FAカップ・マジックにやられたチーム

    イングランド中が期待する「FAカップ・マジック」が、今季は4回戦を終えた時点で、ノン・リーグの2チームが勝ち残っていることから、ますます注目を浴びることになった。2部のブライトンに3-1と勝って5回戦進出を達成したリンコーンと、2部のリーズを1-0と破って大金星を上げたサットンの両者には、チームを問わず、暖かい拍手が送られた。

    この4回戦の組み合わせが決まった時に、世間の視線がサットンに集まった。相手のリーズは、サットンにとって、リーグ順位で換算して84位の差というだけでなく、2003年の倒産のため暫く下位ディビジョンに低迷していたとは言え、イングランドのトップ・ディビジョン優勝3回、FAカップ優勝1回のジャイアンツであり、現在は来季のプレミアリーグ復帰を目指す勢力だった。

    対するサットンは、FAカップ史上最大のジャイアント・キリングをやった経歴を持つ、元気なノンリーグのクラブだった。必然的に、メディアの期待はサットンに集中し、4回戦を控えて、サットンの「FAカップ・マジック」を特集する番組があちこちで放映された。

    その一つであるBBCのフットボール・フォーカスで、サットン監督のポール・ドズウェルが、「今でも、1989年のヒーローたちとはコンタクトを続けている。今回のリーズ戦も、見に来てくれる予定。その時のマジックを、再び実現することを目指して」と、穏やかな笑顔で語った。

    1989年1月のFAカップ3回戦で、1987年の優勝チームだったコベントリーを2-1と破って、史上最大のFAカップ・マジックを達成した誇りは引き継がれていた。今季はナショナル・リーグ(ノン・リーグのトップ・ディビジョン)16位のサットンは、成績でも来季のリーグ昇格は難しかったが、ピッチが人工芝のため、設備面でリーグの資格を満たしていなかった。ただ、近い将来の昇格を目標に、スタジアム整備は重要課題だった。

    「我がチームにとっては、2つの『勝利』の可能性がある。1つ目は、ホームでの試合に勝つこと。2つ目は、引き分けて、エランド・ロード(リーズのホーム・スタジアム)での再試合を得ること。私は今50歳で、リーズがイングランドのフットボール界を牛耳していた時代に育った人間だから、リーズに対しては、一ファンとして敬意を抱いている。エランド・ロードは素晴らしいスタジアムだし、リーズのクラブは、一流のコーチ陣を誇っている」と、ドズウェルは語った。

    サットン監督をやりながら、建築士として働くドズウェルは、クラブのグラウンド整備の資金として、自分の財布から£500,000を無利子・10年返済で貸しているという。今回のリーズ戦では、その金額に相当する臨時収入が見込まれていた。ましてや、勝って、5回戦でプレミアリーグのジャイアンツとアウェイで当たれば、天然芝のピッチを作ることも夢ではなくなる。

    「勿論、冷静に実力を考えれば、3つ目の可能性(=サットンの敗北)が妥当だろう。しかし、今のリーズが、リーグを最重要視していることは明らかで、水曜日のリーグ戦を念頭に置いて試合に臨めば、我がチームにも勝ち目はある」。

    ドズウェルの期待通り、リーズは前のリーグ戦から10人変更したチームで、サットンに「FAカップ・マジック」をやられてしまった。

    サットンの快進撃の影で、プレミアリーグのハル・シティ(2部のフラムに4-1)、ワトフォード(3部のミルウォールに1-0)と並んで、Liverpoolは、前戦から9人変更した末に、2部のウルブスに1-2と敗退した。

    かくして、あまりにも「FAカップ・マジック」が多すぎて、全国メディアの批判はしりつぼみがちだった中で、地元紙リバプール・エコーは厳しかった。ガリー・リネカーが、「ユルゲン・クロップは、FAカップを軽視している」と名指ししたことをクローズアップした上に、「言い訳無用の情けない敗戦」と畳みかけた。

    「ウルブス・ファンが、クロップに向かって飛ばした『明日の朝クビになる』チャントは、さすがに実現の可能性ゼロだが、しかし、Liverpoolが深刻な危機にあり、早急に立て直しが必要なことは明らか。そもそも、リーグ残留を賭けて、戦力を落として来たウルブスのリザーブ・チームに対して、Liverpoolは63分までオン・ターゲットなしで自滅した。1月は8戦して僅か1勝、それも4部のプリマスに再試合で1-0と辛うじて勝ったもの。アンフィールドでは3連敗、火曜日のチェルシー戦で負ければ、94年ぶりの4連敗記録となる」。

    同紙は、その3連敗の突破口となった、1月21日のスウォンジー戦(試合結果は2-3)の後で、Liverpoolファンが、「選手は今こそ、ファンの応援を必要としている」と、リーグ・カップ準決勝のサウサンプトン戦で(試合結果は0-1、通算0-2でLiverpoolが敗退)、試合前にスタジアム入りするチーム・バスを大声援で激励した様子を引用し、「ファンは既に全力を尽くしている。チームがそれに応えることが出来ていないだけで」と締めくくった。

    それに対して、クロップは静かに語った。「(ウルブス戦では)ファンが声を失ったことは当然だと思う。ただ、次の試合に勝つために全力を尽くす。信じて応援してほしい」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR