FC2ブログ

    クラブの価値

    4月20日、アーセン・ベンゲルが「慎重に検討し、クラブとも相談した結果」今季末で22年間続いたアーセナル監督職を去る決断を発表した。「このような長い期間に渡って、このクラブに忠誠を尽くせたことを光栄に思う。このクラブをスペシャルなクラブにするために努めている人々に感謝している。クラブのスタッフ、経営陣、そしてファンの方々。チームが出来る限り良い成績で終われるために、ファンの方々にはサポートをお願いしたい」。

    「そして、アーセナルを愛する人々に、このクラブの価値を守り続けることをお願いしたい」。

    これに対して、ベンゲルの下で働いた新旧選手たちから感傷のこもったメッセージが出た。真っ先にSNSにポストした中にアレックス・オクスレイド・チェンバレンがいた。「あなたが僕を信頼してくださったその恩は永遠に忘れられません。いろいろなことを教えてくださり、常にサポートしてくださいました。監督、ありがとうございました」。

    そしてメディアが一斉にベンゲルの22年間の業績を称える中で、少なくない全国紙が「ベンゲル退陣の真相」と題する記事を掲げた。いわく、前週末のニューカッスルでの敗戦(試合結果は2-1でニューカッスルの勝利)が最後の楔となり、オーナーはベンゲルの解任を決定した。そこでベンゲルは、クビになる前に自分から去る決意を下した、というものだった。

    アーセナルの「ファン」という人々が、ベンゲルの退陣を求めるバナーやプラカードを掲げる姿はここ1-2年で顕著になっていた上に、今季のプレミアリーグでもトップ4入りが困難になった2-3か月前から、エミレーツ・スタジアムでは空席が目立つようになった。ダメ押しが、来季のシーズンチケット更新を見送る件数の激増だった。

    そんな中で、チームを問わずライバル・ファンの見解は一致していた。「ベンゲルは、イングランドのフットボール界に改革をもたらした偉大な監督。確かに、近年はチームの成績や選手の停滞もあり、タイミングを誤ったきらいはある。しかし、自分のチームの応援に出かけたはずのファンがスタンドでアンチのプラカードを掲げるような、そんな処遇は不条理としか言いようがない。ましてやベンゲルが22年間の在任に終止符を打つ決意を明らかにした今、その業績を評価し、心から感謝して送り出すこと以外の『裏話』などを掲げるメディアには嫌悪感を禁じ得ない」。

    Liverpoolファンも例外ではなかった。「メジャーなトロフィー10、それ以外に決勝進出は数えきれない。ベンゲルはアーセナルのクラブ史上最も重要な人物の一人として永遠に名を刻んだ。正直、1年前に去るべきだった、という意見は否定しないが、ファンとしては、チームが勝てない不満の矛先は間違っていた」。

    ベンゲルがアーセナル監督に就任して以来、イングランドのフットボール界にもたらした改革は、フランスやその他の国から有能な若手選手を発掘し、テクニカル面を一新させたなどのピッチ上の事象だけではなかった。食事や飲酒などの生活習慣の改善、トレーニング・グラウンドの設備の充実、そして「アーセナルのようなビッグ・クラブにとってハイバリー(※アーセナルの旧ホーム・スタジアム)は小さすぎる。クラブの発展のために、6万人収容の新スタジアムが必要」と唱えた。それらは、今ではプレミアリーグの殆どのクラブが採用し、イングランド・フットボール界の標準となった。更に、スタジアム新築の費用捻出のために、選手補強投資を緊縮しながら、チーム力を維持したのもベンゲルだった。

    「22年間のうち20年間連続CL出場を達成した、それもネット収支ではサンダーランドよりも少ない金額で。オーナーがCL出場で収入が入ってくるからと胡坐をかいている傍ら、ベンゲルはクラブの価値を守るために一人で働いた」。

    ベンゲルが、折に付けLiverpoolファンを称賛したことは有名な話だった。アーセナル・ファンの「アンチ」の動きが目立ち始めた2016年11月には、「私が最も好きなスタジアムはアンフィールド」と宣言し、Liverpoolファンの間でも大きな話題になった。「Liverpoolは、ビッグ・クラブの中で最も深淵なファン・ベースを誇り、スタジアムには常に特別のバイブレーションがみなぎっている」。

    そして、重大発表の直後のウエストハム戦で、エミレーツ・スタジアムのスタンドでは、アンチのプラカードに代わって「ありがとうベンゲル」のバナーを掲げるファンの姿があった。アーセナルが4-1と勝った試合後の記者会見で、ベンゲルは語った。

    「ファンが喜んでくれる姿を見ると、私は嬉しくなる。ファンが喜んでくれるためならどんな苦労もいとわない、と思っている」。

    「このクラブは世界中で敬意を受けている。イングランドよりも遥かに高く評価されている。このところのわがクラブのファンは、私が望むクラブのイメージに沿っているとは思えなかった」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR