金権体質でごまかしのプレミアリーグ?

    UK(英国と北アイルランドの連合王国。以下、「英国」)が6月23日の国民投票の結果、EU結成以来初の離脱の方向性が確定し、世界中のヘッドラインを飾った。10月に政権が交代し、そこから具体的なEU離脱過程が開始することになる英国では、現時点では何もかもが不確定な状況にある。英国の目玉の一つであるプレミアリーグも、影響を受けることは間違いない、という説は飛び交うものの、推測の域を出ない。

    その一つとして、1995年にヨーロッパのフットボール界に大変革を与えたボズマン・ルールを上げる人は多い。EU内での労働の機会均等を定めたボズマン・ルールがきっかけで、EU諸国のリーグの各クラブは、EU市民の選手に対する外国人枠を撤廃することになった。これに伴い、イングランドでも、EUの選手に関しては労働許可不要となった。EU離脱により、EU諸国の選手も非EUの選手同様の制限が科される可能性を指摘する声は大きかった。

    「ボズマン・ルールを受けて、外国人選手が増加し、イングランド人選手が『締め出される』事象を招いた。若手の成長を刺激するワールドクラスの選手が来てくれることは大歓迎だが、コスト削減のために『労働許可不要』の選手を多数、受け入れることは、若手の機会を奪う危険性を持つ。プレミアリーグで出場するイングランド人数の減少は、代表チームが国際大会で勝てなくなった時期と同期を取っている」と、FAはEU離脱を肯定的に捕えた。

    そんな中で、6月27日、ユーロ2016でイングランドはアイスランドに敗退し(試合結果は2-1)、FAが憂慮する通り、「2006年以来、国際大会のノックアウト・ラウンドでは1勝も上げていない」記録を存続することになった。

    国の人口が30万超で、代表チームの多くの選手やコーチが兼業(セミプロ)というアイスランドに、プレミアリーグを抱えるイングランドの代表チームが敗れるという事態は、FAの言う「外国人の減少」などの小手先では解決できない、もっと根本的な改革が必要だという声は、イングランドのファンや大多数のメディアが指摘していた。

    この試合の解説を勤めていたディディ・ハマンの、「プレミアリーグは金権体質でごまかし」という表現は、それらの人々の意見を裏付けていた。

    「プレミアリーグは世界で最も人気があるリーグで、最も裕福。しかし、そのお金に見合う価値はない。プレミアリーグでは、並の選手でも、アイスランドやドイツ、スペインでプレイする選手に比べて数倍・数十倍の破格の給料を貰って、ぬくぬく暮らしている。しかし、イングランド代表チームで、外国で通用するだろう選手はごく2-3人」。

    ユルゲン・クロップがLiverpool監督に就任して間もない頃に、「イングランドでは常にお金のことを語る」と、プレミアリーグの金権体質について語った言葉は、多くの人々の記憶に突き刺さった。いわゆる「マーキー・サイニング(多額の移籍金で、高給取りのワールドクラスのスター選手を獲得すること)はあるか?」との質問に対するクロップの反応だった。

    「強いチームを作るために最も必要なことは、トランスファー(移籍)ではなくトレーニング」。

    英国のEU離脱の波紋に続き、イングランドがユーロ敗退するダブル騒動の中で、6月28日、サウサンプトンのサディオ・マネのLiverpool入りが発表された。移籍金は未公表だが、サウサンプトンは「クラブ史上最高金額」と発表し、£30mに条件により£36mになるオプション付きという噂が流れた。

    地元紙リバプール・エコーは、「3年連続でサウサンプトンから、しかも£30mを超す大金で、マーキー・サイニングとは程遠い選手を獲得したことで、ライバル・チームのファンは嘲笑するし、Liverpoolファンが失望を隠せないのも無理はない」と、冷静な記事を掲げた。

    「政治もプレミアリーグも先が見えない不明瞭な状況の中で、トレーニングで強いチームを作る、というクロップの態度は明確で、最初から変わらず貫いている方針。Liverpoolファンの最大の期待は、移籍市場ではなくメルウッドにある」。


    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR