価格膨張が続くイングランド人若手選手?

    6月17日に2015-16季のリーグ日程が発表となり、イングランドのフットボール界は、新シーズンに向けての話題が活発化した。その中で、Liverpoolのラヒーム・スターリング(20歳)を狙うマンチェスターシティと、隣のユナイテッドが獲得に動いているトットナムのハリー・ケイン(21歳)の2人のイングランド人若手選手が、£50Mを超す移籍金額が噂になり、この夏の二大移籍としてヘッドラインを飾り続けていた。

    そんな中で、6月20日に、元マンチェスターユナイテッドのセンターバック、リオ・ファーディナンドが「イングランド人若手選手の価格膨張は限界を超えている」と名指しで批判したことで、話題は増幅した。

    「スターリングとケインは凄い将来性を持っていることは明らか。しかし、セルヒオ・アグエロが£38M、アレクシス・サンチェスが£32Mだったことを考えると、『潜在能力』に£40-50Mとはジョークとしか思えない」。

    いっぽう、Liverpoolは、「イングランド人若手を安く買い集めている」と、別の側面で批判を受けていた。6月12日にボルトンからフリーで獲得したGKのアダム・ボグダン(ハンガリー代表)を除き、6月8日にバーンリーから獲得したダニー・イングス(22歳。24歳以下なので契約満了でも賠償金として調停により£4-7M程度の支払が義務付けられる)、6月19日にチャールトンからセンターバックのジョー・ゴメス(18歳)と、2部のクラブからイングランド人若手を立て続けに獲得していた。

    それは、近年のLiverpoolの移籍方針に対するファンの不満と同期を取っていた。

    「プレミアリーグで殆ど実績のない若手を『将来の戦力』として獲得し、ローンに出した後に数年後には売りに出す。この夏も、ここ3年間に入って来て、殆ど試合に出ることがないまま放出される選手は後を絶たない。同じ間違いを繰り返すのはやめて、既に獲得した若手やユースチームの選手を使う道を考えるべきではないのか?今回入ってきた若手選手たちも、結局は使ってもらえずにローンに出されて、3年後には売りに出される運命にあるのではないかと思うと、喜ぶ気持ちになれない」と、ファンはうなった。

    ファンの不満は、主としてクラブの移籍方針に対して向けられたものだったが、「ルイス・スアレスの売却資金で、Liverpoolは質を量で置き換えた」と、メディアから批判され、ライバル・チームのファンからさんざん揶揄された昨年夏を念頭に、下位ディビジョンからの補強に関する自嘲的なジョークも飛び交っていた。

    それに対して、ノッティンガム・フォレスト監督で元イングランド代表のスチュアート・ピアースから「Liverpoolファンは横柄だ」という批判が飛び出した。元イングランド・アンダー21監督のピアースは、現在欧州アンダー21選手権でイングランド代表選手として戦っているダニー・イングスを擁護したのだった。

    「ダニー・イングスは、Liverpoolで役に立てる実力を持った、真面目でやる気のある若者。キャリア・パスは選手それぞれ異なるのは仕方ないこと。私はノンリーグからスタートしたが、2部から入ってきたことに対してあんな風に横柄な態度を取られるならば、私は永遠にトップ・ディビジョンに上がれずに終わっただろう」。

    折しも、ジョー・ゴメスの古巣であるチャールトンのファンからの心の籠ったメッセージが、Liverpoolファンの間で話題になっていた。「ジョーは、ユース・チームの頃から注目していた選手。昨季は17歳でファーストチーム・デビューを飾り、心から拍手した。しかし、体が大きいのにスピードあり、ボール・スキルがあり、ベテラン相手に動じない安定したプレイを毎試合見るうちに、ゴメスは近い将来ビッグ・クラブに取られてしまうだろうと思うようになった。こんなに早くその杞憂が現実化するとは思わなかったが」。

    ゴメスは、2002年に£30Mでリーズからマンチェスターユナイテッド入りし、「イングランド人選手の価格膨張」の先陣を切ったリオ・ファーディナンドを彷彿させる、という評判が上がり、ユナイテッドからも偵察が来ていたと、そのファンは続けた。

    「Liverpoolは、数年後には桁が違う評価額になるような選手を£3.5Mの破格で取った」。

    それは、Liverpoolファンに対するカウンター・パンチだった。「ピアースに『横柄なLiverpoolファン』と言われた時には、その通りだと反省した。確かに、我々のやっていることは、入ってきた選手に対して『ボールを蹴る前からダメ出し』しているようなものだ」。

    「いずれも、古巣のファンは大きな損失だと真剣に打撃を受けていて、彼らのLiverpoolでの活躍を心から祈っている。クラブの方針の問題はあるが、しかし、入ってくる選手たちは頑張って成功しようと意欲を燃やしているのだから、ファンとしては、彼らを歓迎して激励して上げるべきだ」。

    移籍ウィンドウは7月1日に正式にオープンする。どのチームも事情は異なれど、出入りのニュースでファンが一喜一憂する熱い夏は続く。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR