3匹のねずみ

    12月17日に発表されたジョゼ・モウリーニョの解任は、その週末のヘッドラインを完全に独占した。深刻なニュースでも、必ずジョークのネタにされてしまうイングランドのフットボール界では、さっそく「何故あと2日待ってくれなかったのかと嘆く(次の対戦相手である)サンダーランドのファン」など、様々なジョークが飛び交った。

    同時に、ニュートラルな立場のメディアやファンは、誰もが「チェルシーの不調の原因は、主力選手数人が、モウリーニョと決別し、どちらかが出て行かなければ事態は収拾しないところまで至った。クラブとしては、監督1人をクビにした方が打撃は少なかったから、その手段を取った」と、プレイヤー・パワーが勝った結末に、眉をひそめた。

    2004-07の一期目に、チェルシーに50年ぶりのリーグ優勝をもたらしたモウリーニョは、チェルシー・ファンにとっては永遠の「スペシャル・ワン」だった。12月19日、サンダーランドを迎えたスタンフォード・ブリッジでは、モウリーニョ支持のバナーやプラカードに交じって、「我々の一人である監督を追い出した」選手たちへの非難が飛び交った。

    試合前のラインナップ発表では、選手の名前が読み上げられる度にスタンドから激しいブーイングが飛んだ。試合を通して、「(エデン)アザール、セスク(ファブレガス)、(ディエゴ)コスタは3匹のねずみ」と、プレイヤー・パワーの主犯者を名指したバナーが掲げられ、ゴールが出る度に、ピッチの上で抱き合って喜ぶ選手を罵倒するかのように、スタンドからモウリーニョ支持のチャントが湧き上がった(試合結果は3-1でチェルシーの勝利)。

    その日のハイライト番組では、チェルシー・ファンがモウリーニョ解任を悲しみ、選手を非難する姿がクローズアップされた。今季末までの暫定監督として試合前に発表されたフース・ヒディンクと、ディディエール・ドログバと並んでスタンドにいたローマン・アブラモビッチに関して、司会者が「ファンに人気のドログバを連れてきたことで、ファンの批判を少しでも軽減しようと目論んだ」と冷笑し、試合後に、ディエゴ・コスタが逃げるように走り去った、という実話を紹介した。

    11月には、匿名のチェルシーの選手が「モウリーニョを助けるくらいなら試合に負けた方が良い」と言ったという噂が流れた。その信ぴょう性はさておいても、主力選手の数人が、試合で全力を尽くしているとは到底思えなかったことは、多くの人が指摘した。

    「モウリーニョにも非はある。今季開幕早々のつまづきは、チーム・ドクターを実質的に退職に追いやった事件など、モウリーニョの言動が内部の混乱をもたらしたこともあった。しかし、一部の選手たちの態度は、恥ずべきもの」と、アナリストは異口同音に語った。

    そして、モウリーニョ解任のニュースは、マンチェスターでは違う話題を触発した。CL敗退に加えて、守備的で「たいくつ」な戦略が批判を呼んでいたルイ・ファンハールが、12月19日に、ホームでノリッジに1-2と敗れたことで、「次にクビになる監督」オッズの急上昇をもたらした。地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースは、さっそく「ファンハールが退いて、ジョゼ・モウリーニョが後任監督になるとしたら? 1.今すぐ 2.今季末まで待つ 3.モウリーニョはNG」というファン投票を主催し、70%を超すファンが「今すぐ」と答えた。

    さてLiverpoolは、ライバル・チームがポイントを落とし、モウリーニョ解任の波及で混沌とする中で、12月20日、昇格チームのワトフォードに3-0と屈辱的な敗戦を喫した。

    試合開始3分に、GKアダム・ボグダンのミスであっさり失点する最悪のスタートを切り、自滅した試合について、ユルゲン・クロップは「チーム全体がダメだった。どうすれば勝てるのか、考え直す必要がある」と、冷静に完敗を認めた。

    「クロップが監督に就任して、選手が気持ちを新たに頑張った『ハネムーン期間』が終わって、純粋にチーム力を評価した時に、今、勝てる戦力に欠けている真相が再確認された」と、地元紙リバプール・エコーは戦力補強の必要性を指摘した。

    ファンは、「こんなプレイを続けていればチェルシーにも追い抜かれるだろう」と、自嘲的なジョークに苦笑しながらも、ミスをした個人を吊し上げるのではなく「チーム」の責任を重要視するクロップに、楽観ムードは消えなかった。

    「Liverpoolは、問題はたくさんあるが、少なくとも監督には恵まれている、と、知人のユナイテッド・ファンから羨ましがられている」と、ファンは頷いた。「今季はクロップにとって、プレミアリーグの洗礼を受けて、特に下半分のチーム相手にポイントを重ねる土台を作るための移行期間。クロップの選手が入って来て、フル回転する日が来るまで、今日みたいな情けない敗戦はあっても、期待を抱きながらバックアップし続ける」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR