FC2ブログ

    オー・キャプテン、我がキャプテン

    4月5日、Liverpoolはサウサンプトンに3-1と逆転勝利を収め、5試合を残して82ポイントとプレミアリーグの首位に浮上した。これは今季26回目の首位交代で、FAカップ戦のため試合がなかったマンチェスターシティが残り6試合で2ポイント差の80と、「90ポイントを超えても優勝できない高レベルのタイトル争奪戦」の行方に、世間は興奮の目を輝かせた。

    昨季のシティ(100ポイント、2位は81)は異例として、それまでの最高ポイントは2005年のチェルシー(95、2位は83)、インビンシブルのアーセナル(2004)が90(2位は79)と、優勝チームが高ポイントのシーズンは2位との差は比較的大きいことが一般的だっただけに、今季のタイトル・レースは「面白い」ものになっていた。

    Liverpoolのクラブ記録である、前回2位で終わった2014年の84ポイントにあと2となり、来季のCL出場が数字の上で確定したサウサンプトン戦の勝利は、Liverpoolファンに特別な感情を与えた。

    「ここ数試合は絶好調とは言えないし、楽勝を重ねるシティの方が総合的な戦力は上かもしれない。でも、29年ぶりの優勝を狙うプレッシャーを背負って、チームが疲労や相手の時間つぶし戦略に苦戦しながらも、どんなに不利になっても最後まで闘志を抱いて進む姿を見ていると、ファンとしては誇り以外にない」。

    一時は「ファンの緊張がチームにプレッシャーを与えている」とすら言われたが、今では誰もが「足をしっかり地に着けて、チームの快挙を心から楽しめるようになった」と、ファンは笑顔で頷き合った。

    数字のプレッシャーに関して言うと、モー・サラーの勝ち越しゴールは、プレミアリーグ通算50点目だった。Liverpoolでの69試合目で達成した50ゴールは、フェルナンド・トーレス(84試合)を抜いてクラブ史上最短となった。プレミアリーグ全体でも、アラン・シーラー(ブラックバーン、66試合)とルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスターユナイテッド、68試合)に次ぐ3位だった。その記録が話題に上ってから、8試合無得点を経過した後で出たゴールだった。

    しかしサラーは、試合後のインタビューで「記録のプレッシャー」について質問されて、「9試合ぶりのゴールだからね。でも、ヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)は20試合ぶりなのだから、感慨はひとしおだと思う」と、爽やかな笑顔で語った。

    正確には、昨季9月のレスター戦(試合結果は3-2でLiverpoolの勝利)以来の48試合ぶりで、その「感慨」は、ヘンダーソンのジェスチャーからも明らかだった。そして、それを見てあるファンがポツリと言った。

    「ヘンドはこのゴールで、10年連続でプレミアリーグで毎シーズン得点を記録しているという、現役選手の中では僅か4人の一人になった(※他3人は、アーロン・ラムゼイ、セオ・ウォルコット、ダニエル・スタリッジ)。来季、得点すればダビド・シルバが5人目になる」。

    「サラーの記録と違って殆ど話題にならないが、プレミアリーグで10年間プレイし続ける選手だけが達成できるという、地味だが重要な業績。まさにヘンドにふさわしい記録」という言葉に、誰もが深く頷いた。

    しかもこれは、相手のペースに苦戦を強いられていた60分にサブで出場したヘンダーソンが、経験とリーダシップで試合を変えた末に出たゴールだった。

    「オー・キャプテン、我がキャプテン(※)」と、ファンは一斉に歓喜の声を上げた。「世間の不当な批判に対して、ピッチの上で反論したヘンドは、主将として立派な働きを見せた」。
    ※詩人ウォルト・ホイットマンの1865年の作

    少なくないファンが、この日のヘンダーソンのポジションについて賛意を表明した。「先日のイングランド代表チーム(対モンテネグロ、試合結果は5-1でイングランドの勝利)で、ヘンドはアタッキング・ミッドフィールダーとして出て非常に良いプレイをした。Liverpoolではディフェンシブ・ミッドフィールダーとして使われているが、ファビーニョが入って来たので、ヘンドはまた攻撃の方にシフトされることを期待していた。サウサンプトン戦では良い証明になった」。

    ファンの会話が聞こえたかのように、ユルゲン・クロップは、ヘンダーソン本人とポジションについて会話したという真相を明かした。「私が来た時には、ヘンドはボックス・トゥ・ボックスのミッドフィールダーとしてプレイしていた。それを、ディフェンシブなポジションにシフトした。今後も戦略上変動するが、ヘンドはどのポジションでもしっかりこなす選手」。

    「何故なら、ヘンドは我がキャプテンだから」。

    「彼は人間としても素晴らしい奴。ヘンドについて本を書けと言われたら、500ページくらい書くことがある程に、私は高く評価している。ヘンドは、スティーブン・ジェラードの後を継ぐという、フットボール史上最も困難な任務を背負ってきた。世間の不当な批判を受けながら、立派に責任を果たしているヘンドを、私は心から誇りに思う」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR