FC2ブログ

    壊された'ファブ・フォー'

    12月10日の通算229回目のマージーサイド・ダービーを控えた12月4日、年明け1月6日の週末に行われるFAカップ3回戦の組み合わせが発表され、初ラウンドでいきなり「FAカップ・ダービー」となったことで、地元の両陣営から大音量の反響が上がった。

    折しも、エバトンは「チームを降格から救う」実績を持つサム・アラダイスが新監督に就任し、リーグ2連勝で順位表の中頃まで上がってきたばかりだった。対するLiverpoolは、リーグ連勝に続き、12月6日のCL最終戦では「ファブ・フォー(※)」というニックネームが定着していた、サディオ・マネ、モー・サラー、ロベルト・フィルミーノ、フィリペ・コウチーニョの4人の攻撃が爆発し、スパルタクモスクワを7-0と破ってCLグループラウンド首位勝ち抜きを決めた時のことだった。

    ※オリジナルは、60-70年代に世界を一世風靡したビートルズを賞賛するニックネーム(The Fab Four)。リバプール市の4人組ということでメディアから授かった。

    すかさずジェイミー・キャラガーが、「気の毒なエバトン・ファン。クリスマスだけでなく、新年も頭痛で寝込ませられるとは」と、ジョークをSNSにポストして、世の中の笑いを買った。

    これに対して、リバプール市出身で筋金入りのエバトン・ファンで有名な、元WBC世界クルーザー級王者のプロボクサー、トニー・ベリューが「ダービーが近づくと頭痛がひどくなる」と告白し、地元のファンの気持ちを代弁した。

    「最後にアンフィールドで勝ったのは1999年のこと。以来、僕は3人の子供たちの父親になり、プロボクサーとして数えきれないほどのパンチを食らった」と、ベリューは悲痛な表情で語った。「子供の頃は、ダービーと言えば期待と興奮で胸を膨らませる行事だった。それが今は、不安をこらえながら試合に向かい、首をうなだれて帰途に着く、悪夢の代名詞になった」。

    リングでパンチを食らうのとダービーで負けるのとどちらがより痛いか?との質問に、ベリューは苦笑を浮かべた。「パンチを受ければ体が痛む。それに比べて、ダービーで負けた時の精神的苦痛は深く、長いこと消えない。エバトン・ファンにとってアンフィールドはストレスの住処」。

    ベリューの悲痛な言葉に、エバトン・ファンが一斉に頷いた横で、キャラがポツリと言った。「先日は、Liverpoolがエバトン・ファンを『クリスマスだけでなく、新年も頭痛で寝込ませる』と言ったが、しかし逆の結果になれば、僕自身がつるし上げを食らうことは覚悟している」。

    ふたを開けると、キャラの「覚悟」が現実となった。

    Liverpoolは過密日程のローテーションを貫き、スパルタクモスクワ戦から6人交代したチーム編成で臨み、ポゼッションで80%の優位に立ちながらも得点チャンスを逃しているうちに、77分のPKで1-1と引き分けに終わった。

    いっぽうエバトンは、週中のEL最終戦では既に敗退が決定していたこともあり、ダービーに備えて主力を全員休ませ、若手チームで臨んだ(対アポロン・リマソール、試合結果は0-3でエバトンの勝利)。その気迫が結果を呼んだ。

    「先制された後でも堅い守りを崩さなかったアラダイスの戦略がPK判定を呼んだ。結果は引き分けで、1999年以来無勝の残念な記録は破れなかった。でも、エバトンの最多パスがGKのジョーダン・ピックフォードという数字の通り、不利な展開を打開して得たこの1ポイントは、エバトン・ファンにとっては勝利のようなもの」と、地元紙リバプール・エコーの青いページが勝利宣言を掲げたのに対し、赤いページは「敗北のように感じた1ポイント」と沈んだ。

    Liverpoolの「敗因」については議論が分かれた。「ソフトなPK」と、レフリーの判定を非難する声と並行して、「ゴールに背を向けていた選手に触れた無謀な守りが自滅を呼んだ」という説が飛んだ。ダービーでローテーションを貫いたユルゲン・クロップに対する批判も少なくなかった。

    そんな中で、エコー紙(の赤いページ)が、「壊された'ファブ・フォー'」という見出しの記事を掲げた。

    「ユルゲン・クロップは、スパルタクモスクワ戦の後で、'ファブ・フォー'という表現に対して異論を唱えた。『良くやっているのは4人だけではないのだから、他の選手たちに対して失礼だ』と。2ポイントを落とした責任は自分にあると認めながらもクロップは、'ファブ・フォー'を壊したチーム編成を『正しかった』と主張した」。

    「アラダイスのエバトンが守り固めで来ることは誰もが予測したこと。1-0になった後で、'ファブ・フォー'の片割れの一人であるサディオ・マネが、絶好の追加点のチャンスを外した場面があった。右側にはドミニク・ソランケとアレックス・オクスレイド・チェンバレンがフリーだったのに」。

    「ローテーションがうまく回るには、'ファブ・フォー'が'他の選手たち'と協力して勝ちを得ることが必須。そのクロップの戦略を無にするような一瞬のミスが、2ポイントを吹き飛ばし、Liverpoolファンを頭痛で寝込ませた」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR