FC2ブログ

    希望とハート

    昨2018-19季前半の10月末に、マンチェスターシティ監督のペップ・グアルディオーラが、BBCラジオ5の特別番組で「人生の岐路となった5曲」を明かした。No.1に選んだのは、オアシスのドント・ルックバック・イン・アンガーだった。「私がいかにこの曲が好きか、とても言葉では表現できない」と、グアルディオーラは語った。「マンチェスター・アリーナの爆弾事件(※)以来、この曲はマンチェスター市民の曲になった。犠牲者を偲んで1分間の黙とうが行われた時、参列者の女性が歌い始めて合唱となった」。
    ※2017年5月に、アリアナ・グランデのコンサートで自殺爆弾が仕掛けられ、22人の死者を出したテロ事件。

    「あの日、私は息子と一緒に自宅にいて、妻と2人の娘はあのコンサートに行っていた。爆発の直後に妻が電話をかけてきた。『何かが起こってみんな走っている。でも何が起こったのか分からない』そこで電話が切れた。その後、何度電話してもつながらないので、私はアリーナまで迎えに行った。暫くして、妻から電話かかってきた。3人とも無事で帰途に向かっている、と」。

    「私は運に恵まれていた。でも、運に見放された多数の人が苦しむことになった」と、グアルディオーラは目を伏せた。

    その言葉の節々から、グアルディオーラがマンチェスター市に対して特別な感情を抱いている様子が伺えた、と番組のナレーターが付け加えた。

    グアルディオーラが2016年夏にマンチェスターシティの監督に就任した時に、最初にやった「改善」は、選手全員に、毎試合の後でスタンドのファンにお礼の挨拶に行くよう命じたことだった。「それまでも、殆どの選手がスタンドに来ていたが、試合の内容などによって何人かはまっすぐ去っていた。ペップのお蔭で、ファンと選手の間でつながりが出来たような気がする」と、シティ・ファンは歓迎した。

    マンチェスターシティがプレミアリーグ連覇を賭けて、Liverpoolとの間で前代未聞の激烈な優勝争いを繰り広げていた2019年5月3日に、ガーディアン紙が「希望とハート」という見出しで、ヒルズバラの法廷闘争グループの一人であり、秘匿文書の発掘に尽力を注いだ犯罪学者、フィル・スクレイトンのインタビュー記事を掲げた。ヒルズバラ30周忌を控えた4月中旬に、スクレイトンは、Liverpool FCからの依頼を受けて、ヒルズバラ遺族グループのマーガレット・アスピナルと共にメルウッドを訪問し、現役選手全員に悲劇の真相を伝えるレクチャーを行った。

    「行く前は、果たして選手たちがどんな反応をするか、自信が持てなかった」と、スクレイトンは静かに語った。今年70歳になったスクレイトンは、60年超のLiverpoolファン歴の中で、学者として「プレミアリーグの選手たち」の変遷を見てきただけに、事件当時は生まれてすらいなかった選手たちに対して幻想は抱かなかったという。

    「ところが、私の杞憂は全く的外れだった。彼らは、いわゆる『億万長者のエゴイスト』とは正反対だった。マーガレットと私が喋っている間、Liverpoolの選手たちは誰一人として、携帯を見たりせず、全員が真剣な表情で聞いていた。そして、明らかにヒルズバラ悲劇について強い衝撃を感じた様子だった。自分の家族を思い浮かべながら、人生について考えたように見えた」と、スクレイトンは目を潤ませながら語った。「彼らは、まず第一に人間的な側面があり、次にフットボールがあるということを理解している」。

    その「人間的な側面」とは、フットボールが地元社会の中で担っている責任を認識し、実践することにある、とスクレイトンは強調した。「そこに気づかないクラブは次第に取り残されて行く」。

    「ユルゲン・クロップはそれが出来る人物だ。ペップ・グアルディオーラもしかり。この二人が監督を勤めている2チームが、他を大きく引き離してプレミアリーグのトップを争っている事実は偶然ではない」。

    ユルゲン・クロップが、2015年にLiverpool監督が内定した後で、赴任までの間に最初にやったことは、ヒルズバラ悲劇のドキュメンタリーを見ることだったという。それは、Liverpool FCのクラブだけでなく、地元コミュニティを理解するために不可欠だったから、とのことだった。

    Liverpool FCが、2018-19季に掲げ始めた、クロップが語る「We are Liverpool. This means more.(我々はLiverpool。それはもっと深いもの)」のスローガンは、日常的に動画としてスクリーンに映り、ファンの注目を集めるようになった。2018年12月には、グラフィティ・アーティストによる「ユルゲン・クロップ壁画」が、市街地の壁に登場するに至った。

    「この表現は、まさにリバプール市にふさわしい。何度も倒されながら、みんなで力を合わせて立ち上がり、再びチャレンジに挑んできたこの市を象徴している」と、スクレイトンは深く頷いた。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR