており、2歳の時にお父さんが殺害された。その後お母さんは、スターリングとお姉さんのために英国に亡命する決意をし、ロンドンに住み着いた。二人の子供を育てるために複数の職を掛け持ちし、それでも家賃が払えずにアパートを転々とした、そんなお母さんの苦労が分からなかった6歳のスターリングは、「同級生はみんなお母さんが迎えに来ているのに」と不満を抱き、お母さんに反抗ばかりしていた、と振り返った。

    「娘さんは我々の仲間だから、大歓迎だ」と、Liverpoolファンはジョークを言って笑いながら、スターリングが困難な環境の中で苦戦しながら前進する姿を直視した。

    「LiverpoolがCL優勝した時には素直に嬉しかった。チームメートとして一緒に働いた選手たちにお祝いしたいと思った」と、スターリングは語った。「ただ、選手としてはプレミアリーグが最大の目標だという考えは変わらない。クリスタルパレスとかバーンリーという試合は本当に大変だし、それに勝つために毎日トレーニングで全力を注いでいる」。

    「その通り」と、Liverpoolファンは真顔で頷いた。プレミアリーグ開幕まであと2週間を切った。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR