キャラのマン・オブ・ザ・ウィーク

    スカイTVで生放送されることになっていた、12月19日のグッディソン・パークでのマージーサイド・ダービーを控えた週末に、そのマンデーナイト・フットボールのレギュラー解説者、ジェイミー・キャラガーが、古巣Liverpoolにエールを送ると共に、「マン・オブ・ザ・ウィークはユルゲン・クロップ」と宣言した。これは、前週のヘッドラインを飾り続けた「ガリー&フィル・ネビルのロリス・カリウス批判」事件の結末として、クロップがネビル兄弟に対して厳しいカウンターを加えた上で、12月14日のミドルスバラ戦ではカリウスを外して3-0と勝利を得た勇断に対する賞賛だった。

    「僕は2回カリウス批判をしたが、ガリーとフィル(ネビル)はそれぞれ1回ずつしかしなかった。でも、クロップがネビル兄弟の方に食って掛かったので、僕にとっては尚いい気分だった」と、キャラは笑った。「カリウスを外したことは、不必要なまでにメディアの注目を受けてしまっていた23歳のGKを『プレッシャーから守る』効果があったし、Liverpoolのチームはピッチの上に集中できて、快勝で終わった。月曜日のダービーに向けて、最適のウォームアップになった」。

    キャラとガリー・ネビルの絶妙なコンビが人気を呼んでいるマンデーナイト・フットボールでは、慣習として、勝ったチームの監督を試合後のゲストに迎えることになっている。キャラは、「是非ともクロップに来てもらって、ガリー(ネビル)に面と向かって、再攻撃をかけて欲しい」と締めくくった。

    かくしてクロップは、キャラからマン・オブ・ザ・ウィークに抜擢されたが、クロップに対する賞賛は、Liverpool陣営のあらゆる方面から続いていた。

    地元紙リバプール・エコーは、昨年10月のエバトン戦が、Liverpoolのチーム全体が重たい雰囲気の中にあり、前監督ブレンダン・ロジャーズにとって最後の試合となった事実を振り返った。「前回のグッディソン・パークでのダービーは、Liverpoolファンの間で、不安と懸念が渦巻く中で迎えた。僅か14か月後の今回は、ファンは自信と期待を全身で表現している。その時のLiverpoolの先発メンバーの中で、いなくなってしまった選手は、唯一、マーティン・シュクルテルだけ。殆ど同じ顔触れというチームが、ここまで大きな差を作った要因は、ユルゲン・クロップ」。

    同紙は、前監督のサインで、スタートに躓いた選手たちが、クロップの下で本来の実力を発揮するようになった例として、ロベルト・フィルミーノ、アダム・ララーナ、デヤン・ロブレンを上げ、この夏に入って来て、即戦力として活躍しているサディオ・マネを、クロップ効果のたまものと称した。

    これに対して、常に「試合に勝てば選手の功績。負ければ監督の責任」という主張を貫いているクロップは、特にマネの快進撃について質問されて、頑固として否定した。「マネは元々能力がある上に、更に向上を目指して毎日熱心にトレーニングに励んでいる。現在の好調は、私のお蔭でなどない。ひとえに、本人の努力の成果」。

    そして、グッディソン・パークでのダービーは、マネが94分の決勝ゴールで、Liverpoolのヒーローに名を連ねた(試合結果は1-0でLiverpoolの勝利)。決してクラシックとは言えない低調な試合で、またも無得点引き分けかと思ったところで出た決勝ゴールだった。

    「好調の原因は、ひとえに監督のお蔭」と、マネはクロップの言葉を真っ向から否定した。「監督は、選手の良いところを引き出して、選手に自信を与えてくれる。こんな素晴らしい監督は、他にはないと思う。監督は、心から選手のことを信頼してくれている。信頼されていると感じるから、我々は、また更に頑張れる。監督がいるからこそ、選手全員が和気あいあいとして、自信に満ちている」。

    Liverpoolにとっては2011年以来、ほぼ5年ぶりのグッディソン・パークでの勝利だったが、昨季4月のアンフィールドでの4-0の勝利に続き、クロップは、「就任初ダービーから2連勝を達成した初の監督」という、クラブ記録に名を刻むことになった。

    「マージーサイドのクリスマスは赤で決まった」と歓喜に沸くファンは、クラブの内部から聞こえる「現在の好調は誰のお蔭か」という水掛け論に、誰もが同じ答えを抱いていた。


    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR