FC2ブログ

    古風な考え方で最新のテクニックを持つ選手

    今季が開幕したばかりの頃に、LFCTVが特別番組として放映した、ジェームズ・ミルナーとアンディ・ロバートソンの人生相談Q&A(ジョーク)が、ファンの爆笑を買った。現在のLiverpoolで、チームメートから「面白い奴」と言われているミルナーとロバートソンが、ファンからのジョークの質問にジョークで答えるという企画だった。

    その中で、ロバートソンが妙に真面目な反応をしたものがあった。「彼女との初デートですが、どこに行けば良いかアドバイスください」という質問に対して、ロバートソンが「まだデートしてないのだから、『彼女』とは言えないんじゃないの?」とムキになったのだった。ミルナーが絶句しているうちに、ロバートソンが「僕は映画に行ったのだが、£20札(※約3,000円)しか持ってなくて小銭がなかったので困った」と続けた。

    これを見たファンは、「いかにもロバートソンらしい」とほほ笑んだ。それは、昨季CL決勝出場が決定した直後に、ロバートソンがFourFourTwoのインタビューで、奥さん(彼女)とのなれそめを語ったものだった。中学校の1年下だった奥さんと、長年の友達付き合いの末に、ロバートソンがダンディーユナイテッドでプロのフットボーラーとして身を立てることになった時に晴れて「彼女」になったという。

    ちょうどその頃、アマチュアのクラブでフットボーラーの道を目指していた18歳のロバートソンが、「この年齢でお金がない生活とは、つまらないもの」とTwitterでつぶやいた、6年前のポストが飛び交った逸話があった。そして、幸せな家庭を築いた今になって、奥さんから「まだ友達だった頃、あなたは早朝の0時に『誕生日おめでとう』のメッセージを送ってくれた。待ち構えていたんだな、と思った」と言われて、「バレていたのか」と赤面したとのこと。

    「フットボール界の底辺とも言えるクイーンズパークから、努力で成功を勝ち取った真面目なロバートソンは、その古風な考え方で私生活をしっかり固めている」と、ファンはほほ笑んだ。£20札のエピソードも、象牙の塔にいる現在のプレミアリーグのスター選手とは対極にあった。

    「ロバートソンが大好きじゃないLiverpoolファンなど存在しない」と、誰もが頷いた。「古風な考え方で、同時に、プレミアリーグでもトップを争うレフトバックとして、最新のテクニックを持つ選手」。

    そのファンからの応援に対して、ロバートソンは、常に感謝を抱いていると語った。最も気に入っているファンのジョークとして、ロバートソンが高速道路を走ってシティのチームバスを追っかける合成写真を上げた。これは、プレミアリーグのマンチェスターシティ戦で(試合結果は4-3でLiverpoolの勝利)、ロバートソンが走って相手ゴールを襲った場面を元にしたものだった。

    「全力疾走でチームの勝利をもたらしたロバートソンは、その後CLでもシティの目標を奪った。それは、5年前にハムデン・パークのスタッフとして働いていたロバートソンが、大スター選手のバンサン・カンパニをお世話した時には予想すらできない事態だった」と、FourFourTwoは説明した。

    「2013年にベルギーがスコットランドとの親善試合に来た時に(試合結果は2-0でベルギーの勝利)、負傷欠場していたカンパニをスタンドに案内して、マッチプログラムを渡した。もっとも、カンパニは覚えてないと思うけど」と、ロバートソンは笑った。

    そして、2018年9月7日にスコットランド代表主将としてハムデン・パークのピッチに立ったロバートソンと対戦したカンパニは(試合結果は4-0でベルギーの勝利)、「プレミアリーグに来る前からロバートソンを知っていた」と証言した。「2013年にハムデン・パークで彼と会ったという話は聞いたが、もちろん、覚えていた」と反論し、「彼のことを知っていたから、僕はゲームでは彼を自分のチームに入れていた。優秀なレフトバックは希少だから」と、ロバートソンを称賛した。「少年時代にボールボーイをやっていた経歴を持つ選手は少なくないし、ロバートソンもスタジアムで働きながら、Liverpoolのレギュラーの座を勝ち取るに至った成功談の一つ」。

    カンパニが本当に、5年前のスタジアム・スタッフを覚えていたかどうかはさておき、ロバートソンの成功談に関しては、誰も疑う人はいなかった。

    戦力としてロバートソンを見初め、セルチックで挫折してからプレミアリーグのハル・シティの主戦力になるまでのジャーニーに感銘を受け、Liverpoolのレギュラーに育て上げたユルゲン・クロップは、代表チームの主将に抜擢されたロバートソに対して、改めて信頼と期待を語った。

    「アンディは人格的にも優れていて、今後長いことリーダーとして勤める選手であることは間違いない。フットボール界でのキャリアを開始してから、4-5年の間で達成したステップアップは素晴らしい実話だ。まだ24歳という若さで、既にリーダーシップを身に付けた。これから更に伸びて行くことは間違いない」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR