FC2ブログ

    ジェームズ・ミルナーの「たいくつ」コメント

    12月22日のアーセナル対Liverpoolのプレミアリーグ戦が、全国メディアの間で「マッチ・オブ・ザ・ウィーク」と絶賛を受けた。Liverpoolが2-0とリードした後で、アーセナルが53-58分の5分間に3ゴールで逆転、最後は71分の同点ゴールで3-3と引き分けた試合は、TVで見ていた第三者の目には興奮ものだった。

    ただ、内容的に優位に立ちながら、得点チャンスを逃しているうちにミスから失点し、2ポイントを逃したLiverpool陣営は、渋い顔が浮かんでいた。

    その時、スカイTVの試合後のインタビューで、ジェームズ・ミルナーが、「あれほど優勢に試合を進めていたのに決められなかった。我々はもっと『たいくつ(ボーリング)』になる必要がある」と、失望と反省を語った表現が、イングランド中のファンに大うけし、同じくらい大きなヘッドラインを飾ることになった。第三者に絶賛される面白い試合をして1ポイント取るよりも、「たいくつ(ボーリング)」でも良いから3ポイントを死守すべき、というミルナーの意図は誰の目にも明らかだった。

    しかし、例の「たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」というTwitterのパロディ・アカウントがあまりにも広まり過ぎたため、今回のミルナーの真面目なコメントが爆笑を買ったのだった。Liverpoolファンの間でも、「ミルナーの口から『たいくつ』という言葉が出たので、思わず吹き出してしまった」と、笑顔が浮かんだ。

    すっかりフットボール界に定着した「たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」は、地道にパロディのメッセージをポストし続けていた。

    その中に、昨2016-17季3月のマンチェスターシティ戦の直後のものがあった(試合結果は1-1)。「エムレ・ジャンが、なんでシティ・ファンが僕に対してブーイングを飛ばすのか?と質問したので、スタンドを見たところ、目に入ったのは空席だけだった」。

    その頃には明らかに耳に着くようになっていたシティ・ファンのミルナーに対するブーイングについては、少なくない全国メディアが、「シティ・ファンは、わずか2年前までミルナーが誇りを込めてシティのシャツを着て全力を尽くした実績を忘れてしまったようだ」と、批判を掲げた程だった。それを、ユナイテッド・ファンの枕詞である「エティハド・スタジアムの空席」ネタで軽いパロディに仕上げたものだった。

    シティ・ファンのミルナーに対するブーイングは、2016年3月のアンフィールドでのプレミアリーグ戦(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)がきっかけだった。Liverpoolは、その試合で3日前のリーグカップ決勝戦(試合結果は1-1、延長の末PK戦でシティが優勝)の雪辱を果たしたのだが、PKを決めたミルナーが、アウェイ・サポーター・スタンドの目の前で、右手で何かを振り回すようなしぐさでゴールを祝った、そのジェスチャーがシティ・ファンの反感をそそる結果になった。

    「選手が古巣との対戦で得点した時に、ゴールを祝わないことがファンに対する敬意だ、という説には特に賛成はしていない。だから、ミルナーが祝ったことを責める気はない。ただ、あれは、ヤヤ・トゥーレがリーグカップ決勝でPKを決めた時にシャツを脱いで振り回した、あのジェスチャーをパロッたもので、ミルナーはシティに対して反感を投げつけた」という動揺の声がシティ・ファンの間で上がった。

    ミルナーがあのジェスチャーをした理由は定かではないが、シティ・ファンのブーイングを招き、たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」のパロディにネタを提供することになった。

    それでもミルナーが、「誇りを込めてシティのシャツを着て全力を尽くした」5年間の経験は、今のLiverpoolの中でも大きなプラスに働いていることは、アンディ・ロバートソンの証言からも明らかだった。

    夏にハル・シティからLiverpoolに移籍したロバートソンは、当初の予定ではミルナーからレフトバックのポジションを引き継ぐはずだったが、アルベルト・モレノの復調の陰でチャンスが得られない日々を過ごした。そして、モレノの負傷をきっかけにチーム入りしたロバートソンは、安定したプレイでレギュラーの座を確保するようになっていた。

    「ミリー(ミルナー)は、あのパロディ・アカウントとは正反対の人物。控室で最もジョークを振りまく張本人」と、ロバートソンは笑顔で語った。「僕のような新入りの若手に対して、ものすごく面倒を見てくれる。ミリーのように長いことビッグ・クラブで活躍してきた先輩の、経験に基づく言葉は、若手にとっては貴重なアドバイス」。

    「僕にとっては、これが初めてのビッグ・クラブ。最初は学ぶことが多くて苦戦したが、その時にミリーが励ましてくれた言葉は心に響いた。お蔭で、僕は自信を保ちながら、チームに役に立てるよう頑張り続けることができた」。

    「何年もの長い契約の、僅か2-3か月経過したばかりで、何もかもこれからだ、たっぷり時間があるのだから、焦らず着実に成長しなさい、と教えてくれた」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR