FC2ブログ

    笑顔を放射する選手の契約更新

    インターナショナル・ウィーク明けの11月22日、サディオ・マネが契約更新にサインしたという正式発表が流れた。Liverpoolのクラブが、昨季のフロント3の大活躍を受けて、大幅昇給を伴う新たな長期契約を提示した話は誰もが知るところだった。それに対してボビー・フィルミーノとモー・サラーが今季開始前に立て続けにサインした後で、残ったマネの朗報がなかなか聞けない状況が続いていた。

    今回のインターナショナル・ウィークに入る直前に、マネが「契約の話はエージェントに任せている。僕はフットボールに専念している」と宣言した話が伝わり、ファンの杞憂を刺激した。というのも、全国メディアが「レアルマドリードがマネを狙っている」など、ファンの神経を逆なでする憶測記事を書き続けていたところで、更に、その11月22日の朝方に、ESPNが「マネのエージェントが『トロフィーを取れるクラブ』を探している」という不穏な記事を出したばかりのことだった。

    そんな時に、晴天のへきれきのように出てきた発表に、ファンは一斉に歓喜の声を上げた。「このタイミングがたまらない。Liverpoolもなかなかやってくれるじゃないか、という感じだ」。

    同時に、クラブが契約更新のニュースに際して流したマネのインタビューが、ファンの支持を一層高めた。「Liverpoolファンに対して一言」という質問に、にっこり笑って、「ハーイ、Liverpoolファンの皆さん!」と手を振ったマネの自然なしぐさが、ファンの心を直撃したのだった。

    2016年夏に、移籍金£30mでLiverpoolの(当時)歴代3番目に高い選手となったマネは、89試合で40ゴール18アシストと、堂々たる数字を上げていた。「フロント3の全員が、欠かすことのできない重要さを持っている。中でもサディオは、プレイだけでなく人好きのする性格も手伝って、ファンの圧倒的な人気を誇っている。これまでの言動から、Liverpoolに不満を抱いている要素は微塵も感じられなかったので、何故サインが遅れているのか理解できなかった」と、誰もが笑顔で頷き合った。

    つい先日の11月18日に、セネガル代表チームが赤道ギニアに1-0と勝った試合の後で、マネがピッチを去る時に涙を流したという事件が伝えられた。その試合をTVで見ていたLiverpoolファンが、「信じられないことに、セネガル代表チームの『ファン』が、90分を通じてマネにブーイングを飛ばし続けた」と、怒りに震えながら証言した。「セネガル人のファンから聞いた話だが、このような行動はしばらく前からとのこと。ブーイングをする側の言い分は、『マネはLiverpoolに移籍してからというもの、代表チームでのパフォーマンスは低下した。サウサンプトン時代はこんなにミスはなかったのに』というものらしい」。

    これに対してLiverpoolファンは、「サディオがLiverpoolに戻ってきたら、これまで以上に大きな拍手とチャントで迎えて上げよう」と、強く宣言した。代表チームの「ファン」からブーイングされた選手に対して、Liverpoolファンが雪辱とばかりに応援を強めてきた事例は、80年代のジョン・バーンズ(イングランド代表)の頃から続いていた。

    「試合中に、不調を理由に自分のチームの選手に対してブーイングするような行動は、ファンとして許せないもの。Liverpoolの選手がその立場に立たされた時は、『本物のファンが温かく応援してくれるクラブ』に戻りたくなるように、我々としては一層気合を入れよう」。

    そのファンの決意が聞こえたかのように、マネは語った。「Liverpoolファンは、どんな時でも熱心に応援してくれる。良い時だけでなく悪い時にも、常にサポートしてくれる。そのファンのために、絶対にトロフィーを取りたい」。

    「マネは繊細な神経の持ち主で、自分に厳し過ぎるきらいがある。だから、ミスをした時には特に、我々ファンが大声で励まして自信を取り戻してもらおう」と、マネのチャントはどんな時でもスタンドから鳴り響いていた。

    マネに対する激励を、ユルゲン・クロップが引き取った。「サディオに対する批判は、私が知る限り、本人だけが言っているもの。サディオは、自分がいかにワールドクラスの選手であるか気づいていないように思える」。

    そして、今回のマネの契約更新は、クラブの野望の証明であると同時に、ワールドクラスの選手がプロとしてのピークという年代を捧げる価値のある、トロフィーを狙えるクラブであるという表明だと宣言した後で、にっこり笑って締めくくった。

    「サディオは笑顔を放射する選手」。

    クロップの言葉に、「僕の監督に対する信頼は、これまで何度も言って来た通り」と、マネは笑顔を放射して語った。「ファンや監督、そしてみんなで力を合わせてスペシャルなものを達成したい」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR