FC2ブログ

    プレミアリーグのポスター・ボーイ

    5月2日に、ローマを通算7-6と破ってLiverpoolがCL決勝進出を決めた時、イングランドの全国メディアが「トレント・アレクサンダー・アーノルドはプレミアリーグのポスター・ボーイになるべき」と絶賛した。

    「世界中からスーパースターが集まっているプレミアリーグで、地元出身で、クラブのアカデミーチームで育ちファーストチームのレギュラーまで上り詰める選手は、ビッグクラブになればなるほど貴重な存在。ましてやCL決勝戦に出るような超ビッグクラブで実現したアレクサンダー・アーノルドは、プレミアリーグの目玉としてクローズアップされるべき」。

    間もなくBBCが、イングランドきってのホットなティーンエージャーとなった19歳のトレントの独占インタビューを収録した。自宅のリビングルームでくつろぐトレントの背景で、ナレーションが流れた。「インタビューの最中に、キッチンでお母さんがお茶を入れ、弟が学校から帰ってくる。プレミアリーグのスター選手のインタビューとは思えない風景です」。

    質問は必然的に、「プレミアリーグの給料」を貰いながら、家族と一緒に住んでいる理由で開始した。トレントの回答はシンプルだった。「十分な給料を貰うようになったからと言って、若過ぎるうちに独立すると、自由が多すぎて間違った生活態度に陥る危険性がある。僕は、毎日家族の元に帰ってきて家族と会話をすることで、正しい精神状態を保っていると思っている。だから、自分も含めて家族全員が、独立すべきと合意する地点に達するまでは、この家を出て行くつもりはない」。

    Liverpoolのファーストチーム・デビューは僅か17か月前、それから急速な上り坂を進んで来たトレントは、良いことだけではなく、ビッグ・マッチでミスを犯してメディアからつるし上げを食らったこともあった。「そんな時、家に帰ってきて家族と言葉を交わすことが、僕にとって非常に大きな支えとなった。家族がいなければ、今の僕はなかった」。

    私生活で家族がトレントを支えていると同時に、フットボール生活では、クラブのアカデミーチームからファーストチームに至るまで、監督コーチ陣、チームメートがトレントを育てて来た。特に、ファーストチームのレギュラーに引き上げてくれたユルゲン・クロップについて、トレントは熱く語った。

    「僕にチャンスを与えてくれた人であり、常にサポートしてくれる、お父さんのような人。お蔭で僕は、監督から信頼されているのだと実感できる。監督とはこうあるべきという、理想的な監督」。

    5月16日に、トレントがW杯のイングランド代表23人に選出された時、そのビッグ・ニュースを本人に伝えたのはクロップだった。

    「監督に呼ばれて、真面目な顔で『今年は夏休みなしだぞ』と言われた。そして、監督はにっこり笑って代表入りをほめてくれた」と、トレントはその時の会話を明かした。「イングランドが、監督から伝えるよう取り計らってくれたことに感謝した」。

    トレントの代表入りは、「無キャップの19歳の若手」という面ではヘッドラインを飾ったが、ライバルチームのファンも含めて、選出の妥当性を疑問視する人は誰もいなかった。

    「子供の頃からずっと、代表入りを夢見てボールを蹴っていたトレントに、頑張りなさいと軽く言っていた。心の中で、どうせ実現しないのだからリラックスしなさい、と思いながら」と、トレントのお母さんは誇らしげに語った。

    「スティーブン・ジェラードがオートバイオグラフィーの中で、トレントのことを書いている、という話を友人から聞いた時、そんなことはあり得ないと笑った。ASDAに行って本を読んで、本当だと知った。あのスティーブン・ジェラードが!その時から私は、『トレントのお母さん』になった」と、ほほ笑んだ。

    6歳の時に、Liverpool FCのサマーキャンプに参加したトレントは、最初のセッションでクラブのスカウトの目に留まり、開始30分後にはアカデミーチーム入りの話になっていた。

    それだけ才能が明らかだったトレントに、目を付けたのはLiverpoolだけではなかった。マンチェスターユナイテッドFCの事務職員だったおじさんの縁で、トレントはサー・アレックス・ファーガソンから声をかけられた。それに対してトレントは、丁寧に断った。「僕のお母さんは高速道路を運転するのは嫌だと言っているので」。

    そしてトレントは、5月26日にはCL決勝のひのき舞台に立つことになった。

    「わが息子が、クリスティアーノ・ロナウドと対戦する?とても現実とは思えない」と、お母さんは目を細めた。

    いっぽうトレントは、「ロナウドやメッシは子供のころからYouTubeで見てきた選手」と目を輝かせつつ、スクリーンの中ではなく本物のスーパースターと対戦することについて、冷静に語った。

    「世界のベスト・プレイヤーと対戦することで自分を試したい」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR