FC2ブログ

    我がチームのスカウサー

    インターナショナル・ウィーク入りしたばかりの3月21日に、元エバトン(2006–2009)かつ元マンチェスターシティ(2009–2014)のセンターバック、ジョリオン・レスコットが、今季のプレミアリーグの優勝争いに関して、古巣びいきの発言で話題を集めた。それは、マンチェスターシティのチーム力の優位ぶりを強調する意図で、「Liverpoolからマンチェスターシティのチームに入れる選手は誰もいない」と唱えたものだった。

    レスコットのこの発言は、リバプール・エコー紙では、「元エバトン選手としての偏見に基づく見解」と皮肉交じりで取り上げたのに対して、マンチェスター・イブニング・ニュース紙では、「心は今でもシティにある」と温かい歓迎で、両ファンの笑いを引き出した。

    ただ、シティ・ファンの間では、「レスコットが次にシティに来る時には、レジェンドとして迎えられるべき」と前置きした上で、「でも、本音を言うと、数人の選手はシティのチームに入ると思う」という議論が交わされた。結論として、圧倒的多数のシティ・ファンが、フィルジル・ファン・ダイクとフルバック2人を上げた。

    「Liverpoolのフロント3が超一流であることは確かだ。でも、シティも攻撃陣は超一流の選手が揃っているので、他と取り換える必要性は全く感じない。恐らく、Liverpoolファンも同じ意見だと思う。GKもしかり」と、冷静に唱えた。「ただ、ファン・ダイクと、アンディ・ロバートソンとトレント・アレクサンダー・アーノルドのフルバック2人がシティに来てくれれば、チーム力アップだと思う。この3人は、ペップ・グアルディオーラの戦術にも順応してバリバリ活躍してくれるだろうし」。

    シティ・ファンの見解は、まさにLiverpoolファンの意見と一致していただけでなく、中立のメディアの評価でもあった。特に、Liverpoolが5-0と圧勝したワトフォード戦で、「5つ星(※5得点)」のヘッドラインに交じって、「全5アシストがフルバックから出た」と、ロバートソン(2アシスト)とトレント(3アシスト)を絶賛する記事が相次いだ。

    そしてその試合では、Liverpoolファンによるトレントの歌がスタンド・デビューを飾ったのだった。「アレクサンダー・アーノルド、我がチームのスカウサー」という歌に、トレントは、SNSでファンへの感謝メッセージをポストした。「嬉しかったです。ありがとうございます!僕がこのチームのスカウサーです!」。

    かくしてトレントが、ファンから熱烈に慕われ、世間の高い評価を受け、ライバル・ファンから羨望の視線を集めるまでに成長しつつある様子を、秘かに笑顔で見守っていた人物がいた。それは、3月13日のCLラスト16のバイエルン戦(試合結果はLiverpoolが3-1で勝ち抜き)に際して、BTスポーツの特別番組にゲスト出演した、「1981年のバイエルン戦でヒーローになった元祖スカウサー」、ハワード・ガイルだった。通算わずか4出場という短い選手生活ながら(Liverpool在籍は1977–1983)、主力の負傷のため、いきなりCL準決勝のひのき舞台に立つことになった(試合結果は1-1でLiverpoolが決勝進出)。

    お父さんはシオラレオネから、お母さんはナイジェリアから移住し、マージーサイドで生まれ育ったガイルは、Liverpool FC初の黒人選手として、その後のジョン・バーンズ(1987–1997)らの先陣となった。世界中からスーパースターが集まる今のプレミアリーグとは違い、当時のイングランド・リーグは比較的閉ざされており、人種差別が日常茶飯事だった中で、地元のクラブでプレイできる誇りを表現したガイルは、Liverpoolのクラブ史上に名を残す存在となった。

    「トレントの成長を見て、心から誇りに感じている」と、ガイルは語った。「トレントが出てきてくれたことは本当に嬉しかった。地元出身の黒人選手として、30年以上に渡ってその記録を保持していた私としては、やっとその肩書を引き継ぐ選手が出てきたのだから」。

    「向上心が強く自信に満ちているトレントは、きっと超一流選手になると確信している」と、ガイルは目を細めた。

    大先輩のガイルの願いを背に、トレントは、地元の少年たちが自分のように夢を実現させる土壌を作るべく、スポンサーからの収入を地元コミュニティに還元する計画を立てていた。

    「僕は、自らファンとして育った地元のクラブでプレイできる幸運に恵まれている」と、トレントは目を輝かせて語った。「この町の子供たちが、夢はかなうのものだと思えるようになって欲しい」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR