FC2ブログ

    アンフィールド要塞の再建

    10月27日の試合前に、カーディフ監督のニール・ウォーノックが、Liverpoolのフロント3は世界のトップであり、アンフィールドで勝つことは不可能に近いとLiverpoolを持ち上げた。折しもカーディフは、その前週に同じく昇格チームのフラムに接戦の末に4-2と勝って、自信を付けていたはずだった。

    これに対してニュートラルなアナリストは、「カーディフは、フラムに勝てなければ心配すべき事態だが、Liverpoolに負けることは危機でも何でもない。むしろ、勝てるはずがないと宣言することで、自分の選手たちのプレッシャーを取り除き、良いプレイができる土壌を作った」と、ウォーノックの発言を支持した。

    いっぽうLiverpoolは、前週にアウェイでハダースフィールドに1-0と勝って、それまでの「降格ゾーンにいるチームとのアウェイの戦績は最近5試合で無勝」の失意の記録を、辛うじてストップしたばかりだった。ユルゲン・クロップ在任中の通算では、下から3位以内のチームには19戦わずか6勝と、「勝てるはずのチームにポイントを落とす」傾向は顕著だった。

    同時に、アンフィールドでは2017年5月以来、連続31試合で無敗、特に今季は対マンチェスターシティの0-0を含め、無失点記録を貫いていたことで、ウォーノックの白旗宣言もあながち的外れではなかった。

    「ユルゲン・クロップがアンフィールド要塞を再建しつつある」と、Liverpool陣営では、地元紙やファンが異口同音に唱えていた。「昨季は106ゴールで100ポイントと、圧倒的な差でリーグ優勝を遂げたペップ・グアルディオーラが、異例な『ポイント狙い』の戦術で臨まざるを得なかったことが、アンフィールド要塞の再築を物語っている」。

    Liverpoolの黄金時代にメディアの定番だった「アンフィールド要塞」とは、アウェイのチームが「ボールを蹴る前から負けを覚悟していた」ものだった。

    「ニール・ウォーノック程の経験豊富な監督が、3ポイントをプレゼントしに来るはずがない」と、クロップは一笑に付した。

    水曜日のCL戦(対レッドスター、試合結果は4-0でLiverpoolの勝利)にゲストとしてアンフィールドを訪れていたディルク・カイトが、クロップの警戒に同意を示した。「Liverpoolを出て古巣のフェイエノールトに戻った時に、最初のシーズンで優勝を逃した。それは、下位のチームにポイントを落としたためだった。今のLiverpoolは、CLで4-0と快勝するようなチームだが、本当の勝負はカーディフのようなチームとの試合」。

    これに対してLiverpoolファンは、「カイトの言葉はその通り。以前はこのような時にいつも、典型的なバナナ・スキンだと心配が浮かんできた。でも今は、この試合で3ポイント以外の結末は想像できない」と、顔を見合わせた。

    ふたを開けるとLiverpoolは、フロント3がカーディフの堅い守りを突き破り、4-1とウォーノックの危惧を実現した。

    近年で、Liverpoolが本格的にリーグ優勝争いに参戦した2008-09季と2013-14季の「強かったチーム」のうちの一人であるカイトに対するファンの人気は、今でも高かった。「カイトがいた頃の2009-10季は、前シーズンから1位上ることを期待していたが、前オーナーのゴタゴタでチームは崩壊してしまった。2014-15季も、複数の事情が重なって夢が散ってしまった。でも、今のチームは監督と選手の顔ぶれを総合すると、前2回よりも自信が持てる」と、ファンは頷き合った。

    「僕がLiverpoolに入った時には、リーグ優勝というのは『期待』だった。でも、今は『自信』になったという感触を受けている」と、カイトがファンの思いを表現した。「選手たちと言葉を交わしても、ファンの声を聞いても、その印象は強まる一方。今のLiverpoolは、誰もがリーグ優勝は可能だと信じている。優勝を成し遂げるには、みんなが自信を持つことがスタートだから」。

    2016年にメイン・スタンドが新装開店し、収容人数が8,000人増えた時に、「アンフィールドのパワーが8,000人分増強されることになった」と、クロップは力を込めて語った。

    「アンフィールド要塞のために、クロップは常に我々ファンに対して、その一端を担うよう要求する。だから我々も、バナナ・スキンの心配などしている余裕はない」と、ファンは笑顔を浮かべた。「近年の2度の挫折は痛かったが、それを乗り越えて、今のチームを信じて進むことが大切」。

    カーディフ戦の後で、クロップは語った。「シーズンは長い。先のことを見ている余裕はない。ただ、今はクラブ全体にとって絶好調の状態にある。ファンとの連携も抜群だ。これを持続することが必要。選手たちは信頼に値する」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR