FC2ブログ

    ウェンブリーのミニ優勝パレード

    プレミアリーグの試合がないインターナショナル・ウィーク中は、あちこちで様々な総まとめ特集記事が出没する。その一環で、デイリー・メール紙が「チェルシーの余剰戦力ベスト・イレブン」と題して、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカク、モハメド・サラー、ダニエル・スタリッジらスター選手を集めて強豪チームを編成した。

    笑いながら見ていたLiverpoolファンは、「アンダー20W杯チャンピオンで最優秀選手のドミニク・ソランケと、アンダー17W杯チャンピオンで得点王のリヤン・ブルースターが、数年後にこのリスト入りするだろう」と頷きあった。

    ブルースターの準々決勝、準決勝での連続ハットトリックで決勝進出したイングランドが、5-2とスペインを破ってアンダー17W杯に輝き、全国メディアはお祝いムードで大騒ぎしていた時のことだった。

    しかし、全国メディアのバンドワゴンに先駆けて、Liverpoolファンの間でブルースターの成長が頻繁に話題に上がるようになったのは、昨季後半のことだった。ユルゲン・クロップの若手育成方針の一環で、ファーストチームのトレーニングに定期的に合流するようになったブルースターは、16歳で既に、年齢層をスキップしてアンダー23チームに定着しつつあった。

    「アンダー23でも全く見劣りせず、堂々とプレイしている。ブルースターは、順調に育てば、来季はファーストチームでカップ戦のベンチ要員に入るだろう」と、時間が許す限りユース・チームの試合も見に行く地元の熱心なファンの間で、頻繁に名前が上がる存在になった。

    そしてブルースターは、17歳になったばかりの昨季4月のクリスタルパレス戦で、プレミアリーグのベンチに入ることになった。ファーストチームの負傷者続出という状況の中で、Liverpoolは苦戦の末に1-2とパレスに敗れ、若手に経験を積ませる余裕がないまま終わったが、しばらく前からブルースターの成長を楽しみにしていたファンにとっては嬉しい誤算だった。

    それがブルースターにとって大きなステップとなったことは、9月にイングランド・アンダー17代表チームでW杯に出かける前に、LFC TVのインタビューで語った言葉からも明らかだった。

    「フットボール生活で最高の出来事は?」という質問に、「パレス戦でベンチ入りできたこと」と、ブルースターは大きな笑顔を浮かべた。「あの場に到達するまでには、僕はまだまだ成長しなければならない面がたくさんある。でも、プロのスター選手に交じって、プレミアリーグの試合でベンチ入りできたことは、僕にとっては超現実的な経験だった」。

    2014年に、14歳でチェルシーのアカデミーチームからLiverpoolに来たきっかけは、コーチのマイクル・ビールの転職だった。その時にお父さんが、ブルースターの成長のためにLiverpool入りを決めたのだった。「それは正しい決断だった」と、お父さんは振り返った。「Liverpoolに入ってからというもの、リヤンは毎日笑顔を絶やさない。リヤンはLiverpoolが大好きで、Liverpoolもリヤンを大切にしてくれている」。

    そのお父さんの言葉は、ブルースターに「超現実的な経験」を与えた時のユルゲン・クロップの説明でも裏付けられていた。Liverpool監督に就任して2日目に、アカデミーチームの親善試合を見学していた時に、クロップはブルースターと初対面した。

    当時15歳だったブルースターが、アンダー16チームの試合を50分で引き上げて、アンダー18の試合に出るようコーチから命じられた。小走りにクロップ一行の前を通り過ぎたブルースターは、ふと立ち止まり、おもむろに戻ってきて、クロップに自己紹介して握手を求めたという。

    クロップは「ものすごく気に入った!」と叫び、以来、ブルースターの成長を注目するようになったという。

    そして、ブルースターのW杯優勝達成に際して、クロップを始め、ファーストチームの先輩から次々とお祝いが飛んだ。トレーニングでよく面倒を見ているジニ・ワイナルドゥムは、「初めてファーストチームのトレーニングに来た若手は、普通は物おじして小さくなっているが、リヤンは違った。先輩に対する敬意を保ちながら、堂々と自分を表現した。見込みがあるなとピンときた」と、口をほころばせた。

    ファンや、ファーストチームの監督と先輩の熱い期待に応えてW杯優勝という偉業を達成し、マージーサイドに戻って来たブルースターは、11月10日、Liverpoolアンダー23チームのカップ戦に出場した(対ニューカッスル・アンダー23、試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)。同じ頃、ウェンブリー・スタジアムでは、イングランド対ドイツの親善試合に先駆けて、イングランド・アンダー17代表チーム一行がW杯優勝披露式典に招待されていた。

    ブルースターは、9万人の観客の拍手を浴びるチャンスを辞退して、雨のマージーサイドで381人の観客の前で試合に出る方を選んだのだった。

    「リヤンは、ウェンブリーのミニ優勝パレードよりも自分のクラブの試合を優先した」と、Liverpoolアンダー23コーチのニール・クリッチュリーは目を輝かせた。「試合に出て、成長することが自分のやるべきことだと知っているから。W杯優勝の前と後とで態度の違いは微塵もない。優勝で自信を付けたことが唯一の変化」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR