ファンに人気の選手が憂き目を見るとき

    8月23日、Liverpoolがママドゥ・サコーのローン先を探しているという報道が流れ、ファンに爆弾を落とすことになった。折しも、昨季4月に始まったUEFAのドーピング容疑が再三の紆余曲折の末に、正式に無罪放免が決定したばかりのことだった。アキレス腱の負傷からも回復し、トレーニングに復帰したサコーに対して、Liverpoolファンは熱い期待を寄せていたところで、今回の話となった。

    2013年夏にPSGからLiverpool入りし、まだ4年目でトロフィーとも縁がないながら、ファンと積極的に対話し、地元マージーサイドのチャリティにも熱心なサコーは、既にファンの人気者となっていた。同時に、ファンのユルゲン・クロップに対する支持は揺るがなかったことから、Liverpoolファンは、「クロップは、サコーを戦力として評価していない」と、苦悩に陥った。

    ファンに人気の選手が、絶大に支持している監督と「物別れ」になる、という事例は珍しいことではなく、マンチェスターシティ・ファンにとってのジョー・ハートとペップ・グアルディオーラも然り、7月にはその隣のユナイテッドでも、アントニー・マーシャルがらみの「事件」が起こった。

    1年前にモナコからユナイテッド入りしたマーシャルは、9月のLiverpool戦でデビュー・ゴールを決めて以来、ユナイテッド・ファンの人気No.1となった(試合結果は3-1でユナイテッドの勝利)。ところが、ジョゼ・モウリーニョの牽引力で決まったズラタン・イブラヒモビッチが、マーシャルの背番号9を受け継ぐことになったことで、きな臭い事態に発生した。マーシャル本人には根回しもなく、決定事項として通達されたものだから、へそを曲げたマーシャルが、SNSのカバー画像を「マーシャル 9」に変えたのだった。

    ユナイテッド・ファンの間では、一連のやり取りとして、「ユナイテッドは、イブラヒモビッチを取りたい一心で、背番号の選択を一任した。10番(※主将のウェイン・ルーニー)以外のどれでも良い、と言われて、イブラヒモビッチは9番を選んだ。その時点でマーシャルにネゴすれば良かったのに、何もしなかったらしい。それが真相だとしたら、ユナイテッドが一方的に悪い」という情報が飛び交った。

    更に、マーシャルがSNSでユナイテッドのオフィシャル・アカウントをアンフォローしたことから、「マーシャルはユナイテッドの仕打ちに腹を立てている」と、ファンは真っ青になった。

    他人ごととして、爆笑しながらそれを見ていたシティ・ファンとLiverpoolファンは、異口同音に、「マーシャルがユナイテッドに反感を抱いている今この時に、昇給と背番号9を提示して横取りすべきだ」と興奮したものだった。

    結局この茶番劇は、マーシャルが気を取り直し、丸く収まった。その後で、笑っていた立場のファンに、自分たちの番が回ってきたのだった。

    サコーが出て行くかもしれない事態に直面したLiverpoolファンは、7月のマーシャルの時との大きな差として、隣のライバル・ファンから、「我がチームが横取りしよう」という声がいっこうに上がらない事実を認識していた。

    そんな時に、地元紙リバプール・エコーが「移籍の方針に関して、ファンはクロップの判断を全面的に信じて、バックアップすべき」という記事を掲げた。それは、同紙がLiverpoolファンに対して投げかけたアンケートで、「サコーを出すのは間違い」という回答が80%を超した統計で始まっていた。

    「クロップは、サコーに対して、冷静になって、改めるべき大きな要素を見出したことは明らか」。この夏の合衆国ツアーで、遅刻と欠勤で短期間にクラブの規則を3回連続破った結果、サコーが帰された事件は有名だった。その後、サコーが謝罪して態度を改めたか否かは不明だった。

    サコーの大人げない態度と行動は、前監督ブレンダン・ロジャーズの時から複数回に及んでいた。2014年9月のマージーサイド・ダービー(試合結果は1-1)で、ベンチからも外されたことで、サコーが飛び出してしまったことに始まり、2015年夏には、太り過ぎの状態でプリシーズンに帰還し、ロジャーズの怒りを買ったことも記憶に新しい。

    ドーピング容疑に発展した薬物に関しても、選手は「薬を摂取する時にはクラブに申請する」ことを厳しく義務付けられているのに、サコーはこれを守らなかったことから事件が起こったものだった。

    「パリの危険な地区で、厳しい環境で育った生い立ちから、スターになった今も労働者の側に立ち、心からファンと対面するサコーは、ファンの熱烈な支持を受けている。ピッチの上でも、特にクロップの下で向上し、ドルトムント戦の同点ゴール(試合結果は4-3でLiverpoolの勝利)など、思い出に残る場面を作った」。

    「忘れてはいけないのは、クロップがサコーを完全に見放したわけではないこと。それは、正式移籍ではなく、ローンという形式が物語っている。サコーは、文字通り、頭を冷やして、『自分で自分の首を絞める』状況から脱出し、ピッチ内外でチームの一員として働く人材となって戻って来て欲しい。それは、ファンは勿論、クロップが最も願っていること」と、同紙は締めくくった。


    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR