ボビー・フィルミーノ

    9月16日、Liverpoolはバーンリー戦に1-1と引き分け、前週のマンチェスターシティ戦の大敗(5-0)のショックからの立て直しを図って臨んだアンフィールドでの2連戦に2分と失意の週を締めくくった(9月13日のCLセビーリャ戦で2-2)。その翌日、母国ブラジルのメディアのインタビューで、フィリペ・コウチーニョが初めて「夏の移籍のゴタゴタ」について語った。

    「他のクラブから誘いを受けて、僕自身も家族も乗り気になった。それは誰もが知るところだと思う。非常に辛い1か月だった」と、コウチーニョは明かした。「しかし、それは過去の話。今は、Liverpoolで新たなシーズンを迎えて、全力を尽くすことに集中している。Liverpoolに対しては常に敬意を抱いてきた。偉大なクラブ、素晴らしいファン。トップの人々も」。

    「他のビッグ・クラブから興味を持ってもらえたのは光栄。でも、Liverpoolもビッグ・クラブだし、このクラブでプレイできることを誇りに感じている」。

    つまり、バルセロナに入る望みが絶たれた後で、コウチーニョは心機一転Liverpoolで頑張る、という決意を表明したのだった。

    これに対して、大多数のファンの意見は一致していた。「プレミアリーグ開幕戦の前日に移籍リクエストを出したことや、『架空の腰痛』で試合に出なかったなどについて、反感を抱き続ける気は全くない。Liverpoolの選手として留まったのだし、ピッチの上で過ちを償ってくれれば、心から応援する」。

    それは、セビーリャ戦で72分のサブで今季初出場を遂げたコウチーニョに対して、スタンドのファンが盛大な拍手で迎えたこととも同期をとっていた。同じように、この夏に出て行く噂の渦中になった末に留まった、他のクラブのスター選手が、ファンからブーイングの洗礼を受けた事例が多い中でのことで、全国メディアは「さすがLiverpoolファンだ」と称賛した。

    ただ、背景には、コウチーニョの「事件」の最中に、Liverpoolファンの間で、「結局、スペインの二大クラブから狙われたら、殆どの選手が、特にラテン系の選手が心を惹かれるのは仕方ないこと。その前提で、Liverpoolにいる間、このクラブに全力を捧げる選手に対しては、我々も全力で応援する」という決意があった。

    その中で、少なくないファンが指摘した。「コウチーニョは、半年前に契約を更新した際に、違約金条項を付けていなかったことが決定打となった。その意味では、狙われたのがボビー・フィルミーノだったらLiverpoolはあっさり負けていた」。

    フィルミーノが2015年にホッフェンハイムからLiverpool入りした時の契約に、100mユーロの違約金条項が付いていることは誰もが知っていた。現在の為替レートでは£92mだった。「2年前なら破格の金額だったが、今では『有能な選手』の相場。Liverpoolは、早いうちにボビーの契約から違約金条項を取り除くか、大幅に上げるべき」。

    実際に、Liverpoolファンの間で、フィルミーノ人気は急上昇していた。CL予備戦勝ち抜きを決めたホッフェンハイム戦(試合結果は4-2でLiverpoolの勝利)で、マン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたフィルミーノについて、地元紙リバプール・エコーは、「親しい友人であり、こんなカッコいい選手が同じチームにいるというのに、コウチーニョは何故、Liverpoolを出て行こうとしているのだろう?」と、半分ジョークを込めて絶賛した。

    この試合の解説を担当していたスティーブン・ジェラードも、フィルミーノを「超人的」とべた褒めした。「昨季末にLiverpoolのチーム一行に交じってオーストリアに遠征した時、トレーニングで最も感銘を受けたのがフィルミーノだった。こんな凄い選手と1シーズンでいいから一緒にプレイしたかった、と残念に思った」。

    プレミアリーグ初シーズンの2015-16季は、ややスロースタートを切ったフィルミーノは、その10月のユルゲン・クロップの監督就任をきっかけに、飛躍的に向上した選手の一人となった。「Liverpoolがフィルミーノを獲得した時に、正直、驚いた」と、クロップは来て早々に語った。「私は同じリーグの選手としてフィルミーノをずっと注目していた。でも、ホッフェンハイムはヨーロッパのカップ戦に出ていたわけでもないのに、どうやってイングランドのクラブがフィルミーノを発見したのか?と」。

    「同時に、ヨーロッパ中に知れ渡った選手でなかったからこそ、わずか£29mで獲得できたと思う。それは、Liverpoolのスカウト陣の有能さの証明でもある」。

    クロップの言葉通り、フィルミーノは、瞬く間にLiverpoolの攻撃陣の中枢となり、Liverpoolファンの「ボビー・フィルミーノ」チャントはスタンドの定番になった。

    それに対して、フィルミーノは、「ファンが付けてくれた『ボビー』というニックネームを気に入っている」と、笑顔で語った。「ファンが僕を名前をチャントしてくれるのを聞くと心から勇気が湧く」。

    セビーリャ戦のファイナル・ホイッスルの直後に、フィルミーノが目をくぼませていた表情がファンの脳裏に焼き付いた。PK失敗したことで、結果的に「決勝ゴールを逃した」責任を感じていた様子に、ファンは異口同音に叫んだ。「みんながボビーのような気合を持っていれば、毎試合楽勝だろうに」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR