FC2ブログ

    2019/1/3 (最終日)マッチデイ:マンチェスターシティ 2-1 Liverpool

    7:30目覚ましで起きた。最終日なので時差ボケはない。明日の朝の早起き(2時起き、3時46分の電車で空港へ)のことを考えるとげっそりするが、今日はそれは考えないことにする。

    昨日は意外な出会いがあって物凄く楽しかったが、今日は昼からAndrewと合流し、夜の試合に同行するという予定した計画が詰まっていて、朝から楽しく忙しい。
    IMG_3062.jpg 

    まずは、朝は一服&TescoでMENを買うことにした。ところがTescoに行くとMENがない。え?と思った。諦めて帰ってくる。後で買おうと思って、今日は木曜日だということをふと思い出す。あ、なるほど。無償配布しているものをP80で売るわけにはゆかんので、最初から商品棚に並べていないという落ちだった。納得。
    IMG_3065.jpg 
    戻って支度して朝食に行くことにした。ともかく、9時半早々にEmptihadに行きチケットと、あとは12/31にクラブショップで買ってきたTシャツの万引き防止器具の後始末をするつもりだった。この2件は「楽しい予定」ではないが、やるしかない。

    まあ、チケットはユナイテッドの例を考えると試合2時間前でも大丈夫な気はするが、朝のうちにシティのスタジアムを一周してくるのは悪くないと思った。

    Andrewとの待ち合わせは1:30だったので、それまでにそれらを済ませようとテキパキ動くことにした。ちょっとピカデリーガーデンズを回って(この公園はいつ来ても落ち着く。寒かったが)、9時半に早々にオフピーク一日トラム券を買って、エティハド・キャンパス行きのトラムに乗った。

    9:45にエティハド・キャンパス駅に着く。今回の滞在で3回目の来訪だ。一服してマッチデイ・チケットオフィスに行く。トラムの駅から真っすぐ見える場所にあり、全く迷わなかった。数人の人が列を作っていたし、簡単に行きつけた。

    早い時間というのにそれなりに人がいる。すごい混雑で並びまくりという程でもなく、誰もいなくて心細くなることもなく、ベストだ。既に列にいた人たちにオープンの時間を聞くと10時だという。あと12分。では、このまま待とう。すでに6人いた。
    IMG_3066.jpg 

    ふと見ると、ポスターがあり「今日のチケットは売り切れです。販売は将来の試合だけです」と書かれている。ふむ。今日のチケットが売れ残っている(?)話しはリバプール・エコーが何度か記事にして、両陣営の緊迫は高まっていた。

    というか、両都市は歴史的にライバル関係にあるのは確かだが、その市の代表クラブとしてユナイテッド対リバプール、という対立が伝統だったのに、最近はABU(ユナイテッドのライバル同士は『敵の敵は味方』だった)などどこに行ったか、シティが目くじら立ててリバプールにライバル意識を見せ、リバプール側も真っ向から対立している。

    逆にユナイテッドとリバプールのファンが、どちらもシティをコケにするという妙な関係になりつつある。ふむ。。。

    ちなみに、10時の開店前に、誰かがきて「今日のチケットもう買えないですかね。どう思う?」と質問し回っている。みんな、無理だろうと言いつつも、トライする価値はあるかも、という人もいた。

    結局、その人はNG食らっていた。まあ、仕方ないでしょうが。。。
    IMG_3085.jpg 

    私の番が来て、メンバーカードとConfirmation mailを渡すと、問題なくチケットを発行してもらえた。パスポートは不要だったようだ。写真付きの身分証明書が必要と書かれていたが、メンバーカードだけで処理してくれた。
    IMG_3088.jpg 
    10:10にはチケットを確保していた。さて次は、月曜日に買ったTシャツの器具外しだ。これも問題なく済む。レシートを一緒に出すと、あっさり処理してもらえた。

    それから1時間くらい、スタジアムを一周する。外壁が、毎シーズン書き換えられるみたいで、来る度にちょっと変わっている。今は「2018年プレミアリーグ優勝」と「センチュリアン」が多かった。

    シティ・スクエアのサマビー・バーとブルームーン・カフェも回った。試合前にAndrewと一緒に入ろうと思って。(実現した)
    IMG_3089.jpg 

    一周して、トラムに乗っていったんホテルに戻る。11時半。荷物を置いて、そしてもう少し時間があったがよく考えるとAndrewと会ったらその後はずっと忙しいので、今のうちに明日チェックアウトの準備をしておこうと思った。ゴミを捨て(持って行けないものの分別など)、荷作りできるものはスーツケースに詰めた。とはいっても、出発の朝でないと荷造りできない(洗顔セットなど)の方が圧倒的に多いのだが、でも少しは最終日の仕事を前倒し出来た。

    IMG_3090.jpg 

    丁度モバイルも充電できたくらいに、出かける支度が出来た。いよいよ、Andrewとマッチデイ堪能となる!

    あ!思い出した!明日の朝の空港までのチケットを買っておこう。ただ、これがなんと、今日のチケットでないと人のいる窓口でないと買えないのだという。多くの人が当日に列を作るのだろうか?有無、と思った。

    定刻より3分遅れくらいでピカデリー駅で1:32頃にAndrewたちと再会する。まずはパブに行ってチケットの清算と今日の計画を打ち合わせることにした。結局、夕食はなしだったので、その後3時半に食べた夕食が翌朝マンチェスター空港のBAのラウンジで朝食を取るまでの最後の固形物となった。
    IMG_3096.jpg 

    最初のパブは、ピカデリーガーデンズの角にあるピカデリー・タバーンという大きなパブだった。Andrewいわく、ロンドンのパブに似た感じだという。北部の地方都市は小さいパブの方が圧倒的に多いが、まあマンチェスターも大きな都市だから、と。

    いい感じのパブだった。昼だったが、すでにシティのシャツを着た子供たちの家族連れの姿もあった。

    一服しに外に出ると、そこでMENが無償で配布していた。
    IMG_3100.jpg 

    さて、Andrewたちと昼食の場所の打ち合わせをした。伝統的英国料理レストランに行こうということになった。嬉しい!前回、ツーリストインフォメーションセンターで進められた2つのパブのうち、その時は閉まっていて行けなかったSam'sの方だった。

    もう一軒のThomas'sの近くにある。ピカデリーガーデンズからは徒歩15分くらいだった。(スタジアムと逆方向、ユナイテッドの方向に歩いたところだ)。

    IMG_3105.jpg 
    あっさり見つかる。外側もいい感じのレストランだった。中がパブ・フロアとレストラン・フロアに分かれている、典型的な英国レストランだった。嬉しい!
    IMG_3108.jpg 
    そして、Andrewおすすめの伝統的英国料理を取った。ビーフシチューのような感じの煮込み料理で、絶品だった。そして、Andrewのおすすめその2は、私がThomas'sの方で食べたコーンビーフだった!
    IMG_3118.jpg 
    サイドのチップスも絶品、ワインもおいしく、最高の食事だった。
    IMG_3120.jpg 
    ゆっくり会話しながら食事を済ませると、ぼちぼちスタジアム入りしてもおかしくない時間になった。2時間前くらいについて、サマビー・バーに入ろうということになったのだった。

    ただ、一つの誤算は、帰りは歩こうという話で合意したが、行きも歩いたということだった。さすがの私もちょっと、足が棒になってしまった。。。

    ともあれ、4時過ぎにもう暗くなったとはいえ迷うことなくスタジアムに入る。すでにマッチデイの雰囲気になっていた。着いてすぐに、サマビー・バーに入ることにした。久しぶりだった。ここは入り口でチケットチェックをしていて、ホーム・サポーターだけが入れる場所だった。
    IMG_3123.jpg 

    対面のブルームーンカフェでは、軽食も売っている。こちらはチケットチェックはなかったが(ノンアルコールなので)。

    ともあれ、サマビー・バーでしばらく過ごす。シティ・スクエアのジャイアント・スクリーンも見えて、試合前の楽しいひと時を過ごせるようにファンサービスとしてクラブがやっているものだった。(アウェイサポーターは立ち入り禁止だが)。

    ちなみに、ここはまだスタジアムの中ではないので、タバコは吸える。数年前に灰皿が撤廃されたが、まだファンは普通に吸っていた。

    私も一服しながら、周囲のシティ・ファンと会話をした。意外だったのは、数人から「Liverpoolファン?」と聞かれたことだった。なんと!もちろん色は身に着けてなかったし、不穏なことも言わなかったつもりだが。

    尚、雑談の一つが音楽で、マンチェスターの音楽は素晴らしいとほめて、いくつか好きなバンドを言った。ニコニコ笑って頷いてくれていたが、シンプリー・レッドというと急に目つきが怖くなった。目を吊り上げて「ラグス(ユナイテッド・ファンの隠語)」というので、私は「でも音楽だけをとると素晴らしい」と言っても決して許してくれなかった(苦笑)。

    楽しい時間はすぐに過ぎる。あっという間に試合開始50分前になり、スタンドに入ることにした。Andrewたちとは違うスタンドなので、待ち合わせ場所を決めて、別れた。
    IMG_3132.jpg 
    一人でコリン・ベル・スタンドのゲートをくぐる。そして、入ったところにあるマラソン・ベットに立ち寄ったところ、私のチケットだと無料のマッチプログラムと、9320ラウンジに入れると言われて、純粋に驚いた。なんと!

    わずか£68のチケットで、こんな特典があるのかと純粋に驚いた。時間はあまりなかったが、行くことにした。

    入り口でチケットチェックがあり、ニコニコ笑って入れてくれた。ハーフタイムと、試合終了後もここに入れるという。なんと!
    IMG_3135.jpg 
    IMG_3140.jpg 
    とてもいい感じだった。知らなかったので、この特典を100%堪能できなかったが、でも良い件だった。そして、スタンドに行くと、座席がクッション付きだったのでさらに驚いた!

    周囲は家族連れが多く、いい感じだった。

    試合内容はご存知の通り、Liverpoolファンにはつらい内容だったが、私がアウェイサポーターだとはだれも疑わなかったと思う。というか、周囲の人々が積極的にハグしてくる。

    特に、後ろの列の10歳くらいの男の子はかわいかった。サネの決勝ゴールの時はハグされたのは勿論だったが、ファイナルホイッスルの後のブルームーンの合唱の時には、スカーフを半分持たされて一緒に歌わされた。かわいかったので、ニコニコ笑って一緒に歌った。心の中はどしゃ降りだったが。
    IMG_3142.jpg 
    (さすがにシティに10回以上通っているとブルームーンは100%歌える)

    握手してその男の子と別れ、スタンドを出た。Andrewたちと再会し、9320ラウンジのことや、その男の子のことを話しながら、ピカデリー駅まで歩いた。

    ピカデリー駅に着いたのが22時ちょっと過ぎ。Andrewたちの電車が間もなくくるというので、いそいそと別れた。私も、もちろん明日が早かったので早々に解散することに異論はなかった。

    祝杯を挙げるネタもなかったし。

    ただ、Andrewたちとは再会の約束をして、気持ちよく分かれた。試合結果は残念だったが、とてもいい一日だった。

    楽しい疲れで、泥のように眠った。翌朝(深夜)2時にちゃんと目覚めて予定通りの便に乗れたし。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR