FC2ブログ

    歴史的勝利

    1月14日、アンフィールドでのマンチェスターシティ戦(試合結果は4-3でLiverpoolの勝利)は、その日のハイライト番組や全国メディアが一斉に「プレミアリーグのプロモーションにふさわしいクラシック」と絶賛した。今季それまで22戦無敗で、2位に15ポイント差で首位を独走するシティにLiverpoolが初黒星を与えたことや、攻撃力ではプレミアリーグのトップを争う両チームが期待通りのゴール・ラッシュで白熱した試合となったことで、「世界中のフットボール・ファンにプレミアリーグの魅力を披露した」と、イングランドのメディアは鼻を高くした。

    そして、両チームの地元紙のレビューは、必然的とも言える程に同期を取っていた。リバプール・エコー紙が、ペップ・グアルディオーラの試合後のLiverpoolに対する賞賛のコメントを好意的な文面でトップに掲げたのに対して、マンチェスター・イブニング・ニュース紙は、ユルゲン・クロップのシティへの絶賛をクローズアップした。

    「ユルゲン・クロップが『歴史的勝利』と表現した事実が、シティが大いに自信を得るべき実態の表現。ヨーロピアン・カップ優勝5回のLiverpoolの監督が、シティを破ったことの意味を多大なことだと語ったのだから」と、同紙は強調した。「シティは素晴らしいチームで、恐らくもう敗戦することはないだろうから、我々は誇るべきことをやった、とクロップは語った」。

    「内容的にはLiverpoolが圧倒的に優位だった。それなのに、クロップは4-3という僅差の勝利は正当だとすら言った」と、同紙はクロップを絶賛した上で、クロップのLiverpoolを褒めちぎった。「ペップは何度も言っていた。今の激戦プレミアリーグで無敗でシーズンを終えることは不可能に近く、必ず負けるだろう、と。その『不可避の敗戦』を食らった相手が、真っ向から攻撃してシティを制したのだから、シティ・ファンも納得する敗戦だった」。

    いっぽう、リバプール・エコー紙は、「Liverpoolが強かったから我々は負けた、とグアルディオーラは開口一番に相手チームを讃えた」と、グアルディオーラの言葉を引用した。「素晴らしい試合だった。Liverpoolは良いスタートを切り、優位に立った。その後は我々も調子を上げたが」。

    「我がチームにとっては今季初敗戦となった。しかし、それは我がチームが既にどれほどのことを成し遂げたか、ということの証明でもある。この敗戦は、これが現実なのだと肯定的に受け止めるべきだと思っている」。

    グアルディオーラは、シティはアンフィールドの大声援に押された、と敗因を語った。「ただ、我々が大声援にひるんでダメなプレイをしたのではなく、Liverpoolが良かったから負けた。それは、フットボールにとっても良いことだったし、我々にとってもプラスに働くという自信がある」。

    グアルディオーラの潔いコメントは、Liverpoolの地元紙とファンの敬意を引き出し、同時にクロップの言葉は、マンチェスターシティの地元紙とファンに拍手をもたらした。少なくないシティ・ファンが、「アンチ・フットボールに徹し、0-0狙いで来るチームに対して、クロップのLiverpoolはお手本を示した」と笑顔を浮かべたことが、クロップが「歴史的勝利」と表現した、この試合の意義を物語っていた。

    そんな中で、Liverpoolファンにとっては、純粋な「相手に対する敬意」に加えて、クロップが「歴史的勝利」と言った言葉のもう一つの意味をかみしめていた。

    「フィリペ・コウチーニョを取られたLiverpoolはトップ4の望みも断たれた、と世の中のアナリストが冷笑する中、クロップは『Liverpoolのシャツのために全力を尽くす』選手たちを指揮し、プレミアリーグ優勝ほぼ決定のチームに対して、正面から戦って勝った。それは、クロップと残された選手たちの『宣言』だった」。

    ベスト・プレイヤーに出て行かれる近年の負の連鎖を食い止め、選手がLiverpoolをキャリアの頂点と据えるステータスを名実ともに復元することをミッションの一つとして掲げて入ってきたクロップにとって、コウチーニョのぶり返しは痛かったし、その一人だったラヒーム・スターリングのアンフィールド訪問は、ファンにとっても歴史的な意味を持っていた。

    それだけに、昨年夏に£8mの移籍金で降格したハル・シティから入ってきたアンディ・ロバートソンが、全力で走りスターリングを手玉に取った果敢なプレイは、ファンの心を打った。

    「何度かボールを奪った時に、スタンドのファンが僕の名前をチャントしてくれた。あれを聞いて全身が奮い立った」と、ロバートソンは試合後のインタビューで語った。「これまでもずっと、全面的にサポートしてくれていたファンには感謝していたが、今日の試合は特別だった」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR