最も期待が高まる時

    待ちに待ったプレミアリーグの2016-17季が開幕した。第一週目の最大の注目となった8月14日のビッグ・マッチ、アーセナル対Liverpoolは、白熱の末にLiverpoolが4-3と勝利を飾った。前半はアーセナルが圧倒的な優位に立ち、後半早々はLiverpoolが圧倒し、最後はアーセナルの反撃をLiverpoolが辛うじて阻止したというシーソーゲームで、ハイライト番組の話題を独占する面白い試合となった。

    ニュートラルなチームのファンにとっては、試合内容もさることながら、「アーセナル・ファンTVが楽しみだ」と、一斉に歓喜の声を上げた。これは、シーズン・チケット・ホルダーのファン・グループが主催して、毎試合後に、スタジアム近辺で試合帰りのファンにマイクを向けて「感想」を語ってもらい、その一連のやり取りを動画にしてインターネット上に流すというもので、今ではプレミアリーグのほぼ全チームのファンがやっているものだった。

    有名どころでは、フルタイム・デビルス(マンチェスターユナイテッド)、ブルームーン・ライジングTV(マンチェスターシティ)、レッドメンTV(Liverpool)、チェルシー・ファンカスト(チェルシー)などがあり、チーム間でYoutubeの再生回数を競っている。これらファンTVは、ライバルチームのファンにも見られることを意識して、インタビューに登場するファンの発言はどんどん洗礼してきて、ユーモアの中で明確な意見を伝えるメディアとして発展してきた。

    その中で、アーセナル・ファンTVは、マス・メディアが作り上げた(?)「アーセナル・ファンは、とにかく文句を言う」イメージを更に上塗りする路線で、独自の人気を誇っていた。

    「戦力補強の欠如は今に始まったことではない。ストライカーはどこに行った?アーセン・ベンゲルは、シーズン開幕に間に合うような戦力が補強できていない、と平然と言うし、クラブは説明すらしない」と、試合後数時間でリリースされたアーセナル・ファンTV第一号で、あるファンが目を吊り上げた。

    試合後の記者会見で、ベンゲルが「明るい要素としては、4-1となってから反撃し、選手たちが決意を見せて2点返したこと」と語ったことも、アーセナル・ファンTVの「意見」の題材になった。「ホームでの開幕戦に敗戦を喫するのは、ここ4年間で3回目。最もショックなのは、負けても驚かなくなった、ということ」と、別のファンが嘆いた。

    いっぽう、Liverpoolファンは、「60分に4-1で勝っていながら、最後までハラハラさせられるのは我がチームだけ。こんな緊張を、あと37試合も味わうのかと思うと気が遠くなる」と苦笑しながら、これまで18年間で僅か2回(2000年、2012年)しか勝ってなかった、アウェイのアーセナル戦の勝利をかみしめた。

    特に、Liverpoolファンの間で、圧倒的なマン・オブ・ザ・マッチに輝いたサディオ・マネの公式戦デビュー・ゴールは、様々な意味で話題を呼んだ。4点目となったゴールを決めた瞬間に、マネがタッチラインに向かって全力疾走し、ユルゲン・クロップに抱き付いた様子に、実況陣は「自分を信頼してくれた監督に対する感謝を表わしたかったのでしょう」と、肯定的だった。

    しかし、クロップは、試合後の記者会見で、「あんな風に、選手と一緒にゴールを祝ったのは間違いだった」と、反省を語った。「状況によっては祝っても良いと思うが、しかしあの時は、まだ試合は30分残っていた。私がやったことは、4-1になって、まるで勝敗が決まったと思ったような行動。選手に対して誤ったメッセージを送ってしまった。案の定、あの直後に2失点を食らった」。

    それに対して、アーセナル・ファンTVのあるファンが、反論を唱えた。「4-3となった時に、クロップがタッチラインに張り付きになってLiverpoolの選手に向かって檄を飛ばしていたのに対して、ベンゲルはベンチに腰を沈めた。クロップの情熱が羨ましい」。

    もちろん、ベンゲルが20年間の在任中、100%アーセナルにCLをもたらしているのに対して、Liverpoolは最近7年間で僅か1回しかCL出場権を得ていないことは、誰もが知る通りだった。

    試合前の記者会見で、2016-17季の目標を問われて、クロップの回答は簡潔だった。「トップ4入りすれば満足か?と言えば、わからない。いきなり優勝を目指す、と言えば、笑いものになるだけだと思う。ただ、今は、最も期待が高まる時。全てがこれからなのだから、何も不可能なことはない」。

    「5月になって振り返った時に、満足できるシーズンにしたい」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR