フィルジル・ファン・ダイク サガ

    夏の移籍ウィンドウは正式には7月1日にオープンするため、現在はまだ幕開け前にあたる。しかし、それはあくまで建前上のことで、実際には1月の移籍ウィンドウがクローズしてすぐに開始し、3月ころには戦力補強計画が完成する。同様に、まずはクラブ間で移籍金などの条件に合意し、出す方のクラブが承諾して初めて選手と行く先のクラブとのコンタクトが可能になる、というのが移籍成立の正規の過程だが、殆ど形骸化していることは誰もが知るところだった。
    「事前の密会なしで成立する移籍の方が珍しい」と、6月8日のミラー紙がプレミアリーグの移籍事情を唱えた。「代表チームで一緒になった時に、選手が自分のクラブが狙っている選手に対して直接『リクルート活動』をする、というのは古風だが今でも使われている。最近では、監督が直接、選手と電話などで会話することが一般的になった。プレミアリーグの某有名監督は、必ず選手と直接話をして、気に入ったらしつこくメールを送り続けるという」。
    「どのクラブもやっていることだから、選手を取られる側のクラブも見て見ぬふりをする。Liverpoolの場合は、単に運が悪かっただけ」と、同紙は結論付けた。
    これは、フィルジル・ファン・ダイクを巡ってLiverpoolがサウサンプトンから「プレミアリーグに訴える」と紛糾されて、その日のうちに謝罪声明を出したことについての解説記事だった。
    その前日には、ファン・ダイクが「Liverpoolに入る決意は固まっている」と意思を表明し、他のクラブからの誘いを断ったという噂が流れたばかりだった。「ユルゲン・クロップがブラックプールでファン・ダイクと密会し、口説き落とした」という噂が流れ、「怒ったサウサンプトンがプレミアリーグに対して、Liverpoolの違法コンタクトを訴えた」と、サウサンプトンの地元紙デイリー・エコが報道した。
    その直後にLiverpoolが、「サウサンプトンのクラブおよびファンの方々に、フィルジル・ファン・ダイクに関してご迷惑をおかけしたことをお詫びします。サウサンプトンに対する敬意を表明すると同時に、わがクラブのファン・ダイクに対する興味を取り下げます」と、クラブ声明を発表したのだった。
    これに対して、Liverpoolファンはショックで言葉を失い、サウサンプトンのトップは困惑し、ファン・ダイク本人は、プライベート・ジェットの中でしかめ面している自分の写真をコメントなしでSNSにポストした。全国メディアはこぞってジョークを掲げ、第三者のファンは一斉に嘲笑した。
    「クラブ史上最悪の恥。サウサンプトンの言い分はさておき、即座に謝罪して白旗を上げた行為はまるでアマチュア」と、地元紙リバプール・エコーは強烈な批判記事を掲げた。アーセナルのオフィシャル・アカウントがTwitterにポストした「皆さん、アンフィールドでは何を吸っていると思いますか?」というジョークを引用し、「そう言われるのもごもっとも、と頭を抱えたくなる。責任者として初めての移籍ウィンドウで、Liverpool FCの名前を汚した」と、この6月からディレクターに就任したばかりのマイクル・エドワーズを名指しで批判した。
    「夏休みで母国に帰っているユルゲン・クロップが、ドイツのメディアのインタビューで、『昨年夏に、移籍資金で黒字を出すことは何の価値もないという真相を学んだ。必要な戦力を補強しなかったことで、1月の過密日程時期にツケを払った』と、来季に向けての戦力補強は多額の投資を予定していることをほのめかした。これまで移籍の過ちを繰り返してきたLiverpoolは、クロップという一流監督の下でCL復帰を獲得し、極めて重要な夏となるはずだった矢先に、そのクロップが必須と決めていたファン・ダイクを逃すことになった」。
    ほとぼりが冷めた頃に、リバプール・エコー紙は「フィルジル・ファン・ダイク サガはどうなる?」と題して、サウサンプトン・ファンの意見を掲載した。
    「Liverpoolはお咎めなしで終わるだろうが、僕を始めとして大多数のサウサンプトン・ファンは、処分されれば良いのにと思っている。そのくらい、今回のことでは目に付いた」と、サウサンプトン・ファンは語った。
    「これまで、Liverpoolが毎年わがクラブから選手を取っていることについて、特に反感はなかった。それは、サディオ・マネを除いてすべての選手の穴を埋めることに成功していたから。それも各段に少ない資金で」。
    ファン・ダイクの移籍を巡って、両クラブが水面下で交渉を続けているという噂について、「Liverpoolの例の謝罪のお蔭で、わがクラブが相当強い立場になったことは間違いない」と、そのサウサンプトン・ファンは頷いた。
    「ファン・ダイクに関しては、いくら大金を貰っても代替選手を獲得するのは不可能だろう。クラブが値を吊り上げて引き留めに出ていることからも明らかなように。ただ、正直なところ、ファン・ダイクは結局出て行くと思う。そして、行く先はLiverpoolだと予測している」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR