FC2ブログ

    元ヒーローの正式なお別れ

    6月4日、今季末でマンチェスターシティでの8年間の在籍に終止符を打つことになったヤヤ・トゥーレが、フランス・フットボール誌のインタビューで、「ペップ伝説を破壊させる」と宣言し、ペップ・グアルディオーラを紛糾した。「僕に対する数々の不当な仕打ちを、例えばアンドレス・イニエスタに対してやるとは思えない。何故、僕に対してこんな仕打ちをするのかと冷静に考えた結果、肌の色だと結論に達した」。

    グアルディオーラが監督だった2010年に、ヤヤがバルセロナから出された経緯は有名な話だった。「振り返ると、ペップが問題を起こした相手はアフリカ人選手が多かった」と、純粋な意見として「グアルディオーラは人種差別主義者」と主張したのだった。「もしペップが5人のアフリカ人選手を出場させるようなことがあれば、僕はお祝いにケーキを贈ろうと思っている」。

    2012年にシティが44年ぶりのリーグ優勝を達成した「ヒーロー」の一人として、ヤヤのホームでの最後の試合となった5月9日のブライトン戦(試合結果は3-1でシティの勝利)で盛大な壮行会が催され、クラブから生涯シーズン・チケットが贈呈されるなど、その業績を称える式典がつつがなく行われたばかりのことだった。

    もちろん、ヤヤがシティのクラブに肘鉄を食らわせたことはこれまでもあった。2014年に「誕生日を祝ってくれなかったから出て行く」と騒いだ茶番劇や、最近ではシーズン終幕間もない5月23日に、来季の行く先として宿敵ユナイテッドを「検討している」と公言し、シティ・ファンの神経を逆なでした。

    「ヤヤがペップと仲が悪かったことは誰もが知っていることだし、ペップの悪口を言うのは驚きではないが、根拠なく人種差別呼ばわりとは、許容範囲をはるかに超える邪悪な行為」と、シティ・ファンは異口同音にヤヤを批判した。

    多くのファンは、ヤヤに対する怒りと同時に、裏切られた悲しみに心を痛めた。「ヤヤがピッチでシティのために果たした業績は永遠に記憶に留まると思っていたし、多少のわがままは目をつぶってきた。でも、今回のことで、ヤヤは自分のレガシーを完全に破壊した」。

    折しもその前日の6月3日に、Liverpoolファンが身を引き裂かれる思いを味わった元ヒーローのフィリペ・コウチーニョが、W杯に向けてのウォームアップ親善試合のブラジル対クロアチアで(試合結果は2-0でブラジルの勝利)、1月に出て行って以来初めてアンフィールドに戻ってきたところだった。

    「ファンを絶望に突き落としたまま、お別れも告げずに出て行ったコウチーニョは、正式なお別れのチャンスを得ることになる」と、地元紙リバプール・エコーは感傷的な記事を掲げた。「Liverpoolで5年間マジックを披露し、数々の思い出を作ったコウチーニョが、スタンドからどのように迎えられるかは見もの」。

    シティでリーグ優勝3回、FAカップ1回、リーグカップ2回の栄誉をもたらした末に、大きな裏切り行為で全ファンを敵に回したヤヤに対して、Liverpoolではトロフィーなしで出て行ったコウチーニョは、状況は異なっていた分、ファンの間でも意見は分かれた。

    1月に£142mでバルセロナ行きが発表された時に、ユルゲン・クロップが語った「移籍の背景」は、ファンの記憶に生々しかった。8月に出した移籍リクエストをクラブが却下した後で、9月に復帰したコウチーニョが、20試合12ゴールの大活躍で再びファンの支持を勝ち取ったことが、1月の移籍ウィンドウの後でも繰り返されるか?と考えた結果、クロップが移籍にゴーを出したのだった。

    「この先、戦力として働いてもらえる可能性について、私は100%あり得ないと結論した。話し合った結果、これ以上使うことはできない、と。出さねばならないことは明らかなのだから、今その決断を下すべきだと判断した」と、クロップは説明した。

    「南米の選手がスペインの2大クラブに引っ張られれば勝ち目がないことは分かっていたこと。シーズン途中の重要な時期に出て行ったマイナスはあるが、公の場でクラブの名誉を傷つけるような言動をしたこともなく、5年間マジックを見せてくれて、特に最後の2年間は単身でチームを背負うことが多々あったコウチーニョを、暖かく迎えてあげるべき」という声は、決して少なくはなかった。

    ふたを開けると、殆ど存在感が感じられずに後半に交代してしまったコウチーニョに対して、スタンドからは、少数のブーイングと中立的な拍手が混在した。サブで出場してコップの前でゴールを決めたボビー・フィルミーノや、クロアチアのディフェンスの要として堅い守りを見せたデヤン・ロブレンに対する盛大な拍手に比べると、地味な反応で終わった。

    「バルセロナではスタートは若干苦戦したものの、すぐに頭角を現し、リーグ優勝メダルとコパ・デル・レイ優勝メダルを勝ち取ったように、コウチーニョはブラジル代表チームでもW杯で実力を発揮するだろう。いっぽうLiverpoolは、コウチーニョを失った直後の暗雲は晴れて、トップ4とCL決勝進出を果たした。コウチーニョがいなくなって、ダイレクトな戦略に切り替えたことで、両ウィングのスピードがより効力を発揮したことに加えて、残された選手が責任を果たしたことが大きい」と、エコー紙は結論付けた。

    「コウチーニョを許すかどうか、ではなく、過去の一コマにすることで、お互いに自分の道を前進し続ける」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR