夢が消えた日

    2月18日、ノン・リーグのリンコーン・シティがFAカップ5回戦で、プレミアリーグのバーンリーを0-1と破り、クラブ史上初の準々決勝進出というミラクルを達成した。言うまでもなく、イングランド中のメディアがリンコーン・シティを賞賛し、「FAカップ・マジック」と称して盛り上がった。

    ただ、今でこそノン・リーグにいるものの、プロ・リーグ在籍が長かったリンコーンの、5回戦に至るまでの快進撃は、同じくノン・リーグから5回戦に勝ち上がったサットン(5回戦でアーセナルに0-2で敗退)の騒がれ方とは一線を画していた。

    その事象について、翌日のリバプール・エコーが裏付けた。「リンコーンの業績を過小評価する気は全くないが、しかし、『ジャイアント・キリング』という印象は薄い。というのも、リンコーンはリーグ・クラブとしての歴史を誇っている。特に、バーンリーとは、80年代には3部で毎シーズン戦っていた経歴を持ち、両者は『プレミアリーグ対ノン・リーグ』というよりは、対等な対戦に近いイメージ」。

    案の定、敗れたバーンリーの陣営では、誰もが「FAカップ敗退」に失望したことは言うまでもないが、地元紙やファンがヒステリックな批判を掲げるような事態には至らず、ましてや監督ショーン・ダイシュのクビが話題に上がることはなかった。

    それは、バーンリーでは、クラブのトップを始め、誰もが自分たちの本来のポジションを認識しており、ここ3年で2度のプレミアリーグ昇格という偉業を達成し、バーンリーを「プレミアリーグの元気なスモール・クラブ」に底上げしたダイシュに対して、たとえ何があっても支持する気持ちを象徴していた。

    そして、2月23日に発表されたクラウディオ・ラニエリの解任は、イングランド中から一斉に「レスターのオーナーは、自分たちの本来のポジションがどこなのか、勘違いしている」と、猛烈な批判と驚愕の声が上がった。それは、CLラスト16の1stレグで、セビーリャにアウェイで2-1と敗れた翌日のことだった。その週末には、月曜日のLiverpool戦の前に、他チームの結果により降格ゾーン落ちする可能性があった。

    「2014-15季には奇跡の残留を得たレスターは、その翌季、開幕前のオッズ5000-1を覆してプレミアリーグ優勝を達成した。その、おとぎ話の優勝に導いた監督を、本来の残留争いに戻ったからと言ってクビにするとは、考えられない」と、ジェイミー・キャラガーが嫌悪感を表明し、大多数のアナリストの意見を代弁した。

    地元のレスター・ファンは「信じられない。ショックで言葉も出ない」と涙ぐみ、チームを問わずイングランド中のファンが、「イングランドのフットボール史上、最高の偉業を達成したレスターのおとぎ話は、悲劇で終わった」と、暗い表情を浮かべた。

    喧噪の中で、「レスターの選手数人が、ラニエリに対する苦情をオーナーに直接、訴えたことが引き金となった」という噂が飛び交った。昨年5月には、「たとえ翌季は何が起ころうとも、ラニエリに対する支持は揺るがない」という声が、「2年連続17位(ギリギリ残留)の方が、トップから18位に落ちる(降格する)よりマシ」にすり替わった。

    マンチェスターシティ・ファンが、「全てのチームで、実際に試合に行っている圧倒的多数のファンが、レスターのクラブの措置に対して真剣に怒っている。つまり、レスターはこの先、シーズン末までずっと、全スタジアムで、相手チームのファンからブーイングの嵐を受けることは間違いない。そんな劣悪な環境の中で、今季の腰抜け選手たちが、残留争いのプレッシャーに耐えられるとは思えない。レスター・ファンには心から同情するが、しかし、レスターのオーナーは、自分のやったことの報いを受けるべきだ」と、冷静に言った言葉に、誰もが頷いた。

    翌日出された、「昨日、私の夢が消えた」というラニエリの離任メッセージは、それらファンの気持ちを裏付けていた。

    「昨年、プレミアリーグ優勝の幸福に浸りながら、私はこのクラブにずっといたいと、心から願った。残念ながらそれは叶わなかった。でも、レスターで過ごした日々は、私にとってすばらしいアドベンチャーだったし、我々が全員で力を合わせて勝ち取った栄誉は、永遠に残る。今でも思い出すたびに笑顔が浮かぶ。あなた方と一緒にチャンピオンになれたことを、私は誇りに思う」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR