ターゲット・マン

    7月17日に正式発表されたファビアン・デルフのアストンビラからマンチェスターシティへの移籍が、この日のヘッドラインを独占した。移籍金£8Mで、シティにとっては待望のイングランド人ミッドフィールダー獲得だったが、決定に至るまでのゴタゴタが、イングランドのスキャンダル好きのメディアの創作意欲を掻き立てた。7月10日には「アストンビラのクラブとファンに対する忠誠心」を理由に、シティでのメディカルをキャンセルしたデルフが、7日後に2度目のUターンでシティ入りしたのだった。

    シティ・ファンは「ビラ・ファンが怒るのは当然だと思う」と同情し、第三者のチームのファンは、「デルフのダブルUターン」ネタのパロディを飛ばした。

    そのゴタゴタの陰で、Liverpoolがアストンビラに対してクリスティアン・ベンテケの違約金(£32.5M)を満額支払うことに合意し、ビラ・ファンにとってはダブル・パンチとなった。

    元々ベンテケはLiverpoolの「この夏の欲しい選手リスト」の筆頭で、本人もLiverpool入りを熱烈に希望しており、あとは移籍金額だけと報道していた地元紙リバプール・エコーは、「7月20日メディカル、早ければ21日正式発表、8月1日のプリシーズン戦(対HJK)でデビューの見通し」と、淡々と予定を掲載した記事を掲げた。

    その横に、「ここまでファンを二分させた戦力補強は初めて?」という見出しで、賛否両論を集約した。

    賛成意見は、「強敵を、倒せないなら味方にしてしまう、ということわざがある。アストンビラでの3年間で、100試合49得点というベンテケの、プレミアリーグでの実績は疑う余地はない。特に、Liverpool戦では6試合で5得点と、Liverpoolにとってビラが苦手チームになっている主要因になっていた」というものだった。

    いっぽう反対派は、プレイスタイルの差異を上げていた。「この噂が出回り始めた時に、ティム・シャーウッドは『クロスを上げないチームに行くのは自殺行為』と、ベンテケ説得に努めた。事実、クロスの数ではLiverpoolは昨季のプレミアリーグで最低だった。£32.5Mという多額の金額を投資してターゲット・マンを取るということは、Liverpoolがベンテケに合わせてプレイスタイルを変えねばならないということ」。

    実際に、ベンテケ獲得ほぼ決定のニュースに際して、圧倒的多数のLiverpoolファンは、複雑な表情を浮かべた。「Liverpoolは、フェルナンド・トーレスの最盛期から'足で稼ぐ'タイプのストライカーに合わせてチームを編成してきた。トーレスと似たタイプのダニエル・スタリッジが入って来て、ルイス・スアレスとSASを組んだ時に、ミッドフィールドを含めて攻撃が炸裂した。フィリペ・コウチーニョがターゲット・マンの頭をめがけてクロスを出す姿は想像できないし、クロスが必要なプランB要員として取ったリッキー・ランバートに、走ってコウチーニョのスルーパスを決めることを求めたから昨季は失敗した。ベンテケ獲得は、昨季の過ちの繰り返しになる」。

    全国紙やライバル・ファンも、一斉にネガティブな面に焦点を当てた。「2012年夏、ブレンダン・ロジャーズがLiverpool監督に就任して、最初にやった大きな変革は、Liverpoolのクラブ史上最高金額(£35M)で獲得したターゲットマン、アンディ・キャロルを放出したことだった。その時にロジャーズは、『私がコーチとして掲げてきたフィロソフィーは、1人のターゲット・マンをめがけてクロスを上げる、というものとは正反対。チーム全体が連携し、常に動き回っているストライカーがスペースを突いてゴールを決める。今後もその方針は変えるつもりはないし、ターゲット・マンがいると、チーム全体の流れが止まる危険性がある』と断言した。そして3年後には、同じくらいの大金をはたいて新たなターゲット・マンを獲得するとは、ロジャーズのUターン?」。

    そんな中で、Liverpoolファンの間では、戦力面の議論はさておいても、「Liverpoolのシャツを着る以上は全面的に支持する」というファン精神では一致していた。「良い働きをしようと決意して入ってくる選手に対して、ボールを蹴る前から懐疑心に満ちた態度を見せるのは間違い。ベンテケが、得点を目指して全力を尽くす以上は、全面的に応援すべきだ」。

    そのファンの葛藤を背に、リバプール・エコー紙は冷静に締めくくった。「コーチ陣の人事刷新も含めて、この夏の移籍は、ロジャーズが全面的決定権を得た結果。昨年は、移籍委員会体制が移籍の失敗に関する責任の所在をあいまいにしてしまったことで、オーナーが是正措置を取った。その分、シーズン前半に査定が行われることは不可避。ロジャーズには、デルフばりのダブルUターンの猶予はもうない」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR