RIP ジェリー・バーン 鎖骨を折ったまま120分戦った伝説のヒーロー

    11月28日、Liverpoolのクラブ史上に残る、FAカップ初優勝チームのフルバック、バーンが77歳で亡くなったという悲報が流れた。地元出身で、15歳にLiverpoolのユース・チームに入りし、Liverpoolのワン・クラブ・マンとして引退したバーン(在籍は1957–1969)は、ビル・シャンクリーと共に、2部に低迷していたLiverpoolをヨーロッパの名門に引き上げた主役の一人だった。

    当時を見てきたベテラン・ファンは、「1950年代の、弱小チームだった頃のLiverpoolを知っているファンにとって、バーンはヒーロー中のヒーローだった」と振り返った。

    「エバトン・ファンから毎日、見下げられていた。1964年にリーグ優勝を達成した後も、あのYou'll Never Walk Aloneの替え歌の、『FAカップを取ったことがない』をさんざん聞かされていた我々ファンにとって、1965年のFAカップ初優勝はどれほど大きなものだったことか。メルウッドの隣で建築中だったビルに、Liverpoolファンだったに違いない職人が、1階ごとに『ウェンブリーへの道』と書いた紙を貼った様子も、ありありと記憶している」。

    Liverpoolファンが祈る中で行われたFAカップ決勝戦で、試合開始7分に相手選手の反則タックルを受けたバーンは、鎖骨を折ったまま120分を戦った。当時はサブのルールがなかったため、自分が外れればLiverpoolは残り83分を10人で戦わねばならなくなると、覚悟を固めたバーンは、折った鎖骨で最後まで走り続けた。しかも、先制ゴールに繋がるクロスを出す活躍を見せ、チームとファンの夢をかなえたのだった(試合結果は延長の末、2-1とLiverpoolがリーズに勝って優勝)。

    アシスタントだったボブ・ペイズリーが、後日、その時の真相を明かした言葉は、バーンという選手の人柄を表していた。

    「普段の行動から、選手が試合中に倒れた時に、それが深刻かさほどでもないかは瞬時に分かる。バーンは、痛い時にも決して弱音を吐かない選手だったから、あの試合で、タックルを受けて倒れた瞬間に、相当ひどい怪我だろうと直感した。しかし、私が担架を呼ぼうとしたら、本人はこのまま試合に出続けると主張し、『誰にも言わないでください』と懇願した」。

    「FAカップを待ち焦がれている地元のファンを思い、手ぶらで帰ることはできないと決意したバーンは、激痛に耐えながら120分を戦った。バーンが骨折していたことは、相手チームも含めて、試合後に明かすまで誰も気づかなかった」。

    真相を知った時に、シャンクリーが、「バーンは、FAカップ優勝メダル11個全部を、1人に上げたいような働きをした」と語った話も有名だ。

    かくして、「鎖骨を折ったまま120分戦った」バーンは、マージーサイドの伝説となった。擦り傷を作って、痛いと泣く子どもに向かって、親が「鎖骨を折りながらウェンブリーで120分戦ったLiverpoolの選手」のエピソードを聞かせて、なだめたものだった。

    翌11月29日、アンフィールドでは、プレミアリーグのスウォンジー戦の試合前に、バーンを追悼する1分間の拍手が行われた。

    そしてLiverpoolは、スウォンジーの堅い守りに苦戦を強いられた末に、62分のPKで1-0と勝ち、ユルゲン・クロップの監督就任10試合目にして、リーグ戦でアンフィールドでの初勝利を収めた(カップ戦、ELも含めて合計で6勝3分1敗)。

    木曜日のEL(対ボルドー、Liverpoolは2-1で勝って、グループラウンド勝ち抜き決定)から3日後のスウォンジー戦を終えて、また3日後にリーグカップ準々決勝のアウェイでのサウサンプトン戦と続いていた。

    試合後の記者会見で、初勝利の感想を問われてクロップは、「喜んでいる余裕はない」と笑った。「今日の試合が終わった後で、例えばアルベルト・モレノは、控室まで自力で歩けないような状態だった。良く見ると、全身に打撲を負っていた。今の選手たちは、皆そんな状態」と、過密日程の中で全力を捧げる選手たちに対する誇りを語った。

    「でも、チームの士気は非常に高い。さっそく明日から、サウサンプトンに向けて進む」と、クロップは、目を輝かせて宣言した。

    鎖骨を折ったまま120分戦ったバーンが、天国に行く前に、今のLiverpoolの選手たちに魂を注いでくれたのかもしれない。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR