選手のファンとの接点

    6月22日に正式にLiverpoolとの契約にサインし、待ちに待った発表となったモハメド・サラーの、初日の様子がLFC TVで放映され、世界中のLiverpoolファンに感激を与えた。それは、メルウッドで諸手続きを終えた後で、サラー本人の強い希望で、アンフィールドを訪れてスタジアム・ツアーをやった時のエピソードだった。その途中でスタジアム・ツアーのセッションに遭遇したサラーは、驚いて目を丸くするツアー参加者のファン一行の中に飛び込んで行き、明るい笑顔でファンと会話を交わし、記念写真に応じたのだった。

    かくして、ファンと積極的に接点を持つサラーの気さくな人柄は、ファンの間で一気に人気爆発となった。

    たまたま同日に、隣町の地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースが、リロイ・サネがシティ・ファンと対面した話を掲載した。それは、マンチェスターシティのファン・サービスの一環で、シーズン末に「顕著なファン」を選出し、慰労を込めて現役選手がプレゼント持参で訪問する、という企画だった。

    「プレゼンター役を命じられたサネは、行きの車中では『典型的な21歳の外国人スター選手』という感じで、チューインガムを噛みながらヘッドホンで自分の世界に籠っていた。しかし、28年間1試合を除いてシティの全試合に駆け付けているファン、ショーンと出会って、サネの態度が変わった。ちなみに、その1試合は、UEFAがCSKAモスクワに対する処分のため、アウェイ・サポーターも締め出したものだった」。

    ショーン宅に到着し、撮影スタッフが席を外した数10分の間、ショーンと2人きりで話し込んだサネは、まるで長年の友達のようにショーンと握手し、笑顔を交わしていた。そして帰り道にサネは、「ショーンは28年間もこのクラブをサポートし続けている人。このような正真正銘のファンと会ったのは初めてだし、会えて良かったと心から思う」と感慨深げに語ったという。

    そこまでサネに影響を与えたのは何?という問いに、ショーンは、「ファンと接点を持つことは、選手にとって必要なこと。それは、シティがビッグ・クラブになった近年、薄れてきた要素。そこに気付いたクラブが、建て直しを図るためにこのような企画を作ったのだろう」と語った。「最近でも、数人の選手がファンとの接点を大切にしている。それら選手は、永遠にファンの記憶に残るレジェンドになっている。サネに、あなたもその一人になって欲しい、と言った」。

    同紙は、「形勢の悪い試合の中で、ピッチ外で出会ったファンの顔が浮かべば、『あの人たちのためにも絶対に勝たねばならない』という決意が選手を駆り立てるだろう」と締めくくった。

    ファンとの接点の重要さを既に認識しているサラーは、Liverpoolについての感想を問われて、「世界中にファンがいるクラブ。それだけ多くの人々から応援してもらっているのだと思うと、特別な勇気が湧く」と答えた。

    25歳で代表チーム53出場の記録を持つサラーは、「エジプトでは、サラー・ジェネレーションという表現が通用する程に、国の代名詞になっている超スーパースター」と、エジプトの著名ジャーナリストは興奮を抑えきれぬ表情で語った。「そのサラーが、国内で最も人気があるクラブの一つであるLiverpoolに入ったとは、エジプトのフットボール・ファンにとっては最大の喜び」。

    サラーのLiverpool入りが濃厚になった6月中旬に、地元紙リバプール・エコー紙が「サラー語録」という記事を掲載した。「プレミアリーグに来たばかりの頃は、ピッチの上でも今いち目立たなかったサラーは、寡黙な若手だった」という説明と共に並べられた「語録」は、確かに決して多くはなかった。

    しかし、それから母国のファンの期待を背負う大スターになる過程で、サラーは、ファンと出会い、ファンの顔を浮かべながらピッチ内外で成長し続けた。

    LFC TVのインタビューで、「2014年にチェルシーでプレミアリーグの洗礼を受けた時に比べて、選手として成長していると思いますか」という質問に、「あの頃に比べたら、経験を積んだ分、人間としても成長している。髭も生えたし」と、サラーはジョークを交えて即答した。

    子供の頃、フットボーラーになるのは「夢でしかない」と思っていたサラーは、少年ファンへのアドバイスを求められて、静かに語った。

    「自分の気持ちを大切にするように。決して自信を失わないこと。他の人に対する敬意を忘れないこと。家族や友人、チームメイトはもちろん、ライバルチームや対戦相手の選手に対しても」。

    100mを10秒で走る俊足のサラーらしい言葉で締めくくった。「君は足が速いねと褒められたら、明日はもっと早く走れるように努力すること。常に向上し続けることが重要」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR