FC2ブログ

    2012/1/19 リバプール市内

    1月17日の午後、リバプール市内に観光も兼ねて行ってきました。サウスポートからマージーレールに乗ってMoorefields駅で下車、そのままアルバートドックまで行きました。



    アルバートドック近辺はまた更に開発され、わずか1年前に来た時に比べて既に大きな変化が見られました。新たにMuseum of Liverpoolという名前のミュージアムが開店していました。




    さらっと中を見て(次にじっくり見に来ます!)、アルバートドック方向に歩きました。
    アルバートドックはおしゃれなショッピング街になっていて、こじんまりとしたお店がたくさん並んでいます。そのうちの1軒、Impression of Liverpoolに行くつもりで歩いていたところ、少し手前に似たような感じのお店が Souvenirs & Giftsという名前のウィンドウが気になったので、つい入ってしまいました。



    店内はリバプール市を代表する二つのフットボール・クラブと、そしてビートルズゆかりのオリジナル商品がたくさん!さっそく、面白い品物をいくつか買いました。

    更に、Impression of Liverpoolでもオリジナル商品をいくつか追加購入。ここでちょっと驚いたのが、ディスプレイされていた陶器には値札がべたっと貼ってあったのですが、レジに持ってゆくとシールなしのきれいな品物の方を包んでくれたのでした。あらあら、こんなことをしてくれるようになったんだ...と、リバプールの変化に驚きました。

    この街はすっかり観光名所になりました。

    そこからライム・ストリート駅に向かってずんずん歩いてゆきます。Liverpool Oneという新しいショッピング街を通って駅へ



    リバプールFCの古い方のクラブショップの前は、あまり変わっていません。昔風の店やカフェ、パブが羅列しています。クラブショップの隣では相変わらずエコーを売っています。有名な地元紙で、夕刊です。試合がある日は、いつも試合が終わって街中に戻ってくると、その試合のレビュー付きのエコー紙が売られているというすごいスピード刊行が有名な新聞です。

    さっそくエコーを買いました。今は50ペンスになっていました。

    リバプールのクラブショップで購入したグッズ




    クイーンズ・スクエアのバスステーション横にあるパブに入り、まず一息。平日の午後だったのであまり混んでいません。でも、その割にはお客さんがいました。

    ジントニックを買って、一服すべく外に出ました。外に出る時にはプラスティックの入れ物に入れてもらいます。



    さて、一休みの後はライムストリート駅の前を通ってセントラル駅へ。サウスポートへ帰る電車の発着駅です。

    冬は日が暮れるのが早いので、4時半を過ぎるともう暗くなります。セントラル駅の前のパブにちょっと寄ってまた一休み。



    それからNorthern Lineに乗ってサウスポートまで無事、帰りつきました。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR