懐疑心から希望へ

    10月8日の夕方、3年契約でユルゲン・クロップがリバプール監督に就任する正式発表が行われた。Liverpoolファンは、「このところフットボールを楽しむ気持ちが持てずにいたが、一気に希望が湧いてきた」と、誰もが笑顔を浮かべた。

    元ドイツ代表のディディ・ハマンが、「ドルトムントはマージーサイドと同じように労働者の町。フットボールが生活そのものという点で、市民の気質も似ている。クロップはきっと、マージーサイドを好きになるだろうし、ドルトムントでの7年間で2回のリーグ優勝、カップ優勝、CL決勝進出に導いたような成功を、Liverpoolでも達成するだろう」と熱く語った。同時に、元選手から一斉に、賛意と歓迎のメッセージが飛んだ。

    翌10月9日朝に行われた記者会見では、ジャーナリストから「ジョゼ・モウリーニョが初めてイングランドに来た時に、自分を『スペシャル・ワン(特別な人)』と表現したが、あなたは?」と質問されて、「私は普通の人間。『ノーマル・ワン(普通の人)』だ」と答えたクロップの言葉が、さっそくイングランド中でヘッドラインを飾った。

    ドルトムント時代からユーモアで有名だったクロップが、イングランドのメディアの間で急速な人気を集める中で、地元紙リバプール・エコーは、クロップ本人の業績と人柄を賞賛し、Liverpool FCの伝統といかにマッチしているかを詳細に分析する記事を掲げた。

    「記者会見で、決まり文句を殆ど使わず、全て自分の言葉で表現したクロップは、本物だと感じさせられた。ファン、元選手やメディア、現役選手たち、クラブのトップと、ここまで全ての筋が満場一致で就任を歓迎した監督は、随分久しぶりのこと」という切り口で、いくつかのキーとなるポイントに焦点を当てた。

    現在のLiverpoolのチームについて、まずは最近3試合のビデオを見たと言うクロップは、「人々は今季これまでの成績について、悲惨なスタートと言うが、トップ4に3ポイント差という現状は、危機とは言えない。しかも、Liverpoolは、素晴らしい選手を揃えている。有能なディフェンダー、得点力のあるストライカー、クリエイティブな選手、そしてスピードもある。良い選手ばかりだ」と、肯定的に語った。「選手たちはプレッシャーでがちがちになっている。『ドイツ人が来て、これからは今までと違うのだ』と、選手たちは気持ちを変えて欲しい。自信を取り戻して、フットボールを楽しむ必要がある」。

    同時に、任務の困難さをも認識していた。

    「私は魔法使いではないから、『即座に世界一のチームにする』と公言するつもりはない。時間がかかることは間違いない。ただ、20年待ってください、とは言わない。4年後に私がこの場にいるとしたら、それはリーグ優勝を達成しているからだと思う。それが出来なければ、4年後は私は(Liverpoolをクビになって)スイスに行っているだろう」。

    今季の目標は?との質問に、クロップは「リーグ順位とかトロフィーなどの目標はない。まずは、アイデンティティを取り戻すこと」と答えた。

    そして、クロップは断言した。「重要なのは、来た時ではなく、去る時」。

    自分にとって「特別なクラブ」と表現したドルトムントでの7年間について、「素晴らしい6年間と、ちょっと残念だった1年」と語ったように、最後となった2014-15季は苦戦を重ねた末に7位で終わったことは記憶に深かった。

    しかし、ドルトムントの人々のクロップに対する気持ちは「素晴らしい6年間」と何ら変わっていなかったことは、最後のホームの試合でスタンドを覆った「ありがとうユルゲン」の大きなバナーが物語っていた。

    エコー紙は、地元出身で熱烈なドルトムント・ファンのジャーナリストの言葉を引用した。「クロップが去った時、ドルトムントの市全体が沈んだ。ドルトムントでは、試合の日のスタンドで、街中のカフェで、誰もがクロップと何らかの繋がりを持っていた。だから、クロップを失った時には誰もが親しい友人を失ったように悲しんだ」。

    Liverpoolは伝統的に、ファンと監督・チームとのつながりは深い。そのファンが、このところスタンドで無反応だったことについて、クロップは認識していた。「アンフィールドは、熱心なファンが素晴らしい雰囲気を作ることで有名なスタジアム。でも、今の状況はベストとは言えない。チームが先制しても、スタンドはディフェンスのミスで失点するのではないかと不安が先に来ているように見える」。

    最後に、Liverpoolファンに対するメッセージを問われて、クロップは目を輝かせて語った。「懐疑心を希望に変えることが必要」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR