スカウス・ハートビート

    7月7日、トレント・アレクサンダー・アーノルドがLiverpoolとの新契約にサインしたことが発表された。僅か7か月前に5年契約を結んだばかりだったため、その目的は一目瞭然だった。アカデミー出身の18歳の若手が、Liverpoolのファーストチームの戦力として認められた結果、その役割に見合う給料が約束されたのだった。2016-17季にファーストチーム・デビューを果たしたトレントは、クラブの最優秀若手選手賞に輝く活躍を見せ、ファンの間では「このまま成長すれば、来季はナサニエル・クラインを追い抜いくのではないか」という声すら上がっていた。

    契約に際する喜びと共に、トレントは大きな野心を語った。「Liverpoolファンの家系でLiverpoolファンとして育った僕にとって、スティーブン・ジェラードが憧れのヒーローだった。僕の目標は、Liverpoolでスティーブンのような偉大な主将になること。昨季はLiverpoolでデビュー出来て、夢が実現した。でも、Liverpoolの主将になるまでは目標達成とは言えない。その目標に向かって、毎日向上し続ける」。

    昨季中にクラブに戻って来て、2017-18季からはアンダー18チーム監督としてスタートすることになったジェラードは、後輩スカウサーのトレントを見込んでおり、顔を見る度にアドバイスを与えていた。

    「監督から毎日受けるアドバイスには、しっかり耳を傾けている。それだけではなく、スティーブンから直々に言葉を掛けてもらえる環境にいて、僕は恵まれていると思う」と、トレントは顔を輝かせた。「今の僕は、全ての面でもっともっと向上させる必要がある。頑張って成長したい」。

    ファンの間でも、特に地元出身でアカデミー育ちのトレントに対する期待は強く、今回の動きは満場一致で大歓迎だった。「これはクラブの勝利。トレントのように頑張れば、自分もチャンスを与えてもらえるし、評価してもらえるのだ、と、若手にとっては大きな励みとなるだろう。Liverpoolのアカデミー選手だけでなく、全国の若手に対してクラブの姿勢をアピールした」。

    折しも、全国ニュースは別のスカウサーに焦点を当てていた。エバトンのアカデミー出身のウェイン・ルーニーは、18歳だった2004年に、£27mでマンチェスターユナイテッド入りし、英国で最も高いティーンエージャーとなった。そのルーニーが、13年ぶりに古巣に戻ることになったのだった。

    熱烈なエバトン・ファンの家系で育ち、「Once A Blue Always A Blue(永遠にエバトン・ファン)」と宣言していたルーニーは、出る時にエバトンとゴタゴタした経緯もあり、エバトン・ファンの目の前でユナイテッドのバッジにキスをするという過ちを犯した。

    しかし、7月9日に正式に発表された古巣帰還に際して、ルーニーは「永遠にエバトン・ファン」だった真相を明かし、少なくないエバトン・ファンの怒りを鎮めた。「エバトンのシャツを着るのが楽しみでしょうがない。今までは大っぴらに言えなかったが、エバトン・ファンとしての気持はずっと変わらなかった。ここ10年間、息子と一緒にエバトンのパジャマを着ていた」。

    ただ、それほど好きだったエバトンに戻ることになった理由は感傷だけではない、とルーニーは真顔で語った。「エバトンでトロフィーを取りたい」。

    実際に、エバトンは2016年2月に現オーナーの資金が加わって、新スタジアム計画も順調に進む中で、この夏だけで戦力補強投資は£90mに達していた。本腰を入れてビッグ・クラブのステータス奪還を目指すエバトンにとって、ルーニーの経験は大きな要素となる。

    Liverpoolファンは、「ユナイテッド・ファンの『You scouse b***ards(スカウサー野郎)』チャントの反撃で、『君たちの主将はスカウサー』と言えなくなるのは残念だ」とジョークを言いながらも、ルーニーのエバトン帰還のプラス面を認識していた。

    「ユナイテッドの史上最多得点記録を塗り替え、リーグ優勝5回、CL、EL、FAカップ、リーグカップ3回とあらゆる栄誉を取ったルーニーは、エバトンの機動力となるだろう。そして、エバトンのアカデミーから出て来たスカウサーのトム・デイビスら若手に大きな刺激を与えるに違いない」。

    ファンの言葉を裏付けるかのように、ユルゲン・クロップは、スカウス・ハートビートの重要性を語った。「トレントはこの町で生まれ、このクラブで育った、このクラブのチーム・カラーが静脈から全身に流れている若者」。

    「そのトレントの『出世』について、アカデミーチームのスタッフは大いに誇りを感じている。彼らがトレントを一人前の選手になるよう指導したのだから、それは当然のこと」。

    「トレントは、クラブでも私生活でも、絶好の環境で最適の人々に囲まれている。その中で、非常に素直で前向きで、決して有頂天にならない性格を身に付けてきた。それでいて、とても高い目標を抱き、それに向かって真剣に頑張っている。アドバイザーの存在は重要だが、最終的には本人にかかっている。本人の努力でここまで来たのだし、どこまで到達できるかも本人次第」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR