チャンピオンシップのおとぎ話フィナーレ

    5月29日、ウェンブリーでのチャンピオンシップ(2部)のプレイオフ決勝で、ハダースフィールドがレディングに勝って来季のプレミアリーグ昇格を決定した(試合結果は0-0、延長の末PK戦)。リーグ戦での得失点差がマイナス(-2)で終わったチームの昇格は史上初、選手の給料は2部24クラブの下から2番目というハダースフィールドが、45年ぶりのトップ・ディビジョン返り咲きを達成したのだった

    今のプレミアリーグは45年前のイングランド1部リーグとは大きく異なり、おそらく世界一の激戦リーグであるだけでなく、TV放送ライセンスなどの収入で、最下位のサンダーランドで£100m近い額という「銭函」だった。1年前には19位と辛うじて2部残留を達成したハダースフィールドにとっては、プレミアリーグ昇格は、「おとぎ話」だった。

    シーズン中に自動的昇格を決めていたニューカッスル・ファンは、ハダースフィールドの昇格決定に両手を上げて喜んだ。「助かった!ハダースフィールドは間違いなく1シーズンで降格するだろうから、来季の降格枠は2に減った」。1年ぶりの復帰となるニューカッスルにとっても、まずはプレミアリーグ残留が最初のハードルで、自分たちの生き残りが最も重要だった。

    「プレイオフを戦った主力選手のうち5人がLiverpool、チェルシー、マンチェスターシティから1年ローンで来ていた借り物というハダースフィールドが、プレミアリーグで生き残れる見込みは皆無」と胸をなでおろしたニューカッスル・ファンは、真面目な表情で付け加えた。

    「ただ、そのハダースフィールドを昇格させたデビッド・ワグナーの偉業は誰も否定できない」。

    ドルトムント2の監督時代からユルゲン・クロップと親友だったワグナーは、クロップとほぼ同時期の2015年11月にハダースフィールド監督に就任した。

    「もちろんウェンブリーのことはドイツにいた頃から知っていた。世界で最も栄誉あるスタジアムだから」と、ワグナーは、プレイオフ決勝の前にジョークを交えて語った。「スタンド行きの処分(※)を食らった時のヒアリングで1度来たことがあるだけで、ウェンブリーで試合するのは初めて。ドイツ人が、初めてのフル・シーズンでチームをウェンブリーに率いる、というだけで凄いことだと思う」。
    ※リーズとのダービーで、当時リーズ監督のガリー・モンクとタッチラインでにらみ合ったことで、2人揃ってレッドを受けた(試合結果は2-1でハダースフィールドの勝利)。

    ライバルチームのファンからも賞賛されるワグナーは、ハダースフィールド陣営では絶対的な存在だった。

    歴代スター選手スティーブ・キンドン(ハダースフィールド在籍は1979–1982)は、「私は前回のファン投票で3位に選んでもらえたが、今投票をしたらトップ20にも入らないだろう」と笑った後で、昨年夏のプリシーズンのエピソードを披露した。

    「ワグナーは、スウェーデンでのキャンプ合宿で、選手たちに毎晩テントのパートナー交替を命じた。かくして選手たちは、文字通り手に手を取って自給自足の生活を共に乗り切る中で、堅いチームワークを築いた。今季のリーグではその成果が出た」。

    現役選手の中で最も在籍が長い(2012-)ショーン・スキャンネルが、キンドンの証言を裏付けた。「ワグナーが監督でいてくれる限り、何事もやればできるのだ、という信念を我々選手に植え付けてくれた」。

    「シーズンを通して、『我々には限界はない』という自信を持って試合に臨んだ。勝てなかった試合の後でも、チーム全体で力を合わせて復調した」。

    Liverpoolファンの間では、若手GKのダニー・ウォードがローンで活躍していたことも手伝って、ハダースフィールドの昇格を大歓迎する声が圧倒的だった。更に、クロップの親友という縁で関心を持っていたワグナーに対して、「そのフィロソフィーはクロップと通じるものがある」と、一層親近感を抱いた。

    晴れてプレミアリーグ昇格を達成した時に、「選手たちは、プレイオフを戦う中で、ヒーローからレジェンドへと変わった」と、ワグナーは語った。「わが選手たちを誇りに思う。我々を支えてくれた地元の人々やクラブのスタッフには、心から感謝している」。

    「私がこのクラブに来てから、『経験がない』ことをメディアからさんざん指摘された。イングランドリーグの経験なし、プレミアリーグの下で激戦を繰り広げているチャンピオンシップの経験なし、冬休みがない過密日程の経験なし、プレイオフの経験なし、と」。

    「もちろん経験は重要。でも、強い情熱を抱いて、努力して、決意を貫けば、経験がなくてもできるのだということを、我々は証明した」。


    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR