FC2ブログ

    2018/12/27 リバプールへ!(マンチェスター滞在)

    ●2018/12/27 4:20起床、5:20 出発。
    ただ、前日にLiverpoolの試合があったので、(00:00キックオフ、2:00終わり)あの勝利の後で頭を冷やして眠ることは難しかった。
    結局、試合中に水をがぶがぶ飲んだので夜中に何度もトイレに起きて、そうこうしているうちにBAからのメッセージが来たり(アプリでのチェックインは対象外の千歳のJAL便だというのに、しつこくチェックインしろとメッセージが来る。そのリンクをクリックすると、エラーになるのは知っているのだが、しつこい)
    という感じで、3:50に起床する。ほとんど寝ていない、というか、寝る努力はしたが眠れず、貫徹という感じだ。

    ともあれ、今回はアパマンの爆弾事件で散々な思いをさせられ、疲れ果てていたので、渡航がとても楽しみだった。仕事も最後の最後までバタバタして、休み中に(12/27,28に)電話が来そうな成り行きになったので、細かい説明をして勘弁してもらう。結局、休み中もSlackをチェックすることで勘弁してもらった。

    これだけ、いろいろある中に行くのだから、精一杯、楽しもう!

    と、ふつふつと決意が湧いてきた。ちなみに、アパマン爆弾事件は、当日の避難所生活もつらかったが、(記録済)、その後の報道陣対応やらアパマン対応、割れた窓ガラスの修理などなどでひどく時間を取られて、へとへとになっていた。
    ひどいのはH新聞だった。3か所の部門の人が別々に来て、同じ質問をえんえんとする。最後は勘弁してください、と断った。その前にくぎを刺しておいたのに、やはり「お話を聞かせてください」と言い出すので、悲鳴になったのだ。

    被害者の人権はないのか!と、今回はほとほと怒りにかられた。事件当時と、その後始末が同じくらいひどい思いをさせられた。後者の方はまだ終わっていない。年明けに繰り越すものがある。


    さておき、Liverpool

    29年ぶり?なるか。という感じの状況になって来た。12/27で、それはピークに達する。そうなのだ。これまで2回(2009,2014)よりも、もっとそれらしい勢いだ。生きているうちにもうリーグ優勝は見られないなと覚悟を固めたのに、見られるかもしれないのだ。

    と思うと、片道24時間の旅は苦痛ではなく楽しみになる、というものだ。

    IMG_2716.jpg 
    ということで、今回の旅程の開始。5:20にいつもの空港定額タクシーで、千歳空港に着く。運転手さんが話し好きの人で、ずっとしゃべって来た。こちらはアパマン事件についてしゃべった。愚痴半分、残りは情報、という感じか。

    そんな感じで、6:15に千歳空港に着く。チェックインカウンターは開いていなかったので、まずはトイレに入り、ポケストップを一回りし、一番端のジムを制覇して、ちょうどよい時間になった。(ちなみにそのギャラドスは成田にいる今もまだ防衛している)


    チェックインし、中に入る。コーヒーを2杯のみ、一服して、搭乗の時間になる。今回もチェックインは問題なく、千歳から成田までをJにして、済ませた。

    搭乗時間になって乗り込むと、滑走開始前に既に寝入ってしまっていた。さすがに貫徹が効いている。こんな感じで成田―ロンドンも過ぎそうだ。今回は、面白そうな映画があったら見ようと思っていたのだが、そんな時間はなく寝ていそうだ。

    IMG_2717.jpg 
    なんと、ここまで書いたところでアパマンの人から電話が来る。むむ、搭乗まで10分のぎりぎりの時に。。。
    内容は2点、1点目は私の費用請求書に関する確認で、前にも言ったことだ。忘れたのか、2点目の方が重要なのか
    2点目は、隣の人を訪ねてもいつもいないので連絡先は知らないかということ。知らない、と答える。この人は足が悪いので在宅しても出てくるまでに時間がかかること、ちゃんと名乗って、変な人ではないと分かってもらうようにと伝えた。

    ため息。。。

    電話終えて、すぐに搭乗口に向かうことにした。アパマン事件の後始末が、ここまで追ってこられるとは、と苦い思いをしながら。

    IMG_2725.jpg 
    30分前に登場する。全員が乗ったとのことで、定刻より早くさっさと出発することになった。結局、30分くらい早く着いた。着いた方はロンドンの到着ゲートがまだ空いてなかったため、少し待たされたが。

    機内ではエンターテインメントを見て、適度に眠り、問題なく時間が過ぎた。翌朝の朝食は、起こされたくらい良く寝た。

    ちなみに、ちょっと感じたことは、乗客が殆ど日本人で、スチュワードさんたちがものを渡したりするときに「ThankYou」も言わない人ばかりだったこと。私が反射的に「ThankYou」というと、スチュワードさんが妙に感激した感じで嬉しそうに「ThankYou」を連発してくれた。日本の習慣だが、英国人には嫌な感じで受け取られるよなあ、と思った

    あと、到着前の朝食で、パスタを選んだら、なんと割りばしだけが渡されたこと。後から気付いて、フォークのセットをもらった。スチュワードさんはえらく恐縮して何度も謝っていたが。。。乗客が日本人だからといって割りばしだけ渡すのはどうかと、これも国の習慣の問題かもしれないが。

    IMG_2722.jpg 
    それ以外はすべて、順調でいい感じだった。つまり、いい感じでロンドンまで着いたのだった。

    ヒースロー空港で、乗換の方のパスポートコントロールに着く。すごい列ができている。20分くらいはここで待ちそうだと思った。

    すると、私のすぐ後ろの2人連れ(会話から、母と息子だと分かった)が、エジンバラ行きの便に間に合わないから先に行かせてほしい、とスタッフに頼んだのだった。その会話はみんな聞いていた。45分くらい時間があった。列の中には、もっと前が搭乗時間の人がいて、へんな表情をしていた。

    結局、BAのスタッフにその旨言うようにと言われ、BAのスタッフが来て会話した結果、待たされることになった。

    その親子連れはずーーっと会話していた(「セキュリティでも待たされるのだから、間に合うだろうか、云々」)。

    私はそれよりも30分くらい後の便だったので、先にどうぞといって譲った。その親子は、私に対しては丁寧に感謝していたが、どちらかというと「他の人は譲ってくれなかった」と不満そうな感じだった(苦笑)。

    IMG_2718.jpg 
    今回の旅は、やはり本当のピークより前なので、そんなに混んでいるイメージはなく、結構順調に流れたような印象だ。セキュリティでもほとんど待ち時間ゼロに等しかった。問題なく荷物チェックが終わったし。

    ちないにパスポートコントロールでは、目的を問われて、フットボールの試合を見に来たと答えると、どの試合かと聞かれたので、5試合中メインの3試合を上げた。
    Liverpool対Arsenal
    Manchester United対Bournmouth
    Manchester City対Liverpool
    そして、最後に私はLiverpoolのファンだというと、もうその時点でOKの判が押されたのだった。

    確認のように、同じホテルに泊まってあちこちのスタジアムに行くのか?と聞かれたが、そうだと答えると、それで完了だった(マンチェスターとリバプールだから、どっちにとまっても楽勝で行き来できる)。ホテルも真実で、マンチェスターのibisに8泊だった。

    IMG_2726.jpg 
    ヒースローからマンチェスター行きは定刻17:50発だが、セキュリティを通過したのが16:50だった。そのまま南のラウンジに行く。まだゲートは出ていない。コーヒーを飲んでWifiに繋ぐ。その瞬間に、Slackで上司から年明け早々の東京出張の詳細(決定事項)の連絡が来ていた。むむむ。。。最悪の事態になった、とため息をつく。回答が必要な点がいくつかあったが、マンチェスター行きに乗る前には時間がなさそうだった。(結局、バタバタと行ったので時間はなかったが)

    ため息をつく。ああ、昨年に続き今年も(1年ずつづれているが、年末ぎりぎりに出張命令が出てことは同じなので)1月は東京か、と悲しくなった。今回は、試合はDAZNで見ているのでiPadをもって行けばそんなにストレスはないはずだ。ただ、また大荷物もって、しかも出張中の予定をすべてキャンセルする必要があった。もっともまずいのが1/12の歯医者だった。。。

    出張中は仕事も大変になるし、なんといっても自宅に帰れないのでストレス解消が出来ない。

    それを、休暇でプレミアリーグの試合見に来た時に知る、というのも悲しいし

    一気に落ち込んだ。

    IMG_2733.jpg 
    ただ、旅そのものは非常に順調だ。頑張ろう!と思って、進むことにした。
    そうそう、一つ困ったことは、Visaのメインのクレジットカードが使えないことが時々あることだった。この国ではICチップが入っているタイプのカードが大多数で、私のカードは磁気テープを読むタイプにしか対応してないので(日本が遅れているということか)、「このカードは使えない」と言われることが、すでに2度あった。逆に、磁気テープを読んで処理してくれた店もあったので、NGとは言えないのだが、だめなこともあるということで。

    IMG_2735.jpg 
    一つがBAで、マンチェスター行きの便の中で、この便は2年前から(?)バジェットエアライン並になり、飲み物が有料になった。今回は、マンチェスターについてからまず一服するために、先にペットボトルの水を買っておこうと思って、この機内販売を利用し酔うとしたときのこと。結局、販売不可で、「水道水を持ってきます」と言われた。あー、今でなくて後で飲むためのものなのだが。。

    ただ、マンチェスター空港のキオスクでペットボトルを買うと4分の1の値段(50P)だったので、良しとした。

    空港駅からピカデリー駅まで電車で移動。ピカデリーに着く。さすがにここで迷うほど変化はない。前回と同じホテルだし。ただ、ピカデリー駅の前に銅像が出来た。暗かったので、明日明るい時に見ようと思った。

    今日は疲れたので、サブウェイのサンドイッチだけですぐに寝ることにした。Slackの回答お送った後で、だが(涙)

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR