スティーブン・ジェラードの引退発表

    11月24日、スティーブン・ジェラードが現役引退の決断を発表した。2015年夏にLiverpoolを出て、18か月契約でMLSに行ったジェラードは、1年前に既に、「今の契約が満了したら、現役生活を終えることになるだろう」と、漏らしていた計画を、言葉通り、実行したわけだった。

    しかし、LAギャラクシーとの契約は延長なしと決定した先月から、イングランドのメディアは「ジェラードの次のステップはどこ?」という憶測を、しきりに飛ばし始めた。その中で、最も大きくささやかれたのは、「プレイヤー・コーチとしてLiverpoolに戻って来て、今季後半に5試合に出場する」というものだった。5試合というのは、プレミアリーグ優勝を勝ち取ったチームの選手として、優勝メダルを受け取る資格を得るための試合数だった。

    つまり、今季のLiverpoolが、優勝争いの一角を占めている、という評価が出始めたことから、「17年間Liverpoolに忠誠を尽くしたレジェンドのジェラードが、プレミアリーグの優勝メダルなしでキャリアを終えるのは不条理」というセンチメンタルな理由で、「5試合」説が飛び交ったのだった。

    これに対して、圧倒的多数のLiverpoolファンは、一斉に冷笑した。「プレミアリーグ優勝メダルを勝ち取れなかったことを、『唯一の後悔』と何度も宣言しているジェラードが、『同情でメダルを貰う』行為を、まともに考える筈がない。そんな憶測を飛ばすことは、ジェラードに対する侮辱だ」。

    そんな中で出たジェラードの引退声明は、Liverpoolファンの信頼を裏付けていた。「僕の今後に関する、このところのメディアの憶測に終止符を打つためにも、今、引退の意思をはっきりと表明したかった」。

    LAギャラクシーでの18か月間で、「負傷などのため、思うようなプレイができないことが度重なったことで、年齢的にも選手生活にピリオドを打つべき時が来た、と決意するに至った」。

    ジェラードの引退発表を受けて、新旧チームメート、監督コーチ陣、そして、対戦相手だった他チームのスター選手など、あらゆる筋からジェラードの輝かしい業績を称える声が飛び交う中、BBCが「ジェラードの元チームメート」と題するクイズを掲載した。それは、Liverpoolファンでなければ顔も覚えていないような、今は下位ディビジョンのチームのベンチにいるような選手17人の写真を並べて、名前を当てるクイズだった。

    それは、Liverpoolでの17年間のうち大半を、そのような選手を引っ張って、ほぼ単独でチームに栄誉をもたらし続けた、ジェラードのキャリアを象徴していた。

    代表的なトロフィーのひとつが、2006年の「スティーブン・ジェラード・FAカップ決勝」だった(試合結果は延長の末3-3、PK戦でLiverpoolが優勝)。その時に、涙を飲んだウエストハム・ファンが、ブーツを脱ぐことになったジェラードに対する、感情の籠った言葉を捧げた。

    「ウェンブリーからの帰り道、母がおもむろに、『ジェラードのお蔭で』と叫んで、泣き出してしまった。でも、僕も泣きたかった。FAカップの優勝杯に、ウエストハムのチームカラーのリボンが飾られる日を、37年間待ち焦がれたファンにとって、あと2分で、その一生の夢がかなうところだったのに」。

    「スティーブン・ジェラードは、僕の母を泣かせた最強の敵。キャプテン・ファンタスティックの名にふさわしいレジェンド。あの時のLiverpoolは、FAカップ優勝を取る権利などなかった。ただ一人、ジェラードだけは例外だった」

    「ジェラードは引退してしまうが、僕にとっては史上最高のキャプテンとして、永遠に記憶に残る名選手」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR