全員が一体となって全員のために働く体制

    9月26日、ハル・シティのセンターバック、カーティス・デイビスが、10人に減って5-1と大敗したLiverpool戦を振り返って語った言葉が、Liverpoolファンの間で話題になった。

    「Liverpoolは、2人のセンターバックとそのカバーに入っているジョーダン・ヘンダーソンを除く全員が束になって襲ってくる、とも言うべき破壊的な攻撃を展開するチーム。相手が1人2人ならマークできるが、Liverpoolの場合は、大勢でパスを回し、インターチェンジしながら凄い勢いで向かってくるので、ディフェンダーとしては、守る余地がない。しかも、容赦ない。前のアーセナル戦でも10人になったが(試合結果は4-1でアーセナルの勝利)、『もう試合は決まったから少しペースを落とそう』という場面があれば、我々も隙をついて反撃を、という気力が保てる。しかしLiverpoolは、手を抜くどころか、徹底的に叩きのめしてやろう、という意欲むき出しで、完全にお手上げさせられた」。

    相手ディフェンダーの正直な敗北宣言に散りばめられた、Liverpoolの「全員が束になって襲う」攻撃スタイルについて、ファンは深く頷いた。「ユルゲン・クロップが最初から目指していたフットボールが、着実に形になってきている」。

    得点こそは2-1と僅差だったものの、内容的にはハル・シティ戦を彷彿させた10月22日のWBA戦の前に、地元紙リバプール・エコーが「Liverpoolの一体感は表面的なものではなく、内実の表れ」という見出しで掲げた記事が、ファンの意見を集約していた。

    「昨季のWBA戦では、インジャリータイムの同点ゴールで2-2と引き分けた試合後に、ユルゲン・クロップが選手を先導してコップ・スタンドに向かって手を繋いだお礼の挨拶が、世間から冷笑を浴びせられた。しかし、クロップにとっては、ファンが一体感を持って最後まで応援してくれたことに対して、感謝を表明したのであり、ファンはクロップの気持ちを素直に受け止めた。世間の目にどう映ったかは関係ない。重要なのは、選手はクロップの理念を理解して、全員が一体となって全員のために働く体制を形成している。今のLiverpoolは、皆が同じ方向を向いて、力を合わせて勝利を目指して戦っている」。

    試合後の記者会見で、この日のスタンドについて意見を問われたクロップは、明るい笑顔で、「今日のスタンドは、私が来てからの1年間で、ヨーロッパの試合を除くと最高の出来だった」と答えた。

    それに対してファンは、「クロップの見解は正解だと思う。81分に、またいつものセットピースから失点を食らった時も、ミスが続いた時も、ひるまずに全力で声援を送り続けた。ファンとしての『仕事ぶり』には満足している」と、スタンドとクロップが着実に息が合ってきた成果に、目を輝かせた。

    かくしてクロップが、Liverpoolで地元紙とファンを取り込んで、全員が一体となって全員のために働く体制を作り上げているのと並行して、チームの中でも連帯感が形成されていた。それは、WBA戦のマッチ・プログラムの監督の言葉のページで、クロップが「特記すべき事」として紹介したエピソードが、何より物語っていた。

    「この場で、ジョー・ゴメスについて特記したい。昨年10月に靭帯を負傷して、長いこと欠場した後で、ようやくメルウッドに復帰した時のことだった。1年余りぶりにファーストチームの更衣室に出勤したジョーに対して、選手全員が拍手で迎えた。それは、事前に示し合わせたのではなく、全員が、無意識にやったことだった。復帰した若いジョーに対して、選手全員が同じ気持ちを抱いていたということ」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR