FC2ブログ

    少年たちに夢を与える若手フルバック

    5月12日にリーグ最終戦を終えた時、トレント・アレクサンダー・アーノルドがシーズン通算12アシストを決めて、プレミアリーグのディフェンダーによる最多アシスト記録を塗り替えた。直前に、アンディ・ロバートソンが11アシストで、それまで同記録の保持者だったエバトンのレイトン・ベインズとアンディ・ヒンチクリフと並んだことがイングランド中の脚光を浴びたばかりのことだった。

    トレントとロバートソンが今季、二人でアシスト数を競うコンテストをしていたことは有名な話で、折に触れて本人たちやジェームズ・ミルナーらが話題にしていた。「どっちが勝ってもチームの勝利」と、笑顔で見守っていたLiverpoolファンは、その競争がどんどんレベルが上がって行く過程で、称賛の表現がネタを尽きて、シンプルな「フルバック2人」というニックネームに落ち着くことになった。

    「わがチームのウィンガーは2シーズン通算でわずか7アシスト。Liverpoolのフルバックはどっちを取ってもその2倍以上の得点を作り出しているというのに」と、ライバル・ファンが嘆くのに対して、「Liverpoolのフルバックは別格。比較すると自分たちが惨めになるからやめた方が良い」と、別のライバル・ファンが開き直った。

    イングランド中のファンから羨望のまなざしが向けられているLiverpoolのフルバック2人は、フットボーラーを目指す少年たちに夢を与える存在になっていた。

    地元出身で、自らLiverpoolファンとして、そのLiverpoolのアカデミーチームで育ったトレントは、毎年この時期に開催されるアカデミーチームの入団式に立ち会う役割を担っていた。今年も26人のアンダー9チームの新入生の前に立ったトレントは、「数年後のトレント」を夢見る少年たちの熱いまなざしを受けた。

    いっぽうスコットランドでは、代表チームの主将として現役選手から信頼され、新旧代表監督や大先輩から支持されているロバートソンは、トレントとは別の観点でスコットランドの少年たちに夢を与えていた。

    「地元のビッグ・クラブのアカデミーチームに入ったものの、ダメ出しされて夢がはじける少年たちがいかに多いことか。アンディは、そのような数えきれないほどの少年たちに夢を与える存在になった」と、クイーンズパークからダンディー・ユナイテッドでの1年間を、ロバートソンと共に働いた経歴を持つエイダン・コノリーは語った。

    昨年のCL決勝戦に、昔のダンディー・ユナイテッド時代の仲間たちが集まって、地元のパブで旧友ロバートソンのひのき舞台を観戦したという。「世界のトップの試合に出ているのが、我々と一緒にフットボールをやっていた、あのアンディなのだと思うと、非現実的な気がした」と、コノリーはその時の感想を明かした。

    現在はスコットランド2部リーグのダンファームライン・アスレチックでプレイしているコノリーは、スコットランドの全国紙スタンダードの特集記事の中で、ロバートソンが「アマチュアのクラブ」から「世界のトップ」に向かうスタートとなった時のエピソードを明かした。

    「2013年に、たまたま僕はアンディと一緒にクイーンズパークからダンディー・ユナイテッド入りすることになったので、いつも車に乗せてもらっていた。小型のクリオで。そもそも、クイーンズパークの選手が、将来はLiverpoolでレギュラーになるという大それた目標を掲げていたはずはない」と、コノリーは微笑んだ。

    「もちろん、アンディは能力はあったと思う。でも、ダンディー・ユナイテッドに行ってから1年間で急成長した。それは、身長が足りないからダメだと言われたら、絶対にその言葉を撤回させるのだと必死で頑張ったから。それが評価されてスコットランド・リーグの最優秀若手選手賞に輝き、代表入りし、とうとうイングランドのプレミアリーグに引き抜かれた。努力を重ねて、挫折を成長の糧にしたことで、今の地位を勝ち取った」。

    かくして、2年連続で世界のトップの試合に立つロバートソンを見て、1年前の「非現実的な驚き」ではなく、今ではひたすら誇りを感じる、とコノリーは目を輝かせた。

    「スコットランドの少年たちが、アンディの努力とその成果について話題にし、お手本にすべき立派な選手だと尊敬の目で見る様子は、とても嬉しい。一緒に車に乗せてもらっていた頃から、家族や友人を大切にするいい奴だったが、スター選手になった今もその人柄は決して変わっていない」。

    地元ではなく、スコットランド人ではあるものの、Liverpoolファンがロバートソンを自分たちのヒーローとして熱烈に支持している様子を掲げ、「元チームメートがここまで断言する程の人物だから、それは当然と言えるだろう」と、スタンダード紙は締めくくった。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR