FC2ブログ

    2017/4/3 出発 (イントロ)

    今回はJALの始発で羽田に行き、羽田からJAL便でロンドンに行くことになった。ロンドン-マンチェスター間はいつも通りBAだが、ロンドンでの乗り換えがBAが最も楽なので、本当はBAで行きたかったのだが、値段などの理由で、BAではなく久々にJALになった。

    朝、5:00に起きて、いつもの空港送迎タクシーで千歳空港へ。ちなみに、JALの特典の一つがマイルでアップグレードできることだったので、申し込んだ。予約した時点では空席待ちで、取れたら連絡(電話)が来ると書かれていた。しかし、何の連絡もないまま当日になったので、結局満席で取れなかったのかと思い、チェックインする。

    セキュリティを通って、ラウンジに落ち着いて航空券を見ると、なんと、アップグレードされていた。チェックイン・カウンターのスタッフが何も言わずに(荷物はマンチェスターまで行きます、ということ以外はほとんど何も)言ってくれなかったのだが。

    ともあれ、羽田からはビジネスだ、と、ちょっと嬉しくなった。アップグレードのマイルが結構高いので、片道しかできなかったのだが、いつも帰りはずっと寝ているのでビジネスにするのはもったいない。行きだけでいいや、という感じで。最近、出張がない仕事になったので、千歳のラウンジが新しくなってから初めてだった。ちょっと、迷う。

    羽田からロンドンへ

    IMG_0008.jpg 
    (ビジネスクラスの席)

    JALのビジネスは、ずっと前に(もちろん、マイルで)乗ったことがあったが、かなり変わったと思う。ベッド時が完全にフラットになる。すごい、と思った。お蔭で、かなり良く眠れた。到着前の朝食時より少し前に目覚めて、夕食(昼食?)を頼んで、その後はちょっと時間があったので映画を見る。

    IMG_0011.jpg 
    (ビジネスクラスの食事)

    ブリジット・ジョーンズの日記を見た。流行った時に本を読んだ記憶がある。映画と本はちょっと違ったような気もするが,面白かった、

    さて、映画がちょうど終わった頃にヒースローに着いた。

    乗換のターミナルへ向かう。JALはターミナル3に着くがマンチェスター行きはターミナル5と、結構遠い。

    バスでターミナル5に行く。バスがなかなか来ない。待っている時に、同じ便で到着したばかりの日本人ご夫婦と会話する。エジンバラに行くのだそうだ。その時点で16:00過ぎていたのに、17:05発だという。ギリギリだ、とぼやいていた。ここまで走ったとのことで、気の毒だ。私のは18:10でちょうどいいです、と言う感じで、ちょっと会話をした。

    暫く待って、バスが来る。バスを降りたら、まずはパスポートコントロールだ。列は長い。今でこんなだったら、果たしてBrexitの後はどうなるのだ、と思った。列のすぐ前に、先ほどのご夫婦がいた。向こうも気づいたらしく、笑顔で挨拶する。時間を見るともう17:00近い。大丈夫だろうか、と心配になった。(たぶん、大丈夫だろう。荷物はエジンバラに行っているはずなので、待っていてくれるだろう)。

    ちなみに、今回もパスポートコントロールは、全く問題なかった。フットボールに行くのだ、というと、いつもの問答になる。「マンチェスターでフットボールを見るためにわざわざ日本から来たの?」と聞かれたので、マンチェスター、リバプール、ストーク、サンダーランドで見るのだと言う。もう、この時点でスタンプを押してくれる雰囲気だった。「どのチームのファンなの?」と聞かれたのでリバプールと答える。それで終わり。にっこり笑って、楽しんでくださいと言われて、終わりだった。

    次は、保安検査。今回は荷物チェックは問題なかった。念のため、液体をビニールの袋に入れて出したのだが、後で気づくと一つ忘れていたのに通った。毎度のことだが、この国は全く、わからない。最も、そこが特長でもある。

    IMG_0017.jpg 
    (BAのラウンジで食事しながら新聞)

    保安検査を抜けると、ヒースローも見慣れた場所に出る。17:10にBAのラウンジに入る。マンチェスター行きは18:10なので、時間を持て余すほどでもない。ちょうどいい、と思ってふと掲示板を見ると、(やはりと言うべきか)さっそく遅れが発生している。ふむ。まあ、予測していたことだが。(以前、定刻に飛んだことがあって、逆に驚いた)。

    しばらくすると、18:35に離陸予定と出る。で、結局、18:35に出発した。これも、比較的すごいことかもしれない。

    IMG_0018.jpg 
    (18:10発の便の搭乗を18:20に告げる)

    さて、ヒースローからマンチェスターへ。乗って、アナウンスを真面目に聞いたところ、なんと、飲み物が優良だという。ほう、これは大きな変化だと思った。ロンドンーマンチェスターくらいなら飲みものも不要な距離だが、しかし、フラグキャリアのBAがバジェット・エアラインと同じシステムにするとは!

    ちらっと価格リストを見ると、とても買う気になれないような価格だった。殆どの人が買わずに終わった。後ろの方で、紅茶を買ったらしい人が数人いた程度だ。

    ここからは遅れもなく、17:10くらいにマンチェスターに着く。荷物受け取りに行く。ふむ。なかなか、荷物が出てこない。15-20分くらい待っただろうか。一番最後になった、というと不正確だが、ほとんどの人が行ってしまったのに、私のは出てこない。その間、事故にあったかと思って覚悟を固めた。(以前、パリからマンチェスター行きで荷物が来なかったトラブルに会ったことを思い出した)。

    やっと出て来たので、すごくうれしかった。ふと見ると、荷物にはOneWorldの優先タグが付いている。これでも遅くなるのかと苦笑。でも事故じゃなくてよかった。事故を覚悟した時には、今回は市内のホテルだから、遅くとも明日には届くだろう、とか考えたくらいだった(前回はリバプールだったので、翌日の夜になり、不便で大変だった)。

    ともかく、事故でなくてよかった。

    IMG_0024.jpg 
    (空港からマンチェスター市内への電車)

    空港からマンチェスター市内(ピカデリー)へ。電車だと、たまに各駅停車が来るが、ほとんどは次の駅がピカデリーだ。今回も、快速に乗れた。20分もかからない。帰りはバスを使ったが、バスでも25分だ。

    ピカデリー駅に着いたのが20:00は過ぎていたが、まだそんなに暗くない。ホテルまで歩いてゆくことにした。荷物があったが、それでも10分もかからずに着いた。

    チェックインは問題なく、すぐに部屋に入れた。ただ、空港からの電車の中で眠気が襲ってきたくらいに疲れていたので、早々に寝ることにした。

    明日は、夜の試合とは言え、マッチデイだ!体力を回復しておかねば。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR