FC2ブログ

    ハングリー精神

    W杯がたけなわを迎えた6月下旬に、今大会の得点王争いに食い込む活躍を見せているベルギーのロメル・ルカクが、プレイヤーズ・トゥリビューン(※各界のプロ選手が自分のおいたちなどを語るメディア)で明かしたエピソードは、イングランドのファンの間で大きな話題となった。

    コンゴ人のご両親の元でベルギーで生まれ育ったルカクは、6歳の時にフットボーラーだったお父さんの引退を契機に収入が途絶え、「お母さんが昼食のミルクに水を混ぜたのを見て、本格的な貧乏生活が始まったと直感した」と、振り返った。間もなく電気が止められ、お母さんは2人の息子に食べさせるパンを、地元のパン屋から『借りる』ために走り回った。ある日、学校から帰って来た時にお母さんが泣いているのを見て、「僕はアンデルレヒトの選手になるから、そしたらお母さんはこんな思いをしなくて良くなるからね」と、ルカクは宣言したという。

    そして12歳の時に、いつもルカクのフットボーラーへの道を見守ってくれていた母方のおじいさんから、妙に真剣な口調で「私の娘をしっかり見て欲しい」と言われた。ルカクは「お母さんのこと?大丈夫だよ」と答えると、おじいさんは「約束してくれ」と念を押すので、ルカクは内心戸惑いながら、「僕にまかせて」と、真顔で答えた。

    「それから5日後におじいさんが亡くなった。その時初めて、あの時の言葉の真相が理解できた」と、ルカクは語った。16歳でアンデルレヒトの選手になり、プレミアリーグで成功して今は2度目のW杯に出ているルカクは、「もう一度だけ、おじいさんと会話できたら、『僕は約束を果たしました。あなたの娘はもう貧乏で泣くことはなくなりましたよ』と言ってあげられるのに」と締めくくった。

    ルカクのバックグラウンドに衝撃を受けたファンは、「今まで知らなかったので、自信過剰な選手だと思っていたが、間違っていた。ミルクを水で薄めて飲んだ記憶が、文字通りのハングリー精神を形成している」と、認識を新たにした。

    折しも、7月1日から正式にLiverpoolの選手になるべくマージーサイド入りしたナビ・ケイタが、地元紙リバプール・エコーの紙面に登場した時のことだった。昨年暮れに、ザルツブルクでの最後のシーズンを迎えていたケイタが、プレイヤーズ・トゥリビューンで明かした「ハングリー精神」は、Liverpoolファンに同様の衝撃を与えたものだった。

    「ケイタは勝つことに執念を持っている、生来のファイターだ」と、ファンは期待を語った。

    物心ついた頃からフットボーラーを目指していたケイタは、ギニアの首都コナクリの街中で、「壊れた古い靴を履いて、もしくは裸足のままで、クルマに轢かれないように逃げながらボールを蹴った」と語った。ストリート・フットボールで育ったケイタは、12歳の時に才能を見出されてフランス・リーグのロリアンにトライアルに行った。

    「初めてのヨーロッパは、言語(フランス語)を除くと何もかも異なっていた。コーチから指示されるフットボール用語は聞いたことがないものが殆どで、何をしろと言われているのか理解できなかった。アカデミーチームの経験がない僕は、知っていたのはストリート・フットボールだけだった。落ちた理由は、戦略を理解できないからだと説明された」と、ケイタは最初の大きな挫折を振り返った。

    「しかし、フットボーラーになるという目標は絶対的なものだった。単にフットボールが好きだったからというだけでなく、家族をサポートするためにプロの選手になる必要があった」。

    その強い決意が実を結び、フランス・リーグのルマンのスカウトの目に留まり、その紹介で2014年5月にザルツブルク入りを果たしたケイタは、自分のバックグラウンドを決して忘れなかった。「故郷を訪れて、街中で裸足でボールを蹴る少年たちを見ると、必ず靴を買ってあげる。できるだけ多くの少年たちに靴を買ってあげたいと思っている。かつての自分がそうだったように、一足の靴は彼らにとって非常に重要なものだから」。

    かくして、財政面での必要性に後押しされてフットボーラーを目指し、スターダムへの道を上り始めたケイタは、フットボール面でのハングリー精神を語った。「ギニアにいた時からCLやプレミアリーグでプレイするサビ・アロンソを見て、憧れていた。そのアロンソとブンデスリーガの試合で対戦した時には、感慨深かった。多くの人のお蔭でここまで到達できたのだと実感した」。

    「でも、僕はまだ目標に向かってスタートを切ったに過ぎない。頂点を目指して頑張り続ける」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR