スティーブン・ジェラードの最後の試合

    5月24日のプレミアリーグ最終日を控えて、ラヒーム・スターリングがLiverpoolを出る希望を明らかにしたことで、クラブ対エージェントの泥仕合がヘッドラインを独占した。親Liverpoolのアナリストが「スターリングを出すべきか、選手側のごり押しに対して強い態度を貫くべきか」の議論を交わす中で、最終日のLiverpoolの対戦相手であるストークシティのファンから、スターリング批判が上がった。

    「この試合のLiverpool側の話題は、唯一、スティーブン・ジェラードだけであるべき。Liverpoolの人々にとっては、5月16日のアンフィールドでの最後の試合(対クリスタルパレス、1-3でLiverpoolの敗戦)が正式なお別れの場だったことは理解できる。しかし、我々からもジェラードに対して感謝を捧げる機会が与えられたと光栄に思っていたのに。スターリングの行方について口出しするつもりはないが、このタイミングで騒ぎを起こして話題を横取りするとは、イングランド・フットボール界のレジェンドに対して失礼だ」。

    ふたを開けると、5月24日のスティーブン・ジェラードの最後の試合は、前半で5-0の大差を付けられ6-1と大敗を喫した、そのイングランド中のヘッドラインを独占したスターリングのスキャンダルも影をひそめてしまった程の、悲劇的な試合となった。

    今季これまでに、開幕16戦で僅か21ポイントと50年ぶり最低のスタートを切ったのを皮切りに、4月のFAカップ敗退で1959年以来初の「監督就任3年間でトロフィーなし」となった記録破りのシーズンに、また不名誉な記録を更新した。ストークがリーグ戦で5点以上を記録したのは1982年ぶりで、Liverpoolが5点差以上の大敗を食らったのは半世紀以上ぶり(1963年の対トットナム、7-2)だった。

    そして試合中に、予告通りストーク・ファンが、ウォームアップをするスターリングに対して非難のチャントで感情を表明したのに対して、トラベリング・コップの反応は複雑だった。

    この試合の前から既に、Liverpoolファンの間では「今のLiverpoolは、スターリング問題の解決だけでは収束しない深い危機を迎えている」という声が上がっていた。「スターリングがスポットライトを浴び始めた2013年に、『Liverpoolの選手の中で日々見習っている先輩は、ルイス・スアレスとスティーブン・ジェラード』と明言した。昨年夏にスアレスがいなくなり、そしてジェラードも間もなく去る。スターリングがLiverpoolを出てゆく決意を固めた背景は、今のLiverpoolの危機とタイアップしているのではないか」。

    同期を取るように、地元紙リバプール・エコーは、「2013年夏に、CLを求めてLiverpoolを出たいと騒ぎを起こしたスアレスを説得して、1年間引き留めたのはジェラードだった。『ジェラードのお蔭で高いレベルに到達することができた』と熱く語ったフェルナンド・トーレスもしかり。ジェラードが去れば、Liverpoolは、ワールドクラスの選手を引き付ける牽引力を失う。その上更に、Liverpoolが戦力補強の際には給料が比較的安価な若手に固執する方針を貫けば、チームは破たんを免れない」と問題提議した。

    試合前の騒動と、近年最悪の試合の中で、脇役に追いやられていたジェラードが70分に今季のリーグ通算10得点目を決めた時のスタンドの反応は、Liverpoolファンや地元紙の悲痛な叫びと、ストーク・ファンの怒りを象徴していた。

    「ジェラードはLiverpoolでの最後のシーズンを、17年間で通算4度目のLiverpoolのトップ・スコアラーで終わった」と報道したBBCは、「本来、自分たちが頑張って快勝してジェラードを送り出すべきLiverpoolの選手たちは、最後までジェラードの背中にぶら下がるお荷物で終わった」と痛烈だった。どの全国メディアも、同じ一言を書いていた。「最後の試合でこんな仕打ちを受けるとは、ジェラードが気の毒過ぎる」。

    Liverpoolファンは、異口同音に、「先週までは、ジェラードがいなくなる寂しさに涙が出そうだったが、今は、ジェラードがこれ以上こんな情けないチームを一人で背負い続ける負荷から解放されることに安堵すら感じる。ジェラードに対しては、心からの感謝と同時に、申し訳ない気持ちでいっぱい」と嘆いた。

    地元紙リバプール・エコーの記事は、それらファンの一致した気持ちを代弁していた。「得点した時に、相手チームのファンから拍手を受けるということはめったにないもの。しかし、ジェラードは『めったにない選手』だから、トラベリング・コップはもちろん、ホーム・スタンドからも盛大な拍手が送られた」。

    「この悲劇的な大敗の後で、最後までピッチに残ってスタンドのファンに挨拶を返したジェラードは、アンフィールドでの最後の試合前後のインタビューで、Liverpoolを去る寂しさを告白していた。しかし、ジェラードに去られるLiverpoolの痛みの方がはるかに大きいことが、改めて実感させられた」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR