ヒルズバラ悲劇(1/3) 「RIP (安らかに眠ってください)」と言えなかった27年間

    亡くなった人を偲ぶ時、「RIP (Rest In Peace/安らかに眠る)」という言葉が使われる。しかし、Liverpoolファンは、この27年間、ヒルズバラの96人に対して「RIP」という言葉が使えない年月を過ごした。

    96人が「RIP(安らかに眠ること)」ができる土台は、まだまだ出来ておらず、遺族グループがリバプール市民のバックアップの元に、それを求めて闘っていた。だから、ヒルズバラと96人が語られる時、誰もが「何故、今になっても96人は安らかに眠れることができないのか」という、「怒り」を抱き続けたのだった。

    2016年4月15日、27回目にしてアンフィールドでの最後のヒルズバラ追悼式典が行われた。これまで27回、アンフィールドで4月15日に行われてきた式典を、今回で最後にするというのは遺族の決定だった。折しも2014年㋂から続いていた裁判が、間もなく判決が下るという見込みとなった中で行われた最後の式典となった。

    裁判が行われている間は、判決に影響するような言動を公の場ですることは法に触れるため、ましてやLiverpoolのクラブが主導する式典で、そこで行われる内容は厳格に制限されていた中でのことだった。

    裁判を求めて27年間闘争した、ヒルズバラ遺族グループの代表者であるマーガレット・アスピナルや、2012年に明るみに出た秘匿文書を調査した独立機関の代表者であるジェームズ・ジョーンズが、その制限を言及しながら行った力強いスピーチは、出席者全員、特に今回初めてLiverpoolFCの一員として参列した面々に、強烈な印象を与えた。

    食い入るように見つめていた18歳のジョー・ゴメスは、スピーチが進む中で、次第に顔がこわばって行った。神妙な表情で人々の言葉を聞き入っていたユルゲン・クロップ一行は、憑かれたかのように目を光らせた。

    ヒルズバラが96人もの死者を出した悲劇であることは、今では誰もが知っている。しかし、このクラブの中に入って、正義を求める闘争を目の当たりにした時に、「27年も経ったのに、まだこの人たちは、亡くなった家族が『RIP(安らかに眠る)』ために闘っているのは、いったい何故?」という「怒り」に変わった様子が、その表情から明らかだった。

    そして、2016年4月26日11:00、27年間待ち続けた判決が下った。

    2年間の裁判で、繰り広げられた事件の証拠や証言の結論として、9人の陪審員が、14の質問に答えを出した。14の質問の中で、特に6と7が最大の注目を集めた。

    96人は、過失致死の被害者だった(質問6)。誰も責めを負わない状況で「不運な事故」で亡くなったのではなく。

    Liverpoolファンは、事件に於いて何ら責任はなかった(質問7)。「自分たちの仲間を死に追いやったフーリガン」ではなく。

    その他の12の質問で、事件の加害者が特定された。過失致死の直接的原因を作ったのはサウス・ヨークシャー警察で、その罪を逃れるために真相を隠ぺいした。救急部隊は、事件発生後に速やかに救命活動に入らなかったため、被害を増幅させた。スタジアムは、重大な事故が起こる可能性を持つ構造になっていたのに、所有者であるシェフィールド・ウェンズディFCは、それに対する適切な措置を取らなかった。

    その判決が、事件から27年余り経った2016年4月26日に、正式に下りたのだった。

    事件の全容は、この2年間の裁判の中で出た証言で判明した。ゲートCを開けたことが、リッピングレーン・スタンドの過密状態を悪化させ、96人の致死をもたらした。その「ゲートCを開ける」ことを命じたのは、スタジアム警察の責任者だった、サウス・ヨークシャー警察の主任警視デビッド・ダックンフィールドだった。しかしダックンフィールドは、責任を逃れるために、「酔っぱらって凶暴になったLiverpoolファンが、ゲートCを押し破った」と嘘をついた。

    更に、その嘘を貫くために、被害を悪化させた。15:30になって到着した救急部隊44人に対して、「フーリガンのLiverpoolファンが、スタジアムの中で暴れているから、今は中に入るな」と命じて、救助活動を遅らせた。

    その時点で救命活動が即座に開始されていたならば、96人のうち58人は助かっただろう、という証言も明らかになった。

    判決の報道に続いて、イングランド中から、ヒルズバラ遺族に対する敬意と感情の籠ったメッセージが出た。最初のリーグ戦が行われる4月30日~5月1日の試合に際して、追悼を実施するという計画が、自発的に各クラブから出た。

    イングランドだけではなかった。Liverpoolにとっての最初の試合となった4月28日のEL戦で、対戦相手であるスペインのビヤレアルが、96人を追悼するバナーを掲げた。

    27年間の闘争を、Liverpool FCと共にサポートし続けたエバトンFCは、4月30日のリーグ戦(対ボーンマス)のマッチ・プログラムの表紙に、96人への追悼を掲げた。

    27年の苦しい戦いの末に、やっと96人に対して「RIP (安らかに眠ってください)」と言えるようになった。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR